Fireking Primrose
e0049603_10564921.jpgキャセロール皿ばかり集めても仕方がないので、一つ手放すことになりました。ファイアーキングのプリムローズです。
あまり大事にしすぎると別れが辛くなるので、比較的新入りの彼女を候補にしました。なので記念に日記にアップします。

ファイアーキングの刻印って裏表が逆のものが多いです。パイレックスにはありえない謎です。なぜでしょう。おっちょこちょいの人が作っていたのかな。
日本だと多分2000円くらいするのかな・・・日本で商売したほうがもうかったかもです。破格で売れてしまいました。
[PR]
# by retrojunkie | 2005-05-06 10:55 | Glass Collectible
Karl Lagerfeldのブレスレット
最近、ダブルネームだとかコラボとかよく耳にします。
モダンと伝統が融合したり、思いもしない会社同士が共同で商品を開発したり・・・
日本だけかと思いきや、アメリカでも結構目にしますよね。
日用品スーパーでアイザック・ミズラヒやシンシア・ローリーが洋服やインテリア用品を売り出したり。マイケル・グレーブスは結構長い間インテリア用品のデザインを、そのスーパーのみ限定でデザインしています。
はじめは時計やフォトフレームだったのが、キッチン用品、掃除道具からガーデニング、電化製品まで手がけていたり。

そしてあのカール・ラガーフェルドもコラボで商品を限定販売していました。
お相手は欧州系ユニクロとも言われているブランドですが、広告を見た時の正直な感想は「こんなの着る人いるの?」でした。
長身のモデルが着ているのは全身真っ黒でぴったりとした服、モジモジ君のようでもありました。着こなせる一般市民はいなさそう。他は定番のリトルブラックドレスなんかがあっという間に売り切れ。

早速私も記念に買いました。カール様デザインのブレスレットです。

e0049603_10554475.jpgカール様というとフェミニンなイメージがあったのですが、あまりにもシンプルすぎてびっくりしました。丸いチャームがコロコロとゆれます。ネックレスがあったら欲しかったなぁ。
おみやげに丁度いい値段(1500円もしませんでした)で、珍しいので喜ばれました。
[PR]
# by retrojunkie | 2005-05-06 10:54 | その他の雑貨(other)
鎌倉彫のバターナイフ
帰省した際に鎌倉へ遊びに行きました。
人の波と一緒に吐き出されるように乗り降りする都内の電車と違い、江ノ電にゆられてゴトゴトと、なんだかとてもほんわかする2両編成の電車で・・・

鎌倉でいろんなショップを見て回りました。帆布屋さんのトートが高くて(どうしてもLLBeanと比べてしまう)泣く泣く諦めたり、アンティーク着物屋さんを冷やかしたり。

アンティーク着物、一時期はまっていたんですが、着付ける時間もないライフスタイルになってしまったのであまり真剣に見ないように自制しつつ。アンティーク着物こそ広げてちゃんと見ないと状態が分からないし、散々広げてやっぱりやーめたじゃ申し訳ない気がして、棚に入ったままのものをおとなしく見学。

途中で寄ったホットドッグ屋さんで、自家製のソーセージと江ノ島ビールで乾杯。ほろ酔い気分で観光しました。
そのお店で出されたコーヒー、なんと茶器に入ってるんです。
あの抹茶をいただく茶器でコーヒー、良く考えればカフェボールと似た大きさですもんね。このアイデアいただき!

写真は鎌倉彫りのショップで見つけたバターナイフです。本当は素敵な帯留めがあったんですが、いつまた着物を着れるかわからないので、やっぱりすぐ使えるものにしようということで。

e0049603_10585291.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2005-04-19 10:57 | 現行品
Pyrex のコーヒーカラフェ
リサイクルショップに帰国前にちょっと寄ったのですが、目ぼしいものがなくて帰ろうとしていた矢先に出合ったカラフェです。
最初、パイレックスとは知らず、箱がレトロでかわいいなと足元に置かれていたのを手に取ったときはびっくり。過呼吸で苦しくなりました。ほとんど使われていない状態でした。
コーヒーメーカーがあるのでカラフェなんて必要ないのですが、どうしても元の場所に戻せなくて買ってしまいました。しかも2ドルです。オークションで欲しいなと眺めていたのですが、割れ物は買わないことにしているので丁度よかったです。下にろうそく(ティーキャンドル)を入れて保温できます。

そのお店は陳列という言葉が存在しないかのように品物を足元に山積みにしたりしているので、隅々まで見ないと何が見つかるか分かりません。宝探しのようで楽しいです。

e0049603_10594794.jpg
e0049603_1101646.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2005-04-12 10:59 | Old Pyrex
資生堂 オイデルミン
私は偏屈者なのかもしれませんが、ドラッグストアでレトロなパッケージを見つけると買わずにはいられません。
たとえばCorn Huskars http://www.elydrugs.com/personal_care_36.htmとか、大手のボディーローションの優等生のようなパッケージの中で、棚の一番下でわが道を行く的なパッケージが好きです。

今回日本のドラッグストアで出会った衝撃的なパッケージ。昔の装苑で資生堂のパッケージの歴史を特集した際にちらっと見たのですが、まさか遭遇するとは思いませんでした。やっと見つけたと思ったら棚の一番下で埃をかぶっていました。回転が良くないのかな、良くないのなら廃盤になっているはず・・・な不思議な存在です。100年以上売られているこの商品、とても魅力的です。


まず、落としても割れそうにない厚いガラスで、バラが中のピンクの液体を引き立てて麗しいイメージです。本当は使わずに眺めていたいのですが、どうしても使用感が気になったので蓋を開けてみました。
香りはバラではなく、昔ノエOアが出していた拭き取り化粧水と同じ香りでした。ちょっと刺激が強いのですが、眺めているだけで満足なので観賞用にします。

e0049603_11234.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2005-04-07 11:01 | その他の雑貨(other)
紙漉きのはがき
里帰りする際、実家に送ってもらうように注文していたものの中に、紙漉きの道具があります。
道具といってもおもちゃなんですが。しかも対象年齢が小学生。
理由を聞かれても説明できないくらいにどうしても欲しくなっちゃって購入。

紙漉きっていうと、網を張った木箱に薄ーく神経を鋭くさせながら漉いていく、あの和紙の工程を思わせるのですが、対象年齢が小学生というならその工程を簡素化させてそれなりの仕上がりになるのではないかと踏んだのです。

最初、読まなくなった雑誌でやったのですが、インクでべたべたしてしまい、しかもあまりきれいとはいえないグレーに水が染まってしまったので没。

2回目の挑戦でできたのがこれ
e0049603_1533921.jpg


赤が混じって梅を思わせる雰囲気?春らしいかな?

実はこの赤、こんなものから偶然できたものです
e0049603_15335051.jpg
ついつい貰いすぎちゃうんですよね。捨てずに取っておいたものです。
[PR]
# by retrojunkie | 2005-04-06 15:30 | DIY&handmade
帰って来ました
日本に戻ってきました。
まじめに仕事をこなす日本人に感動しました。全てにおいて丁寧です。
早速髪をばっさり切り、運転用のメガネを作り、日暮里で散財しました。
アメリカにないクオリティーの布に心臓バクバクして、本当に使えそうな無地の布よりプリント物ばかり買い込んでしまいました。
ああいうところは作る物のアイデアやビジョンがしっかりある人が行かないと、あれもこれもと買ってしまって、「で、これで何作ろう?」なんてことになりかねないです。

そんなわけで取り急ぎ...

写真は実家のPCだと取り込んだ時点で強制終了するらしいので、帰ってからのお楽しみです
[PR]
# by retrojunkie | 2005-03-08 11:02
スターバックスで春を見つける
e0049603_1132114.jpgスターバックスで季節の変わり目を感じることができます。
春はまだかな~と思っていたら!すぐそこまで来てますよ。

スターバックスは淹れおわったコーヒーのかすを無料で提供しているんです。
このコーヒーかすを庭にまくと土の酸度が緩和され、植物が元気になります。堆肥を作るのにコンポストに入れることもできます。
かわいいブリキの樽にこのようにシルバーの袋に入った5キロほどのコーヒーかすが。お店の角でひっそりとした佇まいで見つけることができます。なのにお店の美観を損なわないパッケージで気を遣っています。
どうやらこの国のトップは環境保護に興味がないらしいので(苦笑)、企業単位でこういうサービスの提供をすることはとても意味のあることだし、個人もそれに応えなくてはいけないと思います。
このサービスは期間限定で、秋には停止するので、またこの袋がお店にお目見えしたということは春がやってきたってことになりますよね?

これを撒いて日本へ里帰りします。
帰ってくることにはチューリップが咲いているのかな。
[PR]
# by retrojunkie | 2005-03-01 11:02
初めてのモンキーパンツ
やっと完成のモンキーパンツです。
こちらにはモンキーパンツなるものがないので、はまちゃんのHPBe Happy! Be Funny!や方々のHPで研究してこんな感じなのかな?と暗中模索でやってみました。
3枚はぎにしても4枚はぎにしても赤ちゃんてO脚だからシルエットなんて関係ないし、2枚はぎで十分?でした。所要時間、裁断から縫製まで2時間もかからなかったです。素材はこの間たくさん買ったので、消費したいグレーのフリースとクリーム色のフリースです。

日本へ帰ってチェックすることが一つ増えました。モンキーパンツ研究します!(^_^)
e0049603_15183922.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2005-02-23 14:59 | DIY&handmade
マリンブルーのドレス
e0049603_15202812.jpg
知り合いに頼まれて作ったドレスのパターンで作ってみたサテンのドレスです。やっぱり手芸店のサテンは本当に「それなりの」サテンで・・・案の定皺が目立ってしまいました。
いずれはもう少し素材にこだわりたいと思います。シルクサテンとか、ね。
ストラップレスを着る勇気はありませんが、作るのは楽しかったです。
たまにはファンタジーの中で生きてみるのも悪いもんじゃありません(現実逃避ともいいますか)。
ごてごてしたゴージャスなドレスとか作ってみたいです。
[PR]
# by retrojunkie | 2005-02-22 15:17 | DIY&handmade
Pyrexの器【Friendship Bird】
e0049603_1142899.jpgファイアーキングもほんの少し持っているのですが、相性といいますか、縁がないのではないかと思います。
そもそもコレクションが一向に増えていかない理由は、オークションなどで手ごろなものを見つけると、こちらの手元に届く前に割れてしまうんです。売り手の人に「割れてしまいました」と返金されたり(生き残ったお皿は無料で送ってもらったり)それが一度でなく二度三度・・・

そんなわけで、私は浮気せず二股も目移りもせずにオールドパイレックスを一途に愛することになりました(大げさな・・・)

Pyrexの中でも私が一番好きなのがこのフレンドシップバード。
見ているだけでウキウキします。
初めて出会ったとき、胸が苦しくなりました。

ボウルのコレクションはもうそろそろいいですね(笑)。
[PR]
# by retrojunkie | 2005-02-06 11:03 | Old Pyrex
Pyrexのモノグラム入りお皿
ケOックスのコーヒーフィルターがなくなりそうなので30分ほど車を飛ばして買いにいったんですが、いつもだったら棚の一番下にひっそり並んでるのに、今日行ったら目線の位置にありました。やっと日の目を見たというか、市民権を得たんだなと嬉しくなってしまいました。

オールドパイレックスのモノグラム入りお皿です。デッドストックで新品同様でした。
パイレックスといえば傘下ブランドのCorelleのような薄い耐熱ガラスもあり、昔はウォルマートで売ってたり(今も売ってるのかな?)したのですが、本家のパイレックス派なので集めるまでには至ってません。たまに意図的に混同させて売られていたりするのですが、質感が完全に違うんです。
このお皿、パイレックスなのにモノグラム、しかも四つ星ホテルのお皿のように金縁が一生懸命背伸びしてるようでかわいいでしょ?
e0049603_1161242.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2005-01-27 11:04 | Old Pyrex
ガラスのビンテージボタン
布やリボンやボタンを買い込んでは「いつかかわいいものを作る用」にしまっておきます。
でも使うのが勿体無くて手を付けられないのが本音。
かといって買わないで他の人の手に渡るのも惜しい。
そんなものが集まってとんでもないことになってます。
また見つけてしまったのがこれ、ガラスのビンテージボタン。
子供服に付いてたんでしょうか、レトロな動物がかわいい!
私は特にあひるのボタンが好きです。
ボタンとボタンがカチャカチャ音がするのもいいです(暗いな・・・)。

そういえば、小学生のころ、かわいい便箋を集めるのが流行って、それを友達と交換したっけ・・・
でもそれで手紙を書くのかといえばそうでなく、むしろ便箋に物を書くなんてとんでもない失態のような風潮がありました。
あの便箋の山はいったいどこへ行ったんだろう。
e0049603_12583185.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2005-01-25 12:57 | Baby&Kids
Pyrexの保存容器【アボカド】
オールドパイレックスの保存容器と聞いて思い出すのは四角いガラスの入れ物にきっちり閉まらないガラスの蓋というイメージがありますが、しっかり閉まるプラスチックの蓋というのに魅かれて購入。e0049603_12594965.jpgしかもレトロなアボカド色。
オークションだったのですが、初めて食器を買ったので手に取ったときびっくり!
何がびっくりかってガラスが薄いんです。
丁度理科の実験に使うビーカーのような薄さで、おっかなびっくり使ってます。ちょっと倒したら割れてしまいそう。
オークションってそういう”感触”が分からないから困りますよね。
同じ理由で洋服もオークションでは買わないと決めていたんですが、一ついい勉強になりました。
状態はものすごくいいし、お気に入りではありますが、ちょっと勉強不足でした。
[PR]
# by retrojunkie | 2005-01-22 12:59 | Old Pyrex
ノグチイサムの記念切手
近所の郵便局は並ぶところにガラスケースがあって、その中に今発売されている記念切手があるんです。なので並んでいる間の暇つぶしにショーケースを眺めるということが少なくありません。ショーケースの中のカラフルな記念切手を眺めていたら、白黒の珍しい切手シートが。白黒が逆に新鮮に見えたのでよく近づいてみると・・・
イサム・ノグチの記念切手ではないですか!
早速1シート買ってしまいました。誰のアイデアか知りませんが、モノクロというところがイサムノグチらしいというか、かっこいいです。

e0049603_1332278.jpg

e0049603_133672.jpg
ディズニーはあまり好きなほうではないのですが、一緒に売っていたので姪っ子達や子供のいる友達向けに買ってしまいました。こうしてみるとポップでかわいいですね
[PR]
# by retrojunkie | 2005-01-05 13:01 | その他の雑貨(other)
Pyrexの器【プライマルカラー・イエロー】
e0049603_1173735.jpgPyrexまだまだ続きます。
イエローも好きなのでちょこっと集まりました。
今のPyrexは透明のガラスで味気ないものの、しっかりと中のものを漏らさないタッパーのふたのような構造になってますが、昔のPyrexは蓋もガラスだったんですね。しかもしっかりと封をしないでずれやすい、そして恐らく蓋が落下して割れたので蓋付きでお目にかかることは滅多にありません。
まあ、ボウルにはいらないかなとは思いますが。
[PR]
# by retrojunkie | 2004-12-24 11:06 | Old Pyrex
レトロなソーイングの本

e0049603_16185930.jpgシンガー社のソーイングブック。
その名も”シンガー ソーイングブック”
1949年初版、これは51年のものですが、3年で38万部ってすごい売れ行きじゃないですか?(違うかな?)
一年ほど前ネットオークションで手に入れました。
背筋を伸ばしたきちんとした身なりの婦人がミシンをかけてる絵・・・
アメリカの古きよき家庭の一コマって感じです。
簡単な裁縫の基礎からシャーリングの作り方、手で縫う場合のボタンホールの作り方、赤ちゃんのドレスからソファーの本格的なカバーの採寸から縫製まであります。

でも一番面白いのは最初の章の「ソーイングを成功させるには」。
●裁縫をするときは背筋を正し、けしてため息をついたりしながら縫わないこと。シンクにあるお皿をまず洗い終えてからの裁縫のほうがより楽しくなります。
●裁縫をするときは身なりを正しましょう。化粧をし、気に入ったお洋服を着用し、なるべく自分を魅力的に見せましょう。お気に入りの口紅、髪を整えるのです。自分の為の作品はあなたが綺麗であれば試着しても見栄えがいいからです。そして急な来客や旦那様が突然帰宅しても慌てなくて済むというものです。

・・・などなど。読んで噴き出しちゃいますが、ああ、50年代のアメリカ女性はなんて初々しいんだろう!と思います。これを読んで一生懸命家族の為に縫い物をしていたんだな、なんて。
[PR]
# by retrojunkie | 2004-12-23 16:18 | その他の雑貨(other)
Pyrexの器【アボカド・クレイジーデイジー】
アメリカで70年代に流行ったアボカド色。
家電製品(特にキッチン関係)はアボカドのものが多かったとか。
特に好きだというわけではないと言いつつ集まりつつある。
これは無地の大きめボウルと花柄のボウル、そしてキャセロール皿。
キャセロール皿は物を整理するのに便利です。
以前住んでいた場所ではリサイクルショップのようなものが沢山あったので、小学生のお小遣いで買える値段でしたが、こちらではかなりいい値段なので沢山集めておけばよかった・
e0049603_1192512.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2004-12-15 11:08 | Old Pyrex
暮らしの手帖
2年ほど前に帰省した際、祖母の家に行って気がついたのですが、1970年代の5年分にも及ぶ暮しの手帖が置いてありました。
そこにあるということは20年近く知っていましたが手に取ることはなく。
なるほど読んでみると面白い。
些細なことで感情的になっているエッセイやお便りの数々。
「最近の若者のジーンズの履き方はなんだあれは!まことにだらしがない・・・(中略)私はジーンズにアイロンかけます」みたいなまじめに怒っちゃってる投稿も微笑ましいです。
でも70年代の日本で暮らす人の一生懸命さがちょっと覗けた気分になって楽しくなります。グラフィックもとても私好み。藤城清治さんの影絵も素晴らしい。小さい頃、彼の作り出す影絵の人物の目が怖かったため正視できなかったなんてこともいい思い出(?)です。
インテリアや洋服、暮らしのイメージソースにもなるので私にとっては嫁入り道具の一つでもあります。
重いので数冊だけこちらに持って来ましたが、いずれはあの本棚にある暮らしの手帖を全て集めたいです。
e0049603_11101414.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2004-12-12 11:10 | その他の雑貨(other)
バスソルトを作る
天然生活、好きなのですが、料理に力が入っててなかなか手作りの記事ってないんですよね・・・  
そんな天然生活冬の号の中で紹介されていたバスソルト。
天然生活のホームページの予告を一目見たその日から作ろうと心に決めていました。
材料も台所で集まるものばかりでますますやる気が出ます。
そして今日、やっと最後の材料が揃いました。ソープ型と重曹です。
色をつけようと思ったのですが、色をつけるのに半日も待てなかったので(それだけワクワクソワソワしてたんです)今回は白のまま。
次回はラベンダーとかいろいろ入れてみたいです。
人が集まるこれからの時期、遊びに来てくれたゲストの手土産にいいかもしれませんね。
e0049603_1112999.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2004-12-10 11:10 | DIY&handmade
レトロなレコードをリメイク
2年ほど前にThriftstoreというガラクタ屋さんへ行ったときのこと。
とってもレトロな色調のディズニーのレコード盤(LP)が売ってました。
どれも60年代のもので、色使いがステキです。
一枚一ドルほどでしたが3枚買ってしまい、聴くプレーヤーもないのでそのまましまいこんでいました。
子供も生まれたことだし、ベビーの部屋の壁に絵がないので飾ってみることに。
ところがLPレコードが入るちょうどいい額がありません。
またこのまましまい込んでしまうのか・・・
そこで考えたのが、両端をパンチで穴を開けてリボンを通し、壁にかける方法。
これで額を買うこともないし、時間の節約で一石二鳥。
右からSo Dear to My Heart,Mary Poppins, The Little Engine That Could!
これでなんとか子供部屋っぽくなりました。
e0049603_11133051.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2004-11-30 11:12
ハイチェアーのクッション
e0049603_15354074.jpg
出産祝いに頂いたハイチェアーを使おうと箱から出したのですが、座席部分とトレイ、脚を組み立てるだけかと思いきや、何だかやたら部品が多い。
しかもスクリューのねじが20本は軽く入ってる。
どうやらこれはリコールされ、追加の補強ねじが追加の説明書と一緒に入っていたのですが、ねじを嵌める穴が説明書にあるのに実物にはないとか、・・・書けば長くなるんですが、音を上げました。
どうして赤ちゃん用のものって自分で組み立てなくちゃいけないんでしょうか。箱から出してすぐ使えるものってないのかななんてブツブツ文句を言いながらプレゼントしてくれた方の気持ちに感謝しつつ返品に行きました。それが去年の11月。
もっとシンプルなものがいいと思って決めたハイチェアーは注文しないと来ないと言われ、待つこと1月半。

10本のねじで作れるハイチェアーがやっぱり一番いいです。同じ会社の違うデザインのものは丸いデザインが好きでなく、やはりこれに落ち着きました。

クッションは自分で作ろうと材料を買いに行ったのですが、クッションに詰めるキルトだけを買う、布は家にあるものを消費しようと何度も言い聞かせ(かなり生地コーナーに引き寄せられましたが・・・(笑))、完成させました。キャンバス地のオレンジのチェックでボタンは椅子に合わせてライム色です。
e0049603_15383125.jpg
[PR]
# by retrojunkie | 2004-10-23 15:33 | DIY&handmade
簡単な自己紹介
名前:retrojunkie
住まい:シカゴ近郊

アメリカに住んで12年ほど経ちます。
ガラス棚に飾る「眺めるアンティーク」より普通にガシガシ使用できるレトロな物が好きです。
こちらの大学で貧乏学生をしていたときに、友達が紹介してくれたガラクタ屋さんにハマって古着からアンティークやヴィンテージのコレクティブルに目覚め、そして今に至ります。
現在インディーズブランドのデザイナー。只今子育て中なのでゆっくりペースで活動中。

レトロジャンキーとは、レトロなものに中毒(ジャンキー)だからと命名しました。
レトロがガラクタ(ジャンク)なのとは違います(いや、見る人によってはガラクタなのかもしれない)。私のアドレスがretrojunkなのは・・・登録した際に文字数が多すぎたの・・・(涙)

なぜか陶器よりガラスに魅かれます。そしてブルーが好き。ガラスでブルーだったらなお最強。

お店を紹介するブログではないので、はじめましての方のお店に関しての質問はお受けできません。ご了承ください。

画像、文章、ネタもろもろを管理人の許可なしに使用することを禁止します。


Junk or trasure?
This blog is all about my findings from estate sales, garage sales, and flea markets, along with the stories behind each item.
From Chicagoland with love<3

The legal stuff:
No part of these pages, either text or image may be used without mu permission.


::Mail::
retrojunkie(at)hotmail(dot)co(dot)jp
[PR]
# by retrojunkie | 2004-01-05 11:12 | About me