<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Stock pot
e0049603_16142488.jpg昔、ダンスクの一番大きなストックポットが欲しくて、オンラインでも身の周りでも探していたことがありました。
なかなかいい状態のものがなくて、見て目がハート、心臓がドキドキしたのも束の間、状態が使用できるほどのものでなく、がっかりしたことも何度あったか。

それでも、パスタやスープに使う深い鍋が欲しくて、見つけたこの鍋。
ダンスクより、作りがキャサリンホルムに似ていますね。


e0049603_1614642.jpgRobert Carrierというシェフが出したクックウェアだと思うのですが、検索しても肝心なクックウェアがでてきませんでした。
推理小説でも書きそうな本人のポートレート写真で、とてもシェフには見えない(笑)
端っこのパプリカの山で何となく『食べるのが好きな小説家?』くらいには見えます。

ライオンなのか太陽なのか分からないけど、恥ずかしげに微笑んでいるのが愛嬌があってユニークですね。って、こんなにおちゃめな鍋をこの人が考案するようには見えないのですが・・・
底にも小さく太陽さんがいます。
イタリア製。
カナダから購入しました。
[PR]
by retrojunkie | 2011-09-27 16:21 | その他の雑貨(other)
Uniball Signo 0.18mm
e0049603_1336544.jpgこの秋も相変わらず学校に通っています。
来週の頭にテストがあるので、それまでお休みさせていただきます。
・・・その間こんな文房具ネタを。

ユニボールのSigno、それも世界最小のボール直径0.18mm!
日本でこれを見たとき、こんなに細いボールペン、どうするんだと思ったのですが・・・



More
[PR]
by retrojunkie | 2011-09-23 13:49 | 現行品
1985
最近、というか、MCAで蛍光色を見てから、蛍光色の日用雑貨や文具、洋服がやたらと目に付くのですが、80年代回帰なのでしょうか。と他人事のようですが、周りを見渡すと我が家にも蛍光色アイテムがちらほらと・・・

e0049603_8161787.jpgこの間、駐車場を子供と横切ろうとしたら、目の前にDeLoreanが停まったのです。(写真:wiki
窓の中のこれまた小さな窓がパカっと開いて、お兄さんの手が「行っていいよ」と合図してくれました。
面白い形の車に興味津々の子供達に、Back to the Futureという映画に使われたんだよと話すと、是非観たい!と。

なので図書館で借りて来ました。
公開は1985年。私が小学生の頃です。衝撃的な映画だったのを今でも鮮明に思い出します。
ただ、英語版だと、子供の耳に入れたくない言葉もそのまま入っていたりするので、注意が必要です(いきなり四文字言葉が出てきてアワアワした私)。
私の夫は当時高校生だったとか。『くっだらない子供の映画』と思って観たことがなかったらしいのですが、とても楽しめたみたいです。

既に見た方にも、今だからこそもう一度観て欲しい!
なぜなら、この映画が公開された1985年の”普通の光景”が今観ると”ちょいレトロ”だったりするからです。
それがエアロビ教室で踊っているレオタードの生徒達だったり、どでかいワイヤレス電話だったり。
ドックが開発したタイムマシンは、核燃料で動くのですが、リビアから核を盗んだとかで、刺客が機関銃を持って追いかけてきます。80’sのアメリカの時代背景が見えますね。これも小学生の私には理解するはずもなく・・・。
主人公(マイケル・J・フォックス)のマーティが飛び乗ったタイムマシンで1955年に戻るところからストーリーが始まります。

その1955年の光景もまたとても良く再現されていて、ヴィンテージカー、ダイナー、ジュークボックスなどノスタルジックなのも見所。

パート2は未来から戻ってきたドックが「今すぐ未来に戻らないと君の子孫が危ない」というところから始まります。未来から帰ってきたドックが燃料に使ったのは、生ゴミ。核燃料には頼らないタイムマシン!
その未来は2015年。今から4年後です。
1985年の人間が夢見ていた近未来。車は宙を浮いて、スケボーも車輪がない。
アンティークショップにはパソコンやテレビがあり、おなじみのダイナーはレトロな80’sの音楽がかかっています。
とんだ近未来に驚くマーティが、ダイナーの中にあるシューティングゲームを見つけ、その場に居合わせた子供に銃裁きを披露するのですが、「なぁんだ、手を使わなきゃいけないゲームか」「手を使わなきゃいけないおもちゃなんて、赤ちゃんのおもちゃだね」と言われてしまう・・・

1985年の青い私は、これに近い将来が待っているのではないかと楽しみにしていました。
2011年。未だに車が空を飛ばなければ、生ゴミが燃料にもならない(廃油で動くなんていう車もないことはないですが、普及から程遠いですね)。それどころか飛行機を飛ばし続けることさえ困難な経営状態の航空会社も。

そもそも車を宙に浮かすことは二の次三の次なほど、世界は混迷していて、不安でいっぱいです。
相変わらず予測できない天災が人を襲い、終わらない戦争があり、物価は上がって、経済が低迷。

HopeやChangeに願いを託していた人も多かったはずなのに、今や諦めムードでいっぱい。

1985年に描いていた2015年の未来予想図はこんなんじゃなかったはず。
かといって今から私が何か世界を変えることをやってのけるほどの影響力はないし。
私の周りで、不況のあおりを受けてクラスが削減されたりする教育の現状に、不満を言う代わりに自分たちで補おうと、少しでも子供達に希望を持たせるために頑張っている人がいます。
小さなことから変えてみよう。

おっと、暗い話になってしまいましたが、大人になって観て二度楽しめるBack to the Future、機会があれば、是非。

<おまけ>1985年の日本のヒット曲のリストです。私、これ全部歌えるかも!(笑)
[PR]
by retrojunkie | 2011-09-22 08:38
なんとなく違う今年
e0049603_65963.jpg今年の夏ももう終わりです。
幸い芝もスプリンクラーを使うことがありませんでした。
雨の日が多く、夏日もそれほど続かなかったので、その必要が全くなかったです。

この手持ち無沙汰な夏の終わりは天気だけじゃないような。
そうか、今年はトマトをはじめ、家庭菜園をしなかったからだ。

はて、なぜ家庭菜園をしなかったのだろう。

種まきや苗を植える4月、5月にさかのぼって考えたら、なるほど、日本の震災と原発のことで家庭菜園なんてする気も起きなかったんだ。

と、ここ数年スーパーで買う必要のなかったプチトマトを手にしながら、ぼんやりそんなことを思い出してみました。

家の外にあるこの子
[PR]
by retrojunkie | 2011-09-15 07:01 | 現行品
papercraft
e0049603_22165844.jpgシンプルだったので、作ってみました。

More
[PR]
by retrojunkie | 2011-09-12 22:15 | DIY&handmade
Figgjo butter warmer
e0049603_13295210.jpg花柄スーツケースの記事のときに<つづく>と書いたまま、放置していました。
あのフリマで購入したもの、フィッギオのバターを溶かす鍋?です。
このまま火にかけてバターを溶かしてOK。

アーティチョークは日本になじみのない食材なので、バターを溶かしたものにつけて食べるという方法は違和感ないのですが、

海老、かにを調理し、殻を剥いたものを溶かしたバターに浸して食べるのを初めて見たときは、カルチャーショックでぶっとびました。
そのままで十分おいしいじゃない、ねえ。


e0049603_13302384.jpg入れ子にできる雰囲気です。この二つの間にもう一つ入るような気がします。

orzなこと
[PR]
by retrojunkie | 2011-09-09 13:45 | Scandinavian
自分ヴィンテージ 
e0049603_9594624.jpg友達が勤めていた会社にあったという、ワッペン。
92年ANAのスキーツアーのワッペンです。
入社して「ここがあなたのデスクですよ」と言われてゴソゴソしていたら、引き出しの隅っこにあったんだそう。
裏に穴があって、安全ピンが通せるようになっています。
ツアーを申し込んだ人へのノベルティーではないかな。

92年なんて私にとっては去年みたいな感覚ですが、よく考えたら20年前。
この歳に生まれた子は二十歳ですよ。
この頃、ANAは国内線でイメージキャラクターにスヌーピー起用、同じ時期にJALはI'llという国際線ツアーで川村かおりを起用、この当時の日本の元気をもう一度、取り戻して欲しいな。

川村かおり、大好きでした。
[PR]
by retrojunkie | 2011-09-06 10:00 | その他の雑貨(other)
Arabia Faenza yellow
e0049603_2129647.jpg久しぶりのアラビアです。
今回見つけたのは黄色のほう。
同じ形でもベースの土の色が違うと雰囲気も違いますね。
朝のコーンフレークとか、スープにいいのであと2つは欲しいな~と思っています。
[PR]
by retrojunkie | 2011-09-02 21:29 | Scandinavian
Duck Tape(ガムテープ) と キティーちゃん
アメリカの梱包テープって全然良くないな~
なんて思っていたら、最近ScotchやらDuck Tapeからいろいろな柄のテープが出てきました。
蛍光色が珍しいなあなんて思っていたら、あれよあれよという間に豹柄やら何やら出てきて、ついにキティーちゃんまで!っていうか何でもキティーちゃん柄にすれば売れると思うのはどうかと思う。












e0049603_14432024.jpgといいつつ、購入してみましたっ!(笑)

More
[PR]
by retrojunkie | 2011-09-01 14:53 | 現行品