<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Childcraft 1987
私の好きなCharley Harperの絵、Child Craftって本に載っているようなので、早速探しに。
これは15冊ほどのシリーズで、ずいぶん長い間出版されているようなのですが(私が見た一番古いのは1930年代出版の白黒)、探していないときはいつもリサイクル屋さんにあるのに、探していると、ない。

しばらくあきらめることにしたら、出てきました。
15冊すべて揃っています。
こういうシリーズものって、皆さん読まないのでしょうか、読んだ形跡がまったくないんです。
新品同様で見つけたので、気に入った3冊だけ購入します。
動物の生態の本、いろいろなものの本、童話?の本。
いろいろなものの本は、インディアンの羽の意味とか、標識の意味、それはありとあらゆるものを最高2ページに凝縮してまとめてある本です。これがまた濃い!
e0049603_16125125.jpg気に入ったページはこれ。
インテリアには空間を物で埋めることでディスプレイするスタイルと、空間自体をディスプレイするという説明。
ああ、右側のページがもう新鮮で。
ネルソンのココナッツチェアーですよ。
ここに住みたいです。


e0049603_16221094.jpgおお、このミッドセンチュリーなテーブルにあるのは、ドイツのCordellaのコーヒーセットではないですか。うっとり。


e0049603_16223618.jpgで、もうひとつ気に入ったページが、垂直尾翼全員集合。
JALのこのマークはレトロですね。
普通に、当たり前のようにパンナムまであります。

e0049603_16233277.jpgこのポップな配色の挿絵もいい。表情について説明されたページ・・・だったような。


物語もいいけど、集中できる時間が短い子供には、こういうランダムにページをめくって興味のあるものだけ読むというのもいいのかも。
因みに私はそういう子供でした。いや今もそうか。

残念なことに、この本は80年代のものなので、チャーリーハーパーの挿絵は見当たらず。

でも、物語集にはモーリス センダックの だいじなとどけもの とか、アーノルド・ローベルのFrog and Toad(ふたりはともだち)、ほかに長靴下のピッピやパディントンのお話が。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-29 14:23 | Baby&Kids
Charley Harper
e0049603_23464472.jpgとても私好みなポスター発見です。
なんとなく、チャーリーハーパーに似ているなあと思ったのですが、クレジットがないんです。
1975年のChildcraftという本に載っている模様。
家に帰って調べたら、やはりこれはチャーリーハーパーのものでした。
ミニマムリアリズムというスタイルで
幾何学的なラインでありながら、どこか温かみのある動物たち。
彼は自然をこよなく愛すモダニストでした。
これととても良く似たモザイクの壁画がオハイオ州シンシナティの連邦ビルにあるそうです。


e0049603_23472429.jpg彼の絵本やカードが出ているのですが、大人向けの画集?本は、トッド・オールダムが監修。
でも200ドルちょっとするので、手が届きません。
写真はアルファベットの絵本です。
トッド・オールダムといえば、彼はファッションデザイナーだったのに、いつの間にかインテリア・家具デザイナーになっちゃって、かつてファッション誌でリメイク講座とか掲載されていたなんて誰も信じなさそうだ。

チャーリーハーパーの絵はちょっと前までOld NavyがコラボでTシャツを販売していたようです。
で、このポスターきっかけで、新たな世界へのドアが開きました。
それは後日。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-28 23:47 | Books
キャサリンホルム祭り
e0049603_7233743.jpgちょっと前にtamaさんからお誕生日プレゼントを貰いました。
もう興奮ですよ、ラベンダーのキャンドルに、それを置くアラビアのソーサーと、緑のキャサリンのSボウルと私のシグネチャーカラー(と勝手に名乗る)の紺色鍋。うひゃ~

コンポストをしているので、野菜くずとかを入れておくことが出来て、見苦しくないようにフタがついているものが欲しかったのですが、これはまさにそのためにあるといってもいいのではないでしょうか。
取っ手がなくてかえって良かったです。見栄えもいいし。

すると数日後、営業日は週に3日、時間は3時間という、やる気のないのにも程があるお店の前を偶然通ったら、営業中のサインが!
約束の時間が迫っていて、15分しか時間がなかったんだけど、中に入るといきなりキャサリンを発見。
水色の入れ子、XL、L、SのボウルとXLの緑のボウルです。

e0049603_1365168.jpg一番大きな水色に$18とあるので、『こういう場所にしちゃ高いな。でも3つセットでこの値段だったらいいか』とレジに行くと、なんと大きなボウル一つの値段ではないですか。
ちょっと考えていると、「どうします?」とレジのおばさん、私の心を見透かしているような、『絶対いらないって言わないって分かってるしぃ』と確信しているような微笑みを投げかけてくる(ように見えた)ので、購入することに。
ああいう場所でああいう額の値段は、家具ぐらいにしか払いませんよ。
いや家具っていっても、イームズの椅子だって2ドルだったし。
でも、きっとキャサリンに出会うのは滅多(絶対)になさそうだし、イーベイで買って送料入れるより断然安いし、ね。
一度に4つも出くわすのもなかなかないので、全部買っておいてよかったです。
約束の時間に間に合わないかもしれないのと、ボウルにあんなに払っちゃったっていうのと、キャサリンちゃんに一度に多数出くわしちゃったのとで心臓バクバク大変でした。


e0049603_139576.jpg緑は私がキープ。ダイニングテーブルに果物を入れておくのにいいです。
Finelはちょっとセンターピースには深すぎるかな。
水色の大群は水色王国大使のtamaさんの家に飛び発っていきました。




結果、時間には間に合いましたです。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-24 09:13 | Scandinavian
Dial an Alphabet
e0049603_1142684.jpgちょっと凝った絵本。
1ページに1アルファベットの文字で、その文字から始まる単語で完結したお話が1ページに表現されています。ダイヤルを回すと一こま分のお話が登場。

e0049603_128426.jpgこの本を送った人らしき筆跡で「メリークリスマス1968」とサインしてあります。

e0049603_1283038.jpg当時は日本で印刷されていた本が多かったんですね。これもPrinted in Japanと。
挿絵は日本人のアキヒト シラカワさん。
ポップでかわいいイラストがいい。
こんなに垢抜けた(っていうかサイケ?)配色もレトロですね。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-21 10:09 | Baby&Kids
バードハウス
e0049603_14343544.jpg我が家に引っ越してきた時から、裏庭にバードハウスがあります。
これがまた誰が作ったのか、買ったのか、集合住宅なバードハウスで、なんと12世帯が入れるようになっています。
今までスズメしか入居者をみたことがないのですが、毎年2~3世帯ほどがここに住んでいるようです。
毎年春にここを見つけてくれるテナントを発見すると、大家としてはとても嬉しくなります。
別に入居者募集しているわけでもないのに、どうやって見つけるんだろう。

同じ時期に、我が家の犬の毛が生え変わるのですが、歩くだけで毛が抜けて、
フローリングの床が毛だらけになります。
ちょっとかすろうものなら、洋服や家具にかすった印がつくこともあります。
神経質な性格とは程遠いのですが、この毛が視界にあるだけで気になって気になってしょうがない。
一日に5回掃除機をかけることもあります。
庭のデッキでブラッシングするのですが、モコモコの毛なので、風に吹かれてしまうことも。
一応買い物袋の中に毛を集めるのですが、それでも周りに散乱する毛もかなりあるのです。


e0049603_1435074.jpgで、ここ2、3年で気がついたのですが・・・
庭に飛び散ったであろう毛がブラッシングが終わるころには何故か見当たらない。
ご近所に飛んでいくほど風が強いわけでもないし・・・
家に入って観察すると、どうやらスズメがこの毛を持って帰ってくれているようです。
バードハウスにも我が家の愛犬の毛が!(笑)

e0049603_14352294.jpgそして、近所に住んでいるであろうスズメ達が騒がしくチュンチュン鳴きながら、争奪戦が始まるんです。
いやぁ、嬉しいなあ。
外で犬と格闘しながらブラッシングするのが孤独で苦痛だったのですが(大げさな)、
誰かが待っていてくれていると知ってから、ブラッシングが楽しみになりました。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-17 14:36
Three Bears
natsutynさんのところで知った、この日本製の絵本シリーズ。
これとか
こんなのを持っていたのですが、ついにメジャーなお話!!3匹のくまを見つけました。
でも、読み進めると、なんかちょっと違う。
パパクマが「私の椅子に座ったのは、誰だ~!」って怒らないし(ちょっと驚いている位?)、
最後にゴールディーロックちゃんが「きゃぁ~」って一目散に逃げていくんだけど、
私が持っている本のゴールディーロックちゃんは驚いた顔をして、かわいいのに・・・

e0049603_1318897.jpgこれはどう見ても「ちっ、ばれちまったか。あばよ!」な顔なんですけど~
うちの子も、「何でゴールディーロック、笑っているの?」なんて。
そうだよねぇ。悶々。


e0049603_13204676.jpg寝室の場面とか、もうかわいくてかわいくて。
作者もイザワさんとヒジカタさんコンビです。

母の日は朝食を近所のレストランで。
朝食を作らなくていいのは嬉しいんだけど、込み合っているレストランで待っているのがちと苦痛です。
学校で描いたカードをクラスみんなでポストに投函したようで、子供からもカードを貰ってうれしかった。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-14 13:22 | Baby&Kids
Arabia Pirtti
e0049603_1411281.jpgRuijaを見つけた場所で、少人数のパーティーに良さそうな大皿を3枚発見。
でもすでに大量に見つけたRuijaを抑えておかないとってことで、Pirttiは2枚だけ手にとって、後でもう一枚楕円の大皿を取りに行こう・・・と思ったら。
いつのまにかやって来たおばさんが持ってるじゃないの!ムキー!!!
ちょっと、それ、買う気なかったら私が絶対買うんだからっ!
でもそのおばさん、手放す気、全くないらしい。
私がお取置きしたアラビアが気になるのか、いやそれどころか、痛いくらいの視線を感じるので、そのまま精算して退散。
よって大皿は2枚です。
いいんですよ、これでも幸せです。こんなに大きいのに1ドルだったし。
がっつりとサラダを盛るのに使っています。

珍しくウラさんのデザインでない、ライヤ ウオシッキネンのものです。ウラさん以外のアラビアのデザインでは、初めてかも。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-11 14:34 | Scandinavian
そうだったらいいのにな~:Expeditを買う
マドンナのBedtime StoriesとSomething to Rememberのアルバムが大好きで、
学生時代のこととかとっても鮮明に思い出します(遠い目)。
あの当時の友達は、更に世界中に移り住んでいるわけなのですが、
写真よりもはっきりその時々の彼らのイメージがフラッシュバックされる曲が多いです。

で、Take a Bowを観る度に、この闘牛士、北村のアニキ殿にやっていただけないかといつも夢見ているのですが。妄想だけにとどめておきます。

最近、殿の出演作とかで祭り状態で、寝不足です。
あ、そうか、そういう時にメガシャキが必要なのね。

+++

かれこれ2年ほど、本棚を探しているのですが、なかなかこれというものが見つからず・・・
IKEAに行けば一発で解決しそうなんですが、組み立てるのが面倒なんです。
IKEA離婚という言葉が存在するほど、IKEA家具の組み立ては夫婦喧嘩のもとになるようです。
そもそも喧嘩も組み立ての時点で起きるのではなく、車を横付けして荷物を詰め込むあたりから
険悪になりそうなカップル多し。見ていてハラハラします。
うちは私が100%組み立て担当なので、喧嘩には至らないのですが、
あの重い部品を持ち上げ、ビスがはまらずに大きな穴を開けてしまったり、
端っこが脆くて欠けてしまったりなんてことがあるので、
プラモの組み立てはOKでもIKEAの組み立てはあまり乗り気ではないのです・・・
そんなこんなで2年のうちに本は溜まっていくばかりでした。
他の本棚に入りきらず、少しずつ処分するも、今回の里帰りで更に本は増え(殖え?)
今すぐの決断を迫られています。

ずっとExpeditの2X4が気になって、これこそ当に私が必要としている収納サイズなので
悪あがきはせずに購入しました。
やっぱりビスが一本入らずにギブアップしましたが、もういいです、本さえ入れば(笑)。
e0049603_646194.jpgこれを見る度に思い出すのがやっぱりマドンナのBedtime...収録のHuman Nature
カルロス・レオンが私の本棚に~!!


IKEAのロングセラーのExpedit、世界中で性別、年齢や職業、趣味に限定されず愛されています。
皆さんの使い道はこちらでご覧遊ばせ。
人の本棚を見せあいっこしてどうするんだっていう話ですよ。
でもここにその人の興味だとか人となりが凝縮されていると思うんです。

小学生の頃、筆箱(ソフトケース限定)の見せ合いっこしたのが私の周りで流行っていました。
インテリアデザインが好きな人だったら分かってくれると思うのですが、
あの小さな空間にその子の世界、すなわち人となりが凝縮されているんですよ。
低学年の頃なんて、滅多にクラスメートみんなのおうちに遊びに行くことなんてなかったことですしね。
サンリオの一つのキャラクターのみで統一する子もいれば、鉛筆の長さ順で並べないと気が済まない子、
消しゴムの片方のみしか使わない主義の子、いろいろいるわけで、そういう性格を垣間見るのが皆好きだったんだと思います。
ちなみに私は三菱Uniしか持たせてくれなかったので、サンリオの鉛筆が憧れでした。
そのうち、高学年になるにつれ、布ペンケースに流行が移り、
中で筆記具がゴッチャ混ぜになってから見せ合いっこブームは終わりを告げたのですが。


e0049603_6554916.jpgまあ、そんなことはさておき、我が家のExpeditはこんな感じです。平積みしていた本がすっきり納まりました。まだまだ入るぞ。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-09 14:36
Arabia Ruija
ディナー皿を手に入れてほぼ一年経ったのですが、相変わらずRuijaが揃わない・・・と前回の記事に書きました。

勝負師としては、長期戦でも戦わなければ。

で、一年ぶりにヒョコっと出てきたRuijaの大群。
e0049603_1441377.jpgああ、びっくりした。
デミタスのC&SとティーセットのC&Sとお皿・・・心臓が止まるかと思った。

e0049603_144387.jpgポットまであります。かなりデカイ。
e0049603_1452692.jpg一度にこんなに沢山出てくるとは思いませんでした。このキャセロール皿、オーブンにいれちゃってもいいのかな?ちょっと勇気がないです。

ウラさんのデザインです。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-07 07:20 | Scandinavian
Arabia Ruija Dinner plate
e0049603_1242613.jpg去年の夏4枚セットで見つけたアラビアのRuija。
それ以来、Ruijaが出てこなくて、戸棚の奥で待機しています。
もっと出てこないかな~と願いながら。


隣にいるのは、ハリネズミ。
なんちゃって北欧なのかも。まあ、この際出身地なんかどうでもいいです。

妙に足が長いし、目玉が飛び出ていて、かわいいのかかわいくないのか分からないのですが、そんなあやふやさが好きです。
爪楊枝をプスプスと刺さなくてはいけない罪悪感も無きにしも非ず。
でも刺さないとハリネズミに見えないものね。

つづく。
[PR]
by retrojunkie | 2009-05-04 12:07 | Scandinavian