ことり柄のタブリエ
e0049603_722413.jpg欲しくて狙っているのに、いつも人気で手に入らなかったりなんてこと、よくあります。この小鳥柄の布もそのひとつ。最近のアンティーク屋さんもイーベイにいいもの、人気のものを出品していて、特定のものを探していると尋ねると、その人のイーベイIDを渡されたりします。
そんなわけで、この柄の布は手に入らないだろうと諦めかけていたのですが、やっと手に入りました。しかもこの布、エプロンのキットになっていたんですね。更に完成されていないそのままの姿で!
こんなかわいいエプロンになるんですよと見本と説明書が・・・(Moreをクリック)




e0049603_7222622.jpg
ギャザーを寄せたラブリーなエプロン。


e0049603_726610.jpg当時の清く正しい(??)主婦がポーズを。説明書ももったいなくて捨てられません。


e0049603_727554.jpgこれを郵送していた封筒も残っていました。封筒も捨てられません。

「お好みに合わせて丈を調節してください」って、恐れ多くてできないので、そのまま使うことに。ギャザーで後ろリボンだと甘い雰囲気なので、これはタブリエにすることに決めました。30年、様々な場所を旅して、やっと完成の日の目を見ることになります。


e0049603_7523859.jpg

もともとこの柄を見たときに、バッグにしようと思ったのですが、思いもよらずタブリエを作ってしまいました。
[PR]
by retrojunkie | 2005-10-25 07:41 | DIY&handmade
<< スウェーデンのトレイ マリメッコのレトロ柄バッグ >>