<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Marimekko BonBon
e0049603_0431920.jpgCrate&Barrelよりは、どちらかというと、その妹会社のCB2が好きです。
CB2の第一号店のリースが切れたとかで、今月、Lincoln Aveのお店が扉を閉じました。

この一号店、私にも思い出深いお店で・・・
シカゴに来て右も左も分からない頃、GPSもインターネットも繋がってなかったので、地図を頼りに運転していたら、偶然見つけたんです。
当時住んでいた場所の近くだったので、とても嬉しい発見だったのですが・・・

このお店、駐車場が非常に狭い!隣がトレーダージョーズだから、いつも車が停められない!
ってなわけで、ここに行くだけのために車を走らせることができずに、それっきりになっています。
North Aveのお店の駐車場は余裕がありますけどね。
CB2のアウトレットのお店では昔、マリメッコの布を破格で売られていたんですが、ああ、もっと買っておけば良かった。でも今はそのお店さえもうありません・・・

で、話題をCrate&Barrelに戻します。
クリスマス後のセールにCrate&Barrelを覗いたら、マリメッコの商品が沢山ありました。CB2はタぺストリーしかなかった記憶があるのですが、こっちはベッドリネンとか、タオルが豊富です。イッタラのガラス製品も少々ありました(全て透明、色つきはなし)。
52センチ四方の特大クッションが定価の3分の1の価格。
クッションは羽毛なので、これは買いだと思い、2つ購入。
カバーだけでも定価の4分の1!

でもこれはCrate&Barrel がMarimekkoを扱っているというより、MarimekkoがCrate&Barrelにデザインした限定柄だと思います。

デザインはErja Hirvi。BonBonって名前がついています。
これはライセンスものなのだろうか。
フィンランド本国で売られていなさそう。
バーバリーのブルーレーベルみたいな感じ?


e0049603_045392.jpgChicago Botanic GardenのWinterWonderlandという屋内の展示コーナーでは、シカゴになじみのある建築物を枝や草で作ったものがあったのですが、博物館、野球場、NavyPierやフランクロイドライトの家の他にCrate&Barrelの建物もなぜかありました。
The Land of Nodも吸収して勢いがついていますが、あまり大きくなりすぎないで欲しいのが正直な感想です。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-29 00:46 | Scandinavian
Arabia Oval plate Karelia・・・だと思う
e0049603_13374090.jpgこれも柄の名前が分からない、アラビアのお皿。
ティーセットだと柄が分かるのですが、その他のものは無地で淵のみ色が入っているので、手がかりが無いことも多々あります。
深緑なので違うかなと思いつつ、Kareliaだと予想。(う~んKareliaは茶色が入っているのでやっぱり違うかも)

::::::
smeltという魚をお安く見つけたので、揚げてみました。
これは焼いたり、煮るより揚げた方がいいみたいですね。
バジルやオレガノ、塩を少々振った小麦粉を衣にしました。
今回はイタリアン風にバルサミコ酢でいただきましたが、今度は和風にポン酢と一緒に食べるのもいいかも。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-27 13:46 | Scandinavian
ブラウンのリフ
e0049603_594266.jpgここずうっとパイレックスの更新が無かったのですが、集めたい柄と種類を決めてからはそんなに買いあさることもなくなりました。
状態のいいリフ(レフ?)だったらいくつでも欲しいのは変わりません。
茶色は今まで持っていなかったので、更に嬉しい。
しかも98セントなのも◎。

:::::
写真は、ウィスコンシンで購入したビール瓶に入った"beer bread in a bottle"というパンの素です。
ビールを入れて混ぜるだけでパンが焼けるそうなのですが、我が家、家にお酒を常備できない家でして・・・
あると飲んでしまうんです。
なかったらないで全然OKなのでアル中ではないのですが、あるとあっという間に飲んでしまう。
なので、ワインセラーなんて我が家には縁のない代物です。
この間もこのパンを作るためにビールを一本だけ購入したのですが、いつの間にか夫に飲まれ・・・
次にもう一本購入したときは、流石にそんなに必要ないよねと思いながら説明書を読むと、缶一本まるごと使えと書かれていて、気が付いたら半分以上飲んでいたり・・・
そんなわけで、やっと完成しました。
オーブンで50分から60分じっくり焼きます。
ちょっと甘くてほんのり苦くて、酵母の香りがする素朴なパンです。
レフ、ローフパンの代用になります(ただし2つ必要ですが)。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-26 05:09 | Old Pyrex
再利用
e0049603_971432.jpg以前紹介した本、Simply Green Givingの著者、Danny Seo氏がモーニングショーに出ていました。
身近にあるものを再利用しましょうというお話をしていたのですが、その中に出てきたのが、これ。

りんごが入っている入れ物なのですが、Costcoで良く見ますね。
他では見た事がないので、『さて、いくつ食べたら集まるんだ?』と思ったのですが、ある日地元のスーパーでお買い物中、従業員がりんごを大きな棚に山積みにしている場所を通りかかったのですが、ななななんと、このパッケージを開けてはりんごを棚に陳列しているではないですか。

「それくださ~~い」と言ったら、「全部もってけ!」と。
これ、こんな風に使うといいと紹介されていたんです。


e0049603_9115286.jpgオーナメントケースぅ(ドラえもん風に)

ずっと購入しなきゃと思いながら、ターゲットやContainer Storeの収納コーナーを行ったりきたりしていたのです。何しろ、フロック加工されているオーナメント、お互い擦れると剥げてきたりして困るので。


e0049603_9145855.jpgじいぃっと見ていると、


e0049603_916147.jpgこんなランプを思い出します。
もしかしたらこのランプの考案者は、梱包のプチプチか、このケースからランプをデザインしたに違いない。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-22 09:17 | DIY&handmade
Arabia Fennica serving dish
e0049603_1458097.jpgArabiaのFennicaのサービングディッシュです。
このサイズのこのタイプのお皿は確かあと2枚ほどあるのですが、Fennicaのものは持ってなかったし、家にこのシリーズがあるので、揃えました。
13.5インチX10インチ。
この右のお皿と同じサイズ。あともう一枚あるのですが、柄がどのシリーズのものなのか全く見当がつかないものもあります。昔のものだと、柄の名前が入っていないものが多くて、色だけで判断するのが難しい!

これはどっかり盛り付けるのに最適です。深さもあるので汁物もOK。お皿、C&S同様、出番が多いです。
一番出番が少ないのは、ティーポットでしょうか。すっかり観賞用になっています。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-19 14:58 | Scandinavian
Arabia Meri Bowl
手に入れたら、いつ頃手に入れたのか、誰がデザインしたかを思い出すための覚書という意味でブログやっているのに、随分前のことで、いつ手に入れたかさえ忘れてしまったものが家には転がっています。
e0049603_13182111.jpgこれもそのひとつ。
アラビアのMeriのシリアルボウル。
丁度いい大きさです。

Meriはフィンランド語で海という意味なんだそうです。
けれども、これはさわやかで元気一杯な夏の海というより、誰もいないミステリアスな冬の海をイメージしてしまいますね。
太平洋より日本海のイメージでしょうか。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-16 14:53 | Scandinavian
こ、これは!<パート2>
e0049603_13243578.jpg日本へ里帰りした去年、アメ横で見つけたお店。
これって、アメリカでお馴染みのあのお店のマーク、何から何までそのままじゃん!

友達が愛用しているロルバーンを試してみたくて、伊東屋に行くか決まってなかったし、ここで見つけたので購入したのですが・・・袋に入れてもらって複雑な心境。
アメリカンな雑貨屋さんです。

↓「こ、これは!<パート1>」もよろしく。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-14 13:24
こ、これは!
e0049603_1382750.jpgスーパーの広告をフンフン♪と眺めていたら・・・


e0049603_139178.jpgダンスクのキャセロールのブルーでした。
キャセロール、欲しいけど、私だったら絶対焦がしそうだ。だからパイレックスで十分(だと思う)。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-14 13:10
Lego Table
去年の終わりあたりから、子供達がレゴに目覚め始めました。
クリスマスにいくつかプレゼントしたのですが、どうにもパーツが散らばるので、レゴ指定のテーブルが欲しいなと思ってリサーチしました。
ビビッドな色が目を引くテーブルがあったりするのですが、中々いいお値段ではないですか。

e0049603_8485982.jpgそういえば、我が家には、子供用テーブルがあったなあ。
どれだけ古いのかわからないのですが、お絵かきも粘土も結局、コーヒーテーブルやダイニングテーブルでやってしまって、ここで作業することはなかったです。
アメリカ人がやっているブログで、これと全く同じテーブルをリメイクして、表面に黒板ペイントを塗った人がいたのですが(誰のブログだったか忘れたのでリンクも画像もないですが)、このペイント、15ドルくらいする。
チョークの粉も汚れるしなあと現実的になって、リメイクを渋っていたのですが、レゴテーブルだったらいいかも!処分しようかと思ったけど、もう一度復活させようと思います。


e0049603_8493366.jpgレゴのお店で14"x14"のグレーのタイルを2枚購入(各15ドルほど)。10"x10"の緑もありました。
料理で使うような、刃の太い万能バサミなどで簡単に切れます。フォーム付きの両面テープやボンドで貼り付けます。


e0049603_8495561.jpgレゴテーブルのできあがり。
時計職人のように黙々と作業をしてくれます。よかった。

:::::::::
今年はDIYのコーナーも充実させていきたいと思います。よろしく!
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-09 08:52 | DIY&handmade
ガレット デ ロワのフェーヴ
e0049603_4253712.jpg1月6日はキリストの誕生から12日目ということで、フランスではガレット デ ロワというケーキ(パイ)を食すそうです。
アメリカでもフランス領だったルイジアナ州ニューオーリンズではキングケーキと呼ばれて振舞われるそうです。
他にも、キリスト教徒の多い国では何かしら焼き菓子を食べるそう。
そのケーキの中に入っているのが、このフェーヴ。詳しくはwikiで。

写真は大昔に旅行したフランスで購入したパイの中に入っていました。
一人旅だったし、フランス語が話せなかったので、どこも人垣ができているパイ屋さんが不思議だったんです。
見かけはアップルパイと似たようなものなのに、なんであんなに大盛況なんでしょうと。
一切れ単位で売っているお店があったので、いただくことにしました。
中の人を見て、『お、おまけだ、ラッキー☆』くらいしか思っていなかったんです。

アメリカに帰り、引っ越したりして、中の人の行方が分からなくなってしまいました。
それから数年経って、ひょっこり出てきたので夫に見せると、「イエスキリストだね」と。
いや、ジョセフとか、他の人物とかじゃないの?と言うと、「いや違う。イエスキリストだ」ときっぱり。

ああ、ごめんなさい。
きょとんとした顔をしているので、イエス様とは露知らず、ポケットに入れたり、小銭入れに突っ込んだりしちゃってました。
随分長い間行方が分からなかったんだと夫に言うと、「イエスキリストが君を探してくれたんだよ」と。
いや、私が見つけたんだけど、キリスト教徒の感覚から言うと、そういう解釈になるのでしょうか?
そういえば、なんとなく道が開けた気が・・・(笑)

:::::
今年は、久しぶりに英語と日本語以外の言語を話す国、もしくは右も左も分からない土地に遊びに行ってみたいです。
感覚だけを頼りに、面白い発見があるような気がします。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-07 04:26 | その他の雑貨(other)