エステートセール
エステートセールって、その家の主の生き様とかが良くも悪くも垣間見れる場所です。
エステートセールは、ガレージなんて規模でなく、家中のものを売るので、それこそ家具からクローゼットの中からキッチンのキャビネットまで、自分の家のように(勿論開放されていない立ち入り禁止の部屋も設けられていますが)遠慮なく宝探しすることができます。慣れるまで罪悪感が付きまといますが。

多分、このおじいちゃんとおばあちゃんは、老人ホームや、老人介護施設の整ったマンションにダウンサイズするのかなとか、いろいろ想像できます。
一人暮らしのおばあちゃんの残す物って、持ち主がこの世を去っても前向きな感じがすることが多いのに、一人暮らしのおじいちゃんが残すものって、なんだか寂しそうで見ていて切なくなってきます。持ち物の色使いが男女違うからでしょうか。
このあいだは、おじいちゃんが住んでいたであろう家でのエステートセール。介護の道具や家具ばかりで、家の中に明るさや色が無く、悲しくなってきて早々家を出たのでした。
[PR]
by retrojunkie | 2007-07-12 14:44
<< 神様が呼んでいるっ! 他人の戦利品見るのが楽しい >>