Saturday by the lake
e0049603_1027268.jpg今年の7月4日の独立記念日は、ウィスコンシンですごしました。
義父の現実逃避に使われていた家ですが(笑)遠いので、義父含め誰も行かないんです。
なので、行くと同時に掃除。
近所で、花火を売っている民家があると聞いて、食料調達のついでにそこで花火を箱買いしました。
いや~、ウィスコンシンって花火が安いですね。
こんなにいらないよって位、手に持つ花火がパッケージに入っている(しかも全部同じ)のとか、
結構本格的な打ち上げ花火をダンボールにいっぱい入れても30ドルとか。
よって、手に持つ花火を200本くらい残してしまいました。


e0049603_1029155.jpg私はウィスコンシンビールを片手に4時ごろから爆竹を見学。
ビールってそんなに好きってほどではないので、いつもぬるくなってしまうのですが、これはあっという間になくなってしまい・・・後でこれが祟るとは知らず・・・

e0049603_1031730.jpg色つきの煙が出るだけっていう・・・これって花火?
そのうちお隣さんも負けずに参加。
対岸でも、大掛かりな打ち上げ花火で応戦してきます。
お隣さんもうちも、お互いの花火を見ては「ワンダフル!」とか「イェーイ」とか「クールだな~」とか感想を述べ合う。
たまにお隣さん、ヒューーーーーー  プシュみたいな花火をあげると、本人たちも期待はずれだったのか、「しょぼいな~」と大笑い。
湖とはいっても、ここは小さな湖なので、波が立つ乗り物は一切禁止。
なので、トロトロと動くpontoon boat(日本語でなんていうか分からぬ)を赤、青、白で飾った人たちが列を成してパレードしてました。
こちらに近づくと、手を振ってくるので、こっちも手を振らなくちゃいけないのがお決まりなのが、なんともちょっと苦痛なのですが・・・
”皆が顔見知り”の人懐っこい人たちなので、郷に従います(笑)
写真なんですが、ビールがまわり過ぎて頭痛がひどいのと、蚊に10箇所ほど刺されたので、なし・・・


隣村で土曜日にはフリーマーケットがあるそうで、早速行ってきたんですが、
結構な規模で、アンティークもアメリカンアンティークがほとんど。
キャサリンのお皿を見つけたのですが、ちょっと高いので諦めた以外はめぼしいものがなく・・・
田舎だからちょっと期待していたのですが、思い切りイリノイのアンティーク商がつけるような「商売っ気いっぱいの値段」でした。がっかり。
しかも祭日だからか、すごい人ごみ。
これが人口500人の村か?って位。
写真撮る余裕もなかったです。

その代わり、50’sからなにも変わっていなさそうなアイスクリームパーラーを見つけたので、その写真は次回にでも。
[PR]
by retrojunkie | 2009-07-06 10:42
<< Snack parlor Floral Lowball ... >>