<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
年末年始のご挨拶
相変わらず画像がない記事ですみません。
ユタから戻り、ラスベガスにいます。
ラスベガスはカウントダウンするのにnyよりも人気な場所だそうですが、今までの宿泊代の5倍を同じ部屋に払うのもなんだし、子供連れだと人混みの中でカウントダウンは無理ではないかと思い(とは言え、小さな子連れが思ったより多いです。部屋の中で祝うなら勿体無いし、タイムズスクエア並みに混んでいるストリップに子供を連れて待つのも大変だし・・・謎です)郊外に住む義理姉の家にいます。
今まで人が居なかったボックスオフィスに長蛇の列、開いているのか分からないデリも、空いているテーブルが無いほどの大盛況。
お祭りが待ちきれずに早々とお祭り騒ぎしている人も増えてきたので(笑)いいタイミングでチェックアウトしました。

年明けには帰りますので、またゆっくりお土産話でもできればと思います。

今年もこのブログにお付き合いいただきありがとうございました。
皆さんとこうやってコミュニケーションを取り合ったり、インスピレーションがもらえたり、ブログをやっていて良かったなあとしみじみ思います。

皆さんも幸ある新年が迎えられますよう、お祈りしています。
[PR]
by retrojunkie | 2011-12-31 02:55
雑記
朝の5時起き、30分でタクシーが来ると起きた途端にいわれ、リテイナーも望遠レンズもカーナビもすっかり持ってくるのを忘れました。
ホテルの手違いで部屋をアップグレードしてもらえました。
初めて寝室にジャグジーが付いている部屋で毎日お風呂に入っています。
家でも湯船に浸かりますが、最近排水管の具合が悪く、ハンディーマンが捕まらないので。
ホテルはケーブル接続のインターネットのみ、
夫の携帯は日本語打てず…

ワイヤレスの環境にあることも少いので、今のうちにアップします。
ユタでクリスマスを過ごします。
皆さんも素敵なクリスマスを!
[PR]
by retrojunkie | 2011-12-24 08:19
::76::Arabia Ruska pitcher/ Arabia Tapestry Pitcher
e0049603_13471535.jpgルスカのピッチャー発見しました。
上から下までストンとなっているピッチャー、好きです。

tamaさんからいただいたピッチャー(右)はTapestryというみたいです。

茶色が揃いました。

・・・・・・おしらせ・・・・・・・・
[PR]
by retrojunkie | 2011-12-18 06:00 | Scandinavian
::77::teak picks
e0049603_210458.jpg北欧系のコレクションがあるというエステートセールにてみつけた中のこの一品。
オードブルに刺す楊枝です。パーティーの季節にぴったりです。が、使ったら捨てられなさそうなので使えません。

フォルムがとても北欧っぽいけど、フォントが非常に暮らしの手帖っぽい手書き風だなと思い、ひっくり返すとJAPANの文字が。
当時の価格の56セントの値札がついていました。
しかしエステートセールでの売り手の値段がついていない。
だいたい言い値で安かったりするのですが、目の前にいるお客さんのおじさん、割れて変なゴムみたいな樹脂みたいなもので無理やり修復されたカステヘルミとかその他総額215ドルのお買い物をしているにもかかわらず、15ドル負けてくれる?のおじさんのリクエストが即却下されたのを見てこりゃ心しないとと構えていました。

私の総額なんて20ドルだったのですが、この楊枝を見て、「あげるよ」。
ラッキーでした~
[PR]
by retrojunkie | 2011-12-15 07:43 | Japanese Retro
最近のいろいろ
今年のクリスマスは珍しく旅行するので、家に飾りというものがこれといってないのも、今年の私のブログにクリスマスネタがない理由です。
ツリーは出しているのですけどね。

旅行するまでお買い物に狂わないように、クリスマスモードから遠ざかっているのもまた理由のひとつ。

しかも期末試験なのですが、クリスマスモードでいっぱいだからやる気がないのか、
試験前日にクリスマスカードの宛名書きしてみたり、版画を彫ってみたり。



かといって余裕のよっちゃんってわけでもないのです(古っ)。

現にカンペが完成していません(笑)

ずっと温めていたアイデアを実際に版画にして刷ってみたら、
夫に「これ、何?」
私「それ、逆さま・・・」
で、一気にボツ。
気を取り直して別のデザインにするも、ちょっと雰囲気が暗い?
テストの勉強は30分と持たないのに、版画を始めたらあら2時間経っている。
っていうか期末試験!

いや、旅行する前にカードを送りたいので急がないと。
そして子供の誕生会のお礼のカードも送らなくちゃいけなくて、すべて平行作業。

カードが届いた方、来年はもう少し腕を上げますので大目に見てください。
[PR]
by retrojunkie | 2011-12-15 06:00
::78::Swivel Chair by Overman

度々(といっても覚えている人がいなさそうなほど頻度は低いのですが)登場するこの椅子。
数年前に、袋小路で行われているご近所さん合同ガレージセールで見つけました。
そのうちの一軒で、元気いっぱいの小学生の子が3人ほどいる家庭で、出品物はターゲットで買ったけど使わなかった、みたいな”比較的新しいもの”が多く、他はカントリーチックな花柄のふかふかソファーとかが置いてありました。
その中で一際オーラを放っていたのがこの椅子。Swivel chairなので、回転します。
どのメーカーのものか分からなかったのですが、どうしても欲しくなりました。
店番のご主人がとてもいい人で、どう考えても入らなさそうな私の車に搬入するのを手伝ってくれ、5ドルで購入しました。ガキンチョチビッコが椅子の下の方にTic-tac-toe(三並べ)をイタズラ書きしてくれています。マス目だけでそれほど目立たないので許します。


とても気に入っているけれど、やはりどちら様なのか、名前があるなら知りたいなと思って、チャンスを伺っていました。

数年前ですが丁度Apartment Therapyでお宝鑑定していたのでお願いしました(一応ニックネーム使っています)。この写真を撮った当時は、壁にある変なモールディング(装飾)を取ったばかりなので、ペンキの色が一部異なり、壁がガタガタしています(笑)

スウェーデンのOvermanではないかとのこと。特定のデザイナーの名前が冠されている訳ではないので、誰のデザインかははっきりしていないそうですが、これの革張りは見たことがあります。

Apartment Therapyのハウスツアー、できたらいいですね。一度に全ての部屋をお見せできるほど片付いたことがないので無理そうだけど。
[PR]
by retrojunkie | 2011-12-10 01:15 | Scandinavian
::79::ドイツのガラスフィギュア
e0049603_3561619.jpgtamaさんにいただいたドイツのガラスの置物です。
リサイクル屋さんで見つけたものを「見つけたよ~」と贈りあうのはまた嬉しいものです。
リアル友で私の収集癖を知っている人は少ないので尚更。
収集の趣味のない人がリアル友に多いので、プレゼントをするときはモールでお買い物します。逆にピンとくるものがないので困難を極めます。
贈り物の買い物はリサイクル屋さんでしているのではないかと誤解を生まないために、ヴィンテージコレクターでない人にカミングアウトすることは少ないです。

そういえば昔、私のリサイクルショップ中毒を知った義母が「私も好きなの!」と意気投合?
後日、ケミカルウォッシュでお臍が隠れるくらいのハイウェストの80年代全開のジーンズ(裾が窄まっている)と、緑のジーンズをリサイクルショップで見つけて贈ってくれた時は、「こ、こ、これ、どこで売っていたんですか」と言葉に詰まって涙目になってしまいました。義母も私の涙を見て感無量の様子。




やはり教える相手は選んだほうがいいみたいです。
[PR]
by retrojunkie | 2011-12-08 03:57 | Scandinavian
::80:: Pretty Maids
iPodに入れるために借りたQueenのオペラ座の夜。
実家に置いてきてしまったので、久しぶりにアルバムを通して聴きます。
39を車の中で聴きながら、『ああ、そういえば、この曲をカバーしたバンドがあったっけなあ』と思い出しました。
Pretty Maidsというバンドなのですが、ヨーロッパ系というだけでどこ出身か全く記憶にない。
ボーカルにアクセントがあるので、勝手にドイツのバンドだと思い込んでいたのですが、デンマークのバンドだったんですね。
ここでもまたデンマークとご縁がありました(とはいっても、彼らにとっては「俺達とフィン・ユールともステルトンと一緒にするな」でしょうけど)。

この39が入っているOffsideというミニアルバム、Please Don't Leave meというバラードが素敵です。
このアルバム、今は廃盤とか。
実家に残っているか聞いてみようっと。残っているといいんだけどな。
[PR]
by retrojunkie | 2011-12-08 02:54 | Scandinavian
::81::Royal Copenhagen plate
e0049603_0134796.jpg深さがあるのでボウルのようで、ボウルほど深くないのでお皿なのかどちらか分かりませんが、入れ物です。27センチX27センチもあります。
ロイヤルコペンハーゲンのもの。
ロイヤルコペンハーゲンといえば、今でもブルーフルーテッドが人気ですが、私はヴィンテージの60年代や70年代のものが好きです。当時は結構幾何学調なデザインを施すアーティストが絵付けをしていたりするので。私の持っているイヤーマグもその当時のもの。

この大皿はInge-Lise Koefordデザインのものです。
マスキュリンな力強いデザインなので男性かと思ったら、女性デザイナーでした(外国の名前には疎いもので)。
重箱のような深さなので・・・おせちに使える?
これもイヤーマグ同様70年代のものだと思います。

3ドルでした。
[PR]
by retrojunkie | 2011-12-03 13:53 | Scandinavian