<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
予想しない場所に別の利用方法を見つける<Tool Box>
e0049603_3485865.jpgフリーマーケットにて。
ブルーハワイみたいな鮮明なブルーに引き寄せられました。

e0049603_8152313.jpg気が付いたら、そこは古びた工具をやたら大量に売っているおじさんのブースでした。
私も工具を売っているブースは素通りしていたのですが、向こうも滅多に来ない女性客が珍しく思ったんでしょう。私の「これは何の箱ですか?」の質問に、どんな道具が入っていたのか説明してくれました。
(せっかく説明してくれたのに、どんな種類の電動のこぎりだったか忘れた)
ギターケースのように長く、奥行きがあります。
BOSCHのハンドツールって、もっと鈍い緑とも青ともつかない色を使ってたんじゃ?
かなり頑丈で、座ってもびくともしません。それが故、車まで持っていくのに一苦労でした。中が空でこれだけ重いのだから、中身が入っていたら・・・持てるのか??

ハンディーマンがこの間この箱を見て「なんでこんなところにこんなものが?(笑)」と言っていました。
この箱が何に使われるのか知っている人には不思議なんでしょう。
リビングで本を入れたりして使っています。サイドテーブルにも椅子にもなります。


予備知識がないというのは時にはいいものですね。知らないからこそ柔軟なアイデアが出てきます。
良く”企業で新商品開発をする際、エンジニアの知識のない全く関係のない部署の社員が、技術者さえ思いも付かないようなアイデアを提案してくる”なんて話を聞きます。
違う畑の人間が別のエリアで新しい用途を見つけるなんていうのもよくあります。
そういえば、素敵なヘアサロンが、Cratfsmanのキャスター付きツールキャビネットを鏡の脇に道具入れに使っているのを見た時、「お見事!」と思ったものです。


この話は次回につづく。
[PR]
by retrojunkie | 2010-06-27 04:00 | その他の雑貨(other)
Bunny Toothpick Holder by Alessi
(GoldenBook展を見に行った後)・・・一つだけのお願いとは、やはり途中にあったリサイクル屋さんでした。
滅多に来ない場所ですが、せっかく通る道なので。

e0049603_2303558.jpg見つけたのは、Alessiの爪楊枝いれ。
Stefano Giovanniデザイン。1998年。
結構いいお値段するので(アメリカ$30、日本4000円)、定価では恐らく買わないけれど、1ドルだったら買ってもいいかな~と思いました。

e0049603_2305990.jpg丁度オードブル用のトランプ柄爪楊枝があったので、入れてみた。
[PR]
by retrojunkie | 2010-06-23 02:31 | 現行品
連想ゲーム
Blackhawks、優勝しましたね。
e0049603_106750.gifBlackhawksといえば、このマーク。
アパッチ面したキャプテンといえば、ピエール瀧。


e0049603_106351.jpgピエール瀧といえば、石野卓球。
何度見ても卓球にしか見えないマトリョーシカの鍵アクセサリー発見。
同じ会社の鍵がいくつもあって、どれが家の鍵か分からないので、つけてみた。


石野卓球といえば、テクノ。
テクノといえば、Garshon Kingsley。
キングスレイと言えば、ポップコーンも勿論だけど、エレクトリカルパレードも忘れちゃいけない。
フロリダのディズニーワールドで今月から復活だそうです。
[PR]
by retrojunkie | 2010-06-22 10:08 | 現行品
Little Golden Book--Golden Legacy
折角夏休みなので、日帰りできる場所に遠出してみました。
丁度Little Golden Bookが65周年だそうで、Golden Bookを飾った絵の展示があるというので、チェック。
ネットで下調べしてみたのですが、「こんなに遠くまで来て見る価値はない小さな博物館」とか散々なレビューを見たので、何があってもがっかりしないように(笑)心構えができていました。

そんな心構えの甲斐もあって?意外ときれいで広々とした博物館でした。
グーグルマップだと、何にもない場所にポツンとある、なんだか怪しい納屋のような建物に見えたんですが、そんなこともなく。住宅街から一本奥の道、その程度の場所でした。

e0049603_7414557.jpgまず最初に見えたのは、Charles Warnerという、ヨーロッパからの移民が、シカゴの製鉄所で働きながら、趣味で作ったというカラフルな聖堂の展示。

e0049603_74468.jpgディズニーワールドのIt's a Small Worldと何となく見ている側のウキウキ感が似ています。
とても精巧にできていて、作る工程を想像するだけでドキドキだ~
バードハウスも作っていたそうで、「(鳥から)家賃を取りたいぐらいだよ」と友達にこぼしたという逸話も。この人が椅子を作ったら、家を作ったら、どんなだろう。


Golden Bookの展示は、大人が楽しむ、原画のコーナーと、お馴染みのキャラクターと遊ぶ子供のエリアがありました。
e0049603_758766.jpgメアリーブレアの原画が2、3枚ほどありました(I Can Flyからのもの)。日本在住のいろいろな人のブログで東京現代美術館の記事を見たので、まさかここでお目見えできるとは。
Little Engine that Could!やThe Fire Engine BookやI am a Bunnyの原画も。パネルにコピーされたものが展示されていると勝手に思っていたので、嬉しい驚きです。

e0049603_7535214.jpgThe Color Kittensの壁が黒板コーナー。

この他に大きな木製電車のテーブルもあって、子供に散々付き合わされた日々が懐かしかったです。


e0049603_7591556.jpg他の展示だと、世界のポストカードとか。シャンペンで有名なMonet et Chandonのノベルティーのポストカードとか、かなりレアなお宝も。博物館なんだからお宝なんて言っちゃいけないんですが、普段からレトロなものを見ていると、感覚が狂ってしまいますね。

この近くにある湖の湖畔にあるレストランもプチリゾート気分でいいなと思ったのですが、夫と一緒の時に取っておくことにして、マックで腹ごしらえしました。
帰り道に寄った図書館で日本の絵本が揃っていたので、何冊か借りて、たったひとつのママのお願いに付き合ってもらって今日はおしまい。戦利品はまた後日(笑)

GoldenBookの展示は8月下旬まで。
火曜日は大人料金が半額、子供は無料だそうです。その他の日はクーポンをお忘れなく。
Lake County Discovery Museum
[PR]
by retrojunkie | 2010-06-17 08:15 | Baby&Kids
だしをとる
e0049603_7122969.jpgやっとまともな鰹節が削れるようになったので、だしをとりました。
それまではあーでもない、こーでもないと削っていたのですが、やっと刃の具合とかつおの硬さとかコツがつかめてきた!


e0049603_7125729.jpgこんぶを火にかけ、沸騰する前に取り出し、


e0049603_7131986.jpg鰹節を投入。
沈んだら、漉します。

この間これをやったら、ふきんがカビてしまったみたいで、だめにしてしまいました。
一応手で一生懸命水洗いしたんだけどな~


e0049603_7133886.jpg使い捨てできる衛生的なものといえば!
コーヒーフィルターですよ奥さん。
でも、普通のコーヒーフィルターだと形が崩れてぐちゃぐちゃになってしまうので、ケメックスのフィルターを使います。
濾紙のように強度のある紙なので、なかなかいい仕事してくれます。

e0049603_715485.jpg早速そうめんを食べました。最高っ!

かつおを削る音につられて、子供が集まってきてつまみ食いしたり、犬までおこぼれがないかやってくる始末。
あなた、犬ですから。
[PR]
by retrojunkie | 2010-06-16 07:16
ボランティアする
e0049603_9545138.jpgボランティアに行ってきました。写真はFeed my starving childrenのサイトから拝借。
飢餓に苦しむ子供達を救うのも勿論目的の一環ですが、全く知らない人とその場限りのチームワークというものはどんな風にしたら成り立つのか、なんていうのを試してみたくて、一人で行ってきました。本当は夫も連れて行こうと思ったんですが、甘えちゃいかんと思い・・・。
役割分担みたいなものから、全て自分で主張しないと仕事が終わらない。でも主張ばかりしているとだめだから、どこかで折り合いをつけて、譲り合って、お互いを知らないからこそ、尚更気を遣います。

6人1チームで4つの材料をそれぞれ一つの袋に詰め、計量し、封をして箱に詰めるというものなのですが。
私だけ妖しいアジア人でしたが、フォローしたりされたり、段々お互いの息が合ってくるのが分かって、このまま解散というのも名残惜しい。今度餅つきしましょうみたいなチームワークでした。
この日だけで数万人分のスープを梱包できたみたいです。良かった。

マニュアルレーバーもたまにはいいものです。

More
[PR]
by retrojunkie | 2010-06-15 09:13
アイスコーヒー
最近暑いのでホットコーヒーを淹れるのは夫がいる日くらいです。
一人のときは、夏はたっぷりミルクを入れたアイスコーヒー派です。

濃いコーヒーをドリップでもパーコレーターでもエスプレッソで淹れてもいいけれど、ガッと氷の上に注ぐと氷が解けて薄くなり、おいしくなくなってしまいます。ミルクを入れるともう更に悲惨に・・・

で、意外な発見をしたのですが、インスタントコーヒーがおいしいんです。
日本のインスタントコーヒーが手に入るなら尚良し。
ホットでインスタントコーヒーは絶対飲む気がしませんが、これがアイスだとミルクとすごくいい相性なんです。
e0049603_4162766.jpgそして、日本のインスタントコーヒーでも「違いが分かる男のネスカフェゴールドブレンド」を一押しです。
他の日本のインスタントコーヒーも試しましたが、ミルクとの相性がイマイチ。
夫がこれを見て「うわぁ~インスタントなんて飲むの?いらないよ~」と言われたので、作って一口飲ませてみました。
「甘くないフラップチーノみたいな味だから」と言うと、「うぉ~本当だ~!いいねこれ。」

そう、コーヒーの苦味があるけれど、ミルクの自然な甘さが引き出されて、砂糖の入っていないコーヒー牛乳、またはフラップチーノの砂糖抜きと言えば納得してくれるかと。

お好みの濃さに合った分量のインスタントの粉をスプーン一杯のお湯で溶かして、その上に氷を入れ、残りをミルクで埋めるだけ。いきなりミルクで溶かしてもいいですが、うまく解けないかもしれません。

日本に帰ったとき、ゴールドブレンドの詰め替えを探したのですが、近所のスーパーには瓶入りばかりで詰め替え用は売っていませんでした。ネットで買うしかないのかな。


::追記::
試してガッテンで「おいしい麦茶の淹れ方」の回で使われていた秘密の隠し味もこれでした。

キャッチフレーズは微妙ですが(笑)、なかなか侮れません。
[PR]
by retrojunkie | 2010-06-11 04:16 | 現行品
長靴
ビーサンで庭の芝刈りをすると、つま先が緑になってしまいます。
スニーカーも汚したくないものばかりだし、家庭菜園に入ると泥だらけになります。
これは絶対長靴が欲しいと思っていたんですが、ホームセンターの無難で一番安いので15ドルとか、もうちょっといい中敷だったりすると20ドル超え(しかも爺臭い・・・いや、爺さんに敵意はないんです)。
ターゲットだと小洒落ていて、泥だらけにも緑色まみれにもできなさそうな長靴ばかり。
リサイクル屋さんでもいろいろ見ていたんですが、自分のサイズにめぐり合わなかったり、使用感ありまくりだったり。

e0049603_6132078.jpgで、ついに見つけました。土砂降りの嵐の日に!!
見つけて、う~ん・・・(笑)
ぱっと見はミハエル ネグリンの世界ですが、もっと良く見ると、バラに天使とかセミヌードなヴィーナスらしき絵が。中世のハーレム、美輪サマの世界でございます。
花柄っていうのは余程のことでない限り身に着けない(=似合わない)のですが、この妖しいムードに秘密の楽園のドアでもなんでも開いてやる!ってな気にさせられます。
リバティー@ターゲットの長靴でさえラブリーすぎて躊躇していたのに、私ったらどうしたことでしょう。

まあ、これだけ大人向けな長靴ですから、私の裏庭の秘密の楽園の草刈とか家庭菜園の泥限定で履きます。しかも、前の持ち主も微妙だと思ったのか、着用感全くなし、ブランドは分からないのですが、ターゲットで見た事があったような・・・

何よりも、私にぴったりサイズで3ドルというのがもう、運命を感じますわ・・・

早速つま先が緑になっていますが、見逃してくださいませ。
[PR]
by retrojunkie | 2010-06-05 06:13 | その他の雑貨(other)