Pyrex Percorator

e0049603_2534476.jpg今まで2年ほどケメックスを愛用していました。そばにいてお湯を継ぎ足さないといけないことや、わざわざ専用の高いフィルターを買わなくてはいけないことを除けば、なかなかの働き者でした。
一ヶ月ほど前、フィルターが終わりそうだったのでいつもの雑貨屋に買いに行くといつもの場所には無い。店員さんに聞くと「ケメックス?・・・って何?」。ここにいつも置いてあったと言うと、そんなのは知らないと。この棚にいつもあったんですが、もしかして奥にあるのではと言うと、ここになければないと。じゃあ次に入荷するのはいつなんだと聞くと、知らないと。この店は売り切れたものを補充しないのかと聞くと、トラックが運んできたものを棚に乗せるだけだからうちは知らないと。そんなに受身な店があるか!(苦笑)埒が明かないと思った私は「マネージャーいますか?」と聞くと、「私がそうですが、何か?(開き直り)」。近所にある支店に電話して在庫があるか確認してくれないか聞くと「いちいちそんなことできませんよ」だって。お客さんがほとんどいないのに、とてもやる気が無いお店です。

ゼイゼイ・・・本当に疲れます(T_T)

自分で電話すると親切なお兄ちゃんが他の支店にいました。でももうコスXプラスでは扱わないらしいと。アマゾンじゃ送料かかって高いし、途方にくれていました。

見つけてしまいました。Flamewareシリーズの9カップ。使用した後はちょっとあるけど、欠けもなにもない。お店で買い物をしていたおばあちゃん2人に、パーコレーターの使い方をみっちり伝授してもらい(私、実は煎れ方を知らなかった)、家路に急ぎました。
ケメックスには申し訳ないけれど、これからはこのパーコレーターに朝のコーヒーを作ってもらうことにします。
フィルターいらずだし、お湯が循環しながらじっくり煎れるので、どちらかというとケメックスよりこちらのコーヒーの方が私は好きになりました。ただ、めちゃくちゃ重いのが・・・
[PR]
by retrojunkie | 2006-02-04 02:57 | Old Pyrex
<< アメリカ製のクリーマー トリコロールな計算機 >>