<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
白山陶器 錆千筋 森正洋デザイン <大漁日記・その3>
<前回からの続き>
ふくろうさんが、ここ掘れホーホーと鳴いたのか分かりませんが、ふくろうさんの直ぐ下に発見した、シンプルでモダンな不思議な食器。
棚の奥にひっそりとふたつありました。
見たら漢字のみで白山と入っているではないですか。
e0049603_12411173.jpg当に白山陶器です。ホーホーじゃなくて「フォォォー!」って感じです(もう古い?)。
今の製品にあるブランドマークと刻印がないのでヴィンテージかと思います。
錆千筋のラインに色の濃さは違えどそっくりなのですが、復刻された食器にこの形は含まれていないので、やっぱり60年代のヴィンテージ?
それにしても何に使うのでしょう。
灰皿っぽいけど、タバコを置く凹みがないし、
剣山を入れて花器になりそうだけど、剣山が中で泳いで傷付けそう。
しかもサビが移ったら一生後悔しそうだし。
ウジウジしながらあーでもないこーでもないと使い道を考えています。

白山陶器って、和モダンというか、北欧と通じるものがありますね。
藍色の色味も私が大好きな色なので、もっとアメリカでも種類を多く売ってくれないかなと思います。

****
やっぱり気になるので、白山陶器さんに問い合わせました。
数回メールのやりとりの度、親切に回答をいただきました。
思ったとおり森正洋さんデザインで、このバックスタンプは輸出用に作られたものに入っているものだそうです。
錆千筋で、灰皿なのであろうとのこと。推定1956年あたりの作品。
私の愛しの50’sです。
会社に資料が残っていないそうで、貴重なものを拝見しました、ありがとうございましたと逆に感謝されました。こちらこそ頭が上がりません。
ここまで親切に調べてくださるなんてヒデキ感激です。

日本で今、企業のあり方を問われていますが、白山陶器は日本で希少な優良企業ですっ。
今度日本に帰ったら青山のお店を覗きたいです。

この灰皿はひとつ3ドルでも誰も買わなかったようなので、1.50ドルの処分品でした。家宝にします。

<もっと続く>
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-30 12:43 | Japanese Retro
ふくろうの壁掛け <大漁日記・その2>
e0049603_743396.jpg折角来たんだし、なにか面白いものないかな~とウロウロしていたら、ふくろうの壁掛けを発見。
2ドルだったので、即決。
ここ、本当にアンティーク屋さんなの?って位、笑っちゃう値段です。
カナダ製で、アーティストがWendy と入っています。
誰か分からないのですが、ひたすらかわええです。

最近、ずっとあったアンティーク屋さんが閉店してしまったので、ここは頑張って欲しいです。

大漁日記は更につづく。
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-29 08:46 | その他の雑貨(other)
Royal Copenhagen year mug 1976 <大漁日記・その1>
数ヶ月前にアンティーク屋さんで見つけたロイヤルコペンハーゲンのイヤーマグ。
ロイヤルコペンハーゲンといえば、あのお皿なのですが、深みにはまったら出られそうに無いので、あの世界には足を踏み入れないよう、厳重な注意を払っています。
なので、たとえマグでも、イヤーものは止めておいたほうがいいのではと判断、購入しませんでした。しかも10ドルもするんです(10ドル”も”って悩む人がコレクションしちゃいけませんね)
北欧のかわいいカフェ雑貨の本を読んでから、ますますあのマグが頭を離れない。
なので、購入を決心。
子供を預け、お財布を握り締め、いざアンティーク屋さんへ。

e0049603_12211190.jpgありましたありました。しかも20%オフですよ奥さん!
ウキウキしながら店番のおばさんにマグを渡して、お会計。
やっぱりかっこいいです。
このミッドナイトブルーが好きなんです。
アン・マリー・トロールのデザイン。

しかし、お買い物はこれだけでは済まなかった・・・

<次回に続く。>
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-27 12:21 | Scandinavian
中敷を貼る
8月に見たApartment Therapyのこの記事
ふ~んなんて見ていたのですが、先日リサイクルショップで全く同じ商品を大量に発見!
e0049603_1318417.jpg私としては、ドット柄の方が好きだったのですが、まあターゲットで買えば$5.99(ATによると)なのが$1.99だったので文句は言いません。ここはTargetからクリアランスで商品が流れてくるのでDIYerは注目なんです。

丁度衣替えの時期なので、中の物を整理するついでにDIYも。
これは下の子のシャビーなドレッサーの中敷に使うことにします。


e0049603_13192684.jpgもう、いつ購入したか覚えていないほど昔、ウォルマートの布売り場で買った、コーティングがしてあるシート。裏にはバッティングが薄くしてあります。確か1ヤードで2ドルとかそんな感じ。独身時代、使い道も無く買ったのですが、買っておいて良かった。レトロちっくですね。本当のところはレトロか現行品かわからないのですが。

e0049603_13204997.jpg4段中、2段にこれが敷いてあったのですが、更に残りの2段にこのターゲットのライナーを敷きました。裏に弱い糊がついているのでずれることも無く、快適。

ハンディーウーマンに家の修理をお願いしたついでに、このドレッサーの修理もお願いしたのです。古いので引き出しを引っ張ると本体も倒れそうになったり、引き出し自体、きちんと支えられていなかったりだったんです。
私が自分でやろうとしていた”IKEAの引き出しのようにレールをつける”方法はどう考えてもありえない方法だそうで、ド素人は変なことを思いつきでやらないほうがいいと実感しました。

新品買った方がいいよと言われ、でも木は上等なマホガニーが使われているから、ちょっくら直してみようかと言われ、彼女のワンピースのお直しと交換条件で直してもらったら、これが上出来で嬉しい限りです。

ライナーの余りはノートの表紙にリメイクしたりできそうなのですが、残りの10ヤードは食器棚にでも貼ろうかしら。
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-25 23:47 | DIY&handmade
あわてないあわてない、一休み一休み
e0049603_13323324.jpgいつも話題に乗り遅れるのですが、Sex and the Cityを観ました。今は新作DVDが一ドルで借りられて便利ですね。
テレビだと数局で再放送をやっていて、どれがどの続きなのか、順番もバラバラに観ていたので、ファンとはとても言えませんが、とりあえずやっていたら観るくらい好きでした。
この映画版、テレビ版よりかなりキワドイシーンが多くて、最初、子供と遊びながらテレビでDVDを流していたのですが、途中でポータブルDVDに切り替えて観ました。

観ていたら、コスモポリタンが飲みたくなったので、夜早速、クランベリージュースとトリプルセック、ヴォッカを混ぜた中にライムを一搾り。コスモポリタンでも色々材料の違うレシピがあるのですが、一番手軽にできそうなこれを試してみることにしました。

以前にも紹介したLibbeyのグラスです。お子ちゃま柄なのに、ハイボールにしかみえないこの華奢なつくりは、やっぱりカクテル向きだと確信した秋の夜長です。ついつい飲みすぎにご注意を。
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-24 13:46 | Glass Collectible
万年カレンダー
e0049603_12265229.jpgいくつ万年カレンダーを持てば気が済むんだろうって感じですね。
私も呆れ気味です。
白X黒のスペーシーが丁度私が集めているものにリンクしているので放っておけなかったんですよ。

おじいちゃんが、何十年も何も考えずに購入したものが、ごちゃまぜになっているセールで。書斎なんでしょうか、デスクの上の棚にありました。
上のボタンをポチッと押すと、パタパタの日付が変わります。
下のダイヤルは手動でクルクルと回して月を設定。
香港製ってことは80年代のものなのかな。
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-21 12:28 | Space Age
ハロウィンリース
ターゲットのどーも君にびっくりしていたら、目に入ったハロウィンアイテム。
年々ここのホームデコレーションのコーナーは ぱわわっぷ しています。
今回目に入ったのは、ゴスっぽい黒いバラの造花とツタで飾られたリース。
ちょっと美川さんや美輪さんのような妖しい色気を放っています。
もう一つはカラスの羽を思わせる、黒い艶やかな羽のみが飾ってあるゴージャスかつシンプルなリース。
こっちを購入しようと思ったのですが、$19.99の定価にちょっと悩む。しかも最後の二つ。
レジまで持っていって、『ハロウィンの後のセールで買おう。そしてもしなかったら諦めよう』と決心。購入しませんでした。

なので自作してみます。
e0049603_224862.jpgクラフトショップのクーポンが余っているので、一センチほどの厚さのボード(発泡スチロールの表面に紙が張ってある、プレゼン用だと思うのですが)と、2ミリほどの厚さのウレタンフォームのオレンジと黒。裏に両面テープがついているのだと楽ですが、なかったら両面テープ(スクラップブッキングの両面テープはカットしてあるのでそれも便利)で代用。


e0049603_2364028.jpgその辺にあるコップなどで2種類もしくは3種類の円をそれぞれ描いて切り抜きます。
裏に両面テープを必要な場所のみ張ります。
リースになる部分は、ゴミ箱の淵とか、ミキシングボウルのLLサイズを利用して。それに数インチ±します。淵の厚さは2インチ。
リースのスタンダードサイズをお店で確認すると、後で小さすぎたりということが防げます。
これに先ほどのフォームをペタペタと張ります。
子供の年齢に合わせて一緒に作ることも可能ですね。
ただ、最終的に大人が色や大きさのバランスを微調整しなくてはいけませんが・・・



元ネタは、マーサ・スチュワートの今はなき妹雑誌・Blueprintで、去年の冬にテキスタイルデザイナーのAmy Butlerの自宅訪問の記事にあったリースです。
フレンチドアにかかっていた白い大小の丸が連なったリースがシンプルで斬新でした。購入すると60ドルほどするので、そこからアイデアを拝借することにしました。

e0049603_239953.jpgこれが子供とあーだこーだ言いながら仕上げたリース。
更に右下の丸達をバランスよく移動させることにします。

羽のリース、3日後に見に行ったのですが、もう売り切れでした(涙)
これも運です。
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-20 02:42 | DIY&handmade
Peeps hot chocolate
zakka lifeっていうお気に入りのブログがあります。
アメリカ人のブログなのですが、日本の雑貨やクラフトが好きなよう。
マーサやスクラップブッキングが日本でもてはやされるように、アメリカでも日本のムック本や雑誌が人気です。彼女もそんなところからインスパイアされつつ、自分のクラフトアイデアを紹介しています。
今年の初め、彼女のこれを見て私も真似してみたくなりました。
Peepsという、かたどられたマシュマロを作っている会社があるんですが、そこのハロウィーンバージョンを購入。チョコレート味の黒猫もありましたが、今回はJack-o lanernとおばけバージョンで。
e0049603_0382013.jpgホットチョコレートに入れると美味。
このマシュマロは正直言っておいしくないのですが(失礼)、季節のものって感じで皆さん購入しているのでしょうか。



彼女のブログの最新記事がリーメントの食玩です。こんなのが出ているんですね。私も欲しい!zakka life
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-17 00:51 | DIY&handmade
Denby C&S Studio
ガラス以外のものに手をつけ始めた頃、ひとつ心に決めていた自分自身の約束がありました。
それは「イギリス物には手を出さない」でした。
だってイギリス物に手を出したらそれこそ食器類のコレクションの収拾が付かなくなりそうだったからです。

e0049603_6322815.jpgでもよりによってイギリス製の渋いC&Sを見つけてしまいました。
Denbyという、1920年から去年あたりまで生産されていた会社で、レトロで素朴なデザインが人気です。アラビアに通じる素朴さからか、手を出してしまいました。
ああ、これからどんどん増えていくんだろうな。

これはStudioという柄で、恐らく70年代のデザイン。
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-16 06:30 | その他の雑貨(other)
Bennington Pottery Mug
e0049603_14452649.jpgBennington Potteryのマグ。
以前この会社のクリーマー(ピッチャー?)を見つけたのですが、淡い水色Tealっていうんでしょうか、このマグもなかなか素朴で好きです。
因みに底は平らで安定しています。
指を入れる穴は、アルファベットのBのようで、会社の頭文字を意図しているのかしていないのか、気になります。Triggerという名前が付いていることから、引き金を意識したのだと思うのですが。
前回紹介した犬顔の王様と同じガレージセールで購入。
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-15 15:05 | その他の雑貨(other)