灯台下暗し
今まで人様の家や店まで行って、ジャンクやアンティークを探していましたが、そういえば我が家にもあったんです。お宝がありそうな屋根裏部屋が。
4年近く住んでいて、怖くてまじまじと見たことはなかったんですが、思い切って開けてみることにしました。

e0049603_8213079.gif我が家の二階は屋根裏を普通の部屋として使っているので、実際の「屋根裏」は図の中のピンクの部分になります。そこに小さなドアがあるのですが、懐中電灯片手に開けると・・・中はひんやりしていて、埃の臭いがして、そしてやはり怖いです。

夫に「20ドルあげるから中に入って見てきて」と言っても「どんなに金を積まれても、これだけはイヤダ。」といわれました。そして「あ、おじさんに見てもらおう」と。
おじさんとは、うちの改装・修理に来てくれるおじさんのことです。
早速おじさんに屋根裏に入る仕事を押し付けてしまいました。

屋根裏のど真ん中に妖しいロッカーがあるのですが、こちらを向いていないんです。しかも横向きで、かなり錆びている。もしかして人がポリ袋に入っていたら・・・とか恐ろしい想像をしてみたり(サスペンス小説の読みすぎ)。そうでなくても、見てはいけないものを見てしまったりしないだろうかとか変な心配をしてみました。
で、見つけたのがこれ。

e0049603_829668.jpgなんと、ヤマハのドラムとサンタさんが!!サンタさんは、後ろから電球を入れられるようになっていて、69年製と書いてあります。とてもレトロな顔をしています。ドラムは新品同様。使用された痕はほとんどなし。

e0049603_8311670.jpgそしてガーフィールドのタンブラーセット。アンカーホッキング社製。でも大きなジャグが入っていませんでした。

e0049603_8333616.jpgそして、何か妖しげな箱が・・・おじさんは「コーヒーの詰め合わせか何かじゃないか?」なんて言ってましたが、四方をグルーガンでしっかり封がされている。益々あやしい。
四方を密封しなくてはいけない理由は?きっといけないものが入っているに違いない!!!カビだらけのコーヒー?
e0049603_8345076.jpgジャーン。
なんとベースボールカードの山でした。これは調べてみると、ただ売ればいいってもんじゃないらしい。きちんとしたところで鑑定され、ケースに入れられたもののみが価値のあるカードになるようです。

常日頃、ベースボールカードの世界は、アキバの世界と相似しているなと感じていたのですが、なるほど、やっぱり良く分からない専門用語やら、有名選手のレアものとか、そのレア物も素材が違うとか限定だとか色々あるみたいです。
・・・以上、お宝画像でした。皆様、楽しい感謝祭を!




e0049603_8413633.jpg真ん中のロッカーの中には服が入っているそうです。臭そうなのでそのままにしてもらいました。
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-24 08:46
<< プリンティング・ブロック【サンタ】 また行ってきました、ジャンク屋さん >>