<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
KUNSTLERSCHUTZ WAGNERのネコ
チャリティーバザーに行ったのですが、毎年皆さんどんだけのものを抱えているんだって位大規模の場所なので、軽く3時間とかかかりました。
洋服のコーナーは全然見ていません。なので、あれも見たら何時間かかるんだろう。

おもちゃのコーナーもこれまたデカい。
テーブルの下にある細々したおもちゃが入った箱があったのですが、マクドナルドの景品とか、$1ショップで売られているようなおもちゃとか、ミニカーとか・・・
でもその中に只者ではないオーラを放つネコがいました。

e0049603_914211.jpgKunstlerschutz Wagnerのフロックドトイです。西ドイツ製。
日本のネットショップで7000円とか8000円とかしているので、新たな世界を見た気分です。
このネコさんは10セントでした。チロルチョコ並みのお値段です。

アザラシとライオンもかわいい・・・
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-31 09:14 | その他の雑貨(other)
最近気に入った本
e0049603_157972.jpg最近私が気に入った絵本。ジャケ借り。でも購入決定です。
これ、グラフィックがいい!
線を追うだけでなく、絵の中にいくつ●●が隠れているでしょう・・・と数えさせる楽しみがあるので、喜んでいました。
大人でも幾何学っぽいデザインが好きな人は気に入るかも。
名前が北欧(Laura Ljungkvist)っぽいので、そうなのかなと背表紙を見たら、nyに住むスウェーデン人みたいです。
サイトはこちら。ベッドリネンとか欲しいな。
follow the line


e0049603_1573388.jpgどこで手に入れたか忘れたけれど、ディックブルーナの絵本を発見。50セントとか。
中は文章が全くないのですが、もう絵がブルーナ炸裂で!
WAS IST DAS?ってカタカナで読むと「わず いすと だす?」って東北弁みたいだけど、東北弁の絵本でないのは一目瞭然で(笑)、きっと英語の響きだと"What is that?”かなと予想。結果私の予想は当たっていました。
でもこれ、オランダ語だと思ったら、ドイツ語でした。一勝一敗です。誰と勝負しているのか分かりません。
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-27 01:59 | Baby&Kids
Finel Bowl & Arabia Pitcher
e0049603_22591639.jpgキターーーーーーーーーー!

テリー伊藤牛とお野菜ボウルです。

牛君カモーン!って随分前に願かけたので、やっと出てきてくれました。ピッチャーでもこれは小さいサイズのもの。

あとはFinelのお野菜ボウルは一番大きなものだと思う。どちらもカイ・フランクのものです。
これを同時に手放すって考えられないです。
「これ、大分古いから手放して、Targetで新しいのでも買おうかね」なんて考えたのでしょうか。

嬉しくて、「そのボウルを頭に被ってDevoの歌を歌いながら店内一周しろ」と言われたらやっていたかもしれません。二つで5ドルでした。


e0049603_22585637.jpg
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-23 23:00 | Scandinavian
Iittala Ultima Thule votive candle holder by Tapio Wirkkala
e0049603_21294592.jpgタピオさんデザインのものが欲しいな~と思っていたので、呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーンじゃないですが、キャンドルホルダーです。

キャンディーディッシュにしてもいいかも。
もしかしたら以前見つけた緑の花瓶もタピオさんのUltima Thuleなのかもしれません。

そういえば、カステヘルミちゃんの人気にイッタラが注目したのか、今年から復刻するみたいですね。
復刻するとなると、ちょっと残念な気がするのは私だけなのでしょうか。
なんというか、苦労して集める楽しさが奪われてしまうような、複雑な気分になるんです。
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-19 21:29 | Scandinavian
笹野一刀彫 ふくろう
e0049603_4241725.jpg子供を送った後、家に戻る途中でやっていたガレージセールに寄りました。
車を停めたり降りたりするのが面倒なのでガレージセールはここ数年行っていないのですが、ここは例外。
おばあちゃん3人組が店番やっているのが見えたからです。
行ってみると、笹野一刀彫のふくろうを発見しました。
今のものには6代目の手描きのサインがしてあるのですが、これにはありません。
彫り方は鷹やにわとりと全く同じなので、それ以前のものなのかも。
絵付けも今のものとは多少異なって、今のように睫バチバチではないですが、それでも目ヂカラは凄い。
山形は米沢、上杉の城下町で今でも作られています。

で、『置物を持っていてもなあ』と思ったのですが、日本人位しかおたかぽっぽを知る人はいないだろうし、この辺りで日本人はいないだろうし、いてもアメリカまで来て民芸品なんて買わないだろうし(笑)
怯えたような、心配そうな目(に見えた)に見つめられると、アイフルのCMのおじさんじゃないけど、いてもたってもいられず、購入しました。

家に帰って鷹さんの隣に並べてみました。
「おしょうしな~(ありがとう)」と言っているようです。

皆さんも目撃したら救助してあげてください。
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-18 04:24 | Japanese Retro
Arabia Anemone dinner plates / お椀と茶たく
e0049603_1213278.jpgArabiaのアネモネのディナー皿を見つけました。
今持っているのは、あまり良い状態とはいえないものなので、このお皿達に選手交代させます。
ああやっと出てきてくれて良かった。

そして、最近予備のお椀が欲しいなと思っていたところ、お椀も出てきたので購入しました。
薄いので、もしかしたらプラスチックかもしれないけど、まあ普段家族に使うならいいかと思って、家に帰ってぐるぐる巻きのテープを取ると・・・「本堅地」なんて書いてあるので、多分ちゃんとした漆器なんだと思います。


e0049603_1214063.jpg抱き合わせについてきた茶たくにはシールがまだ残っていました。これに合う湯飲みがないのが宙ぶらりんな気分にさせられます。
このマークは松屋っぽいですね。60円っていつの時代でしょう。今はバーコードで在庫・売り上げを記録しているだろうから、かなり古そうです。

どれもひとつ50セント位でした。
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-14 12:16 | Scandinavian
Bright Ideas for Your Home
・・・っていう本を見つけました。
e0049603_9582834.jpgビニールに入ったまま、40年ほどの時が経ったようで、購入時も中身が見られなくて賭けだったのですが・・・
著者の名前がDalsgaardとErichsenってもろ北欧な名前なので期待大。


中身ですが。DIYで小物を作ろうというもので、ビビッドな配色が目を惹きます。
e0049603_1003331.jpgデッキチェアのページですが、カラフルでかわええ。

e0049603_1064241.jpgこれこれ、こういうインテリアを待っていました。

だけど、『こりゃ勘弁』なDIYもありまして。
e0049603_102269.jpgこんなピエロの帽子みたいなランプシェードとか。

e0049603_1022046.jpgいつでもどこでも仕事が出来る文房具入れ・・・というか、罰ゲームに近い嫌がらせ?

[PR]
by retrojunkie | 2010-05-12 10:06 | Books
The Kitchen Book
e0049603_9154755.jpgコンラン卿のThe Kitchen Bookを見つけました。
The House Bookに続いて2冊目なんですが・・・
様々なスタイルのキッチンを網羅していて、私好みのキッチンというと、写真がかなり少ないです。

イタリアの田舎にありそうなテラコッタのキッチンだとか、カントリー調だったりとか、機能重視のみのキッチンだとか・・・モダンなものはあまりなかったです。
揃えたらいいキッチン道具から、キッチンの床材、壁材などの種類の説明まで細かく網羅。


e0049603_9163871.jpgこういうキッチンの写真がもっとあったらいいのになあと思うのですが・・・その点ではThe House Bookのほうがお勧めです。まあ一ドルだったので文句は言えません。

e0049603_9212954.jpgこのページも好きです。料理しているうちに日焼けしそうだけど。



おまけの写真:
e0049603_9135487.jpgこれ、どこで料理したらいいんでしょう・・・
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-12 09:18 | Books
Air New Zealand
e0049603_13341947.jpg日本の実家から送られてきた荷物の中からでてきたこんな袋。
また、どこかの雑貨やさんで見つけた何かかな?と思ってよく見ると・・・

e0049603_13343294.jpg
エアニュージーランドのものでした。


父が出張で行ってきたらしく、私が欲しいと言っていたのを覚えていてくれたんでしょう。嬉しかったです。

e0049603_13491976.jpg外もナチュラルな再生紙でシンプルですが、中身もオーガニックを意識した中身でした。
歯磨き粉だけはコルゲートでしたが。

私はエアラインのポーチを普段ジムなどに行くときに使っているのですが、こういう風に簡素化されちゃうとちょっとがっかりでもあります。
ま、フライト後持ち帰る人もそんなにいないくらいだから、私みたいな少数派のためにアメニティーに凝るわけにはいかないんでしょう。

父は「おい、バイキングって英語じゃないのか?」というので、どうしたのかと思ったら、
最後の夜、一人で入ったレストランがバイキング形式のお店で、こっちは「ここはバイキングのレストランなのか?」って言うのに、なんだか通じないんだよな~、20ドルするって言われたから払ってきたけど、バイキングは英語じゃないのか?ありゃなんて言うんだ?って言うので、Buffetという言葉を教えたけど、もう忘れているな、多分(笑)。
お土産エピソードでした。
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-11 13:36 | 現行品
Lotteちゃん見っけ♪
最近めっきりレトロなものの収穫が減っていますが、
たま~にいい出会いがあるので足を洗えないのが悲しい事実です。
この間、マッコブの椅子らしきものを発見したので、ひっくり返すと、
同じく物色しているおじさんに「こんなところでEthan Allenの家具なんて見つからないよ」と言われました。
丁度そこに行く前、友達とのランチデートがあったので、
少しお洒落していたせいなのか分からないのですが、
後になって考えると良い様にも悪いようにも取れるこのオジサンの発言。
ま、どっちにせよ、私の目当てはEthan Allenじゃないですからっ!
でもマッコブの家具がひょっこりあるかもしれない、いやないかもしれない、だから面白いんじゃないか。

e0049603_1442087.jpgまあ、小話はこの辺にして。
ロッテちゃんのC&Sを見つけました。
ガラスだと目に見えて欠けやヒビが確認できますが、
陶器は指で弾いて割れを確認するのを忘れずに。
ロッテちゃ~ん、何度見てもゆるすぎるよ。
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-04 12:44 | Scandinavian