<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
::48::うさぎのランプシェード
イースターが近いので、うさぎの話題でも。

インターネットが普及する遥か前の時代に、パイレックスのボウルを集めだしたのですが、そういうものはアンティーク屋さんに行けばもっとあるらしいと知って、初めてアンティーク屋さんへ行った場所で見つけた記念すべきランプシェードです。

e0049603_12363192.jpgでも、当時住んでいた場所は、場所柄なのか天井に照明があるタイプのお宅は、アパートも一軒屋にもなく、
私も当面の使い道に迷ったのですが、きっと将来、このランプシェードが使える家に住めるのではないかとその時の気分で購入してしまいました。
当時は本気でキッチュでポップなお部屋に憧れていたんです。
宇宙百貨とかそんなイメージの。

シカゴに引っ越してきて、天井に照明があるお宅が多いことを知って喜んだのですが、
今の家にはやっぱりどうも合わない。
なんてそうこうしているうちに、購入してから15年ほど経ってしまいました。

恐らく、刺繍は誰か素人がやり、ランプシェードに加工してもらったのだと思います。
かなりきちんと布が骨組みに張ってあり、業者にやってもらったことを証明するように、きちんと裏地も付いています。
そういう布地なのか日焼けなのか、少し黄ばんだようなくすんだ色。うさぎの刺繍も日に焼けて薄くなっている糸があるので、もしかしたら日焼け説が有力かも。
ポンポンの縁取りがいいですね。

e0049603_1431521.jpgアップの写真です。
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-30 14:03
::49::bird
e0049603_885013.jpg水鳥です。
スカルプチュアとか置物は「置くだけ」意外の用途はないので買わないとずっと前から決めていたのですが、どうも最近集まってきてしまっています。
Never say neverってやつですね。
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-28 08:08 | その他の雑貨(other)
::50::Seal
e0049603_7324514.jpgこれは先日の熊の親子と同じ会社が作ったもの。
動物園に行くと、必ずアシカとペンギンを見に行きます。
小さな社会が形成されていて面白いです。
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-28 07:32 | その他の雑貨(other)
::51:: Candle holder
e0049603_6303314.jpgデンマーク製なのですが、会社がとてもマイナーなのか、アルファベットだけなので検索に引っかかりませんでした。
艶がない、ニスを塗っていない状態のものです。
デンマークの木製の小物ってこういうのが多いですね。

で、Rude三兄弟と並べたら、形もテクスチャーも違うので、違和感ありかな~と思いながら並べてみたら・・・

::::More::::
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-26 06:32 | Scandinavian
::52::チャーリーハーパーのポスター2点
シカゴ、28度とか29度とか、
まさにアーチーチーアーチ~♪な毎日です。
この時期、普通だったらまだダウンジャケットが離せない極寒のシカゴなので
暑さに慣れていない皆さん、熱湯風呂に飛び込む出川哲郎みたいな顔しています。



=====

以前紹介したチャーリーハーパーのこの絵この絵、やっと飾ることができました。

::::::じゃ~ん::::::
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-22 06:03 | その他の雑貨(other)
何か作ろうと腰を上げました
e0049603_1238392.jpg教授のメールで春休みだと知った先先週。
これを書いている今、春休みは終わりですが、
先週、春休みの間に何か作ろうと腰を上げました。

:::::::More:::::::
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-20 12:41 | DIY&handmade
Googleのトップがマリメッコ
e0049603_13122660.jpgいいですね~
一番左から、言うまでもなくウニッコ、次は不明、その次はKARKUTEILLA(軽く行ってらじゃなくてカルクテイッラです)、そしてKESATORI、脇阪克二さんのBo Boo、その上に乗っているドットはRasymatto、karkulaiset・・・

二番目だけどうしても分かりません・・・
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-20 10:58 | Scandinavian
::53::シェブロン柄
うちの夫、もの凄くおばあちゃんっ子で、お母さんの話より頻繁に話題に上がります。
思い出がそれだけ沢山あったんでしょう。
私もおばあちゃんが大好きだったので、分かります。
そして、自分達の母親がおばあちゃんと余り仲良くなかったのも共通(笑)

e0049603_4244680.jpg数年前に、そんなおばあちゃんの形見のブランケットを譲り受けました。おばあちゃんが編んだそうです。
もう目が詰まっちゃって、フエルト化しているのでゴワゴワしています。
そして、何となく、デザインが・・・・・なんといえばいいのでしょう、
ストライプだったらいいのになぜジグザグ?
まあ、大好きだったおばあちゃんだから、デザインが、とかそんな理由で却下するほど鬼嫁になるつもりはないのですが、もっと細かいインターバルのジグザグで編んでいたらどうだったろうとかいろいろ考えてしまいます。

::::::More::::::
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-20 04:26 | Textile
::54::Mom bear and cubs
e0049603_2272172.jpg動物のフィギュア、見かけると手に取ってしまいます。
そしてなぜか顔のないものばかりに惹かれます。
顔や色や毛並みの細かい描写をせずに、いかにしてその”動物”だと理解して貰えるかというデザインする人の熱意がそこにあるんじゃないかと思って。
柳宋理さんの本に、単純に、簡単にできたように見えるものに限って、そこに何度となく繰り返された試作があったと記されていました。

このクマの親子も、遠目から見ると、シルバーの塊にしか見えないのですが、
近くに寄ると、すっと物語が見えてきませんか。

::::::::More::::::::
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-18 02:32 | その他の雑貨(other)
::55::Dansk Cast Iron Candle holder JHQ
tamaさんに誘われて久しぶりにチャリティーショップめぐりをしました。

もう以前のように自由な時間もそう沢山ないのでハシゴすることもなくなってしまったので、嬉しかったです。
連れて行ってもらったお店で「埋もれているから、ちゃんと商品の下まで見たほうがいいよ」と言われたので、そうしたら、なるほど、棚から一回商品を手に取ってしまうと、戻す場所がなくなってしまうという怪奇現象が(笑)

e0049603_34396.jpgそうじゃないかな~と思って手に取ったキャンドルホルダー。
ダンスクのJens H.Quistgaardのデザインです。
これこれに次ぐ三つ目のキャンドルホルダーでした。

::::::::::そういえば!::::::::::
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-16 05:11 | Scandinavian