他人の戦利品見るのが楽しい
天然生活は滅多に読まないのですが、友達に借りたので読むと、スリフトストアの記事が。3人のスタイリストがアメリカ横断スリフトストアの旅に出るという・・・
彼女達のセレクトが気になって読んだのですが、日本に住んでいると、こういうのが新鮮に見えるのかなあという「スリフトストアに置いてあっても誰も買わないのでいつもある」アイテムでちょっとがっかりしました。失礼なこと言ってああごめんなさい。

人の戦利品を見るのも好きな私は、ガレージセールや、スリフトストアに行った記録を綴ったブログのファンです。
『あー、あるある!』ってニヤけてしまうエピソードがてんこもり。
どうしようもないガレージセールの共通項の記事が面白い。
★ガレージセールに到達するまでの道のりがやたら複雑
★子供が書いた立て札
★(目印の)風船がある
★6つくらいしか品物がない
★車で通りかかっただけでダメダメな雰囲気がする
★家の脇に歩道がない

私はこれに付け加えたいのですが、
ダンボールに書かれた立て札や
やたら文字が小さい立て札
しっかりとした紙を張らないから、風で矢印の指す方向が変わってしまっているサイン
どっかの店の在庫をてんこもりにして売っている

・・・は大抵ダメダメレーダーに引っかかります。(つづく)
[PR]
by retrojunkie | 2007-07-10 13:41
<< エステートセール 虎さんのトランク >>