<   2008年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Pyrex Friendship bird? plate
家族でベトナム街で腹ごしらえした後、家路に急ぐ途中・・・

なんだか見たことのある景色。
「ここを右に曲がって!」
そこにあったのが、ヒップスターなお兄ちゃんと一騎打ちした(してないって)お店
ちょっと寄ってみると、今回はメトロセクシャルなお兄さんではなく、ストリートファッション特集に出てきそうな女子数名がお買い物。
こういうところで彼女達みたいな人を見かけると、何を買うんだろうって興味津々です。

e0049603_13512520.jpg食器関連の棚に行くと、隅の奥のほうに目を引く色が。
もう頭の中が一面お花畑になってしまうようなこのお皿。
パイレックスです。
フレンドシップバードの柄の中のお花とそっくりなので、フレンドシップバードなんでしょう(断言)。
ディナー皿でも大きい10.5インチもします。
C&Sがあったらいいなぁ。90セント。

同じ棚のそのまた奥にはFlamewareのティーポットが。
持ち手のついてない、新品の状態だったのですが、うちにあるものは本体がいい状態ではなかったので、スペアにと購入。2ドル。
お供にくっついてきた上の子が不満そうなので、ヴィンテージの絵本を購入。多分70セント(読解不可能の手書き値札)。

で、レジで払おうとしたら、2ドル30セントとかそんな感じだったんで、何かが半額だったんでしょう。レシートが見つからないのであまり深く考えないことにします。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-30 13:54 | Old Pyrex
Finelのボウル Kaj Franck
随分前なのですが、カイ・フランクデザインのキノコのボウルとハート柄のボウルを同時に見つけたことがあったんです。
その時は、裏にマーキングがないし、なんちゃってなのかなと思い、素通り。
家に帰って調べたら、やっぱり本物と知って後日戻ったけど既に遅し。
悔し涙と悔し鼻水で枕を濡らしたのでした。

女神の前髪を掴み損ねたら、そんじゃそこらじゃ女神様は戻ってこないようで、すっかり忘れること待つこと数ヶ月。

家族皆で出かけた初めて運転するエリアで、GPSを頼りに最寄のパンケーキハウスを発見。
腹ごしらえして大通りに出たら見つかったリサイクル屋さんに入ったら、ありました。
e0049603_1181147.jpgカイ・フランクのキノコですよ。キノコ~。
北欧物に詳しい、コレクターのおじさんに訊くと、裏のマーキングは消えてしまうことが多いんだそうです。
日本のショップだとしっかりFinelって入っているから、そういうものだと思っていたのですが、違うんですね。
日本のショップってそれにしてもヴィンテージなのに状態の凄くいいものを見つけるのが上手ですね。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-29 01:21 | Scandinavian
Upsala Ekebyのc&s<NG編>
学校に上の子を送っていくと、なななななんと2ブロック先でエステートセールが!
素通りするにもできなくて、吸い込まれるように入ってみました。
絵本に出てきそうなお家に住んでいたおばあちゃんは、ラブリーカントリー系がお好みのようです。
e0049603_1652314.jpgなんかないかな~と見回すと、キッチンにウプサラエケビーのソーサーが。
最初小皿と思っていたのですが、地下室に行ってふと手元を見ると、ソーサーではないですか。
カップがありますようにありますように!と祈りながらキッチンに戻ると、戸棚の一番上にありました。この辺で、下の子を片手で抱いているのに限界があったので、ざっと状態を見て、お会計をして終了。一ドルでした。

が!

家に帰ってキッチンのカウンターにカップを置くと、鈍い音が。
ソーサーは「チンッ」という音がするのに、カップは「ゴッ」。
よ~くよ~く見てみると、貫入と思っていたものが、実はヒビでした。
水をいれると漏れてきます。

流石にこれだけは修復できません。
ゴミ箱に捨てるしか・・・ないんですよね。値段の問題ではなく、ちょっと心が痛みます。
ガラスだったら状態を確認するのに慣れていても、陶器になると事情が違ってくるので、まだまだ見る目を鍛えないとです。NG編でした。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-26 16:08 | Scandinavian
キャサリンホルムのS&P
e0049603_10473218.jpg子供が学校で、まとまった時間ができたので、ちょいと教会バザーにドライブ。
欲しいものがないなあなんて思って、でも折角来たんだしとウダウダしていたら目に入ったのが写真のキャサリンホルムのS&P。
S&Pも、三角柱のものがありますが、これはハーブやペッパーなどのスパイスラックの一部です。

本体と蓋の上を、紙製の梱包用テープがばっちり覆っていて、しかも長年放置されたため、乾燥で紙の部分はそう簡単に剥がれなさそう。粘着部分は言うまでも無くカピカピになっています。
相当前にバザーに寄付されたまま、毎年誰にも買ってもらえずにこんな姿になってしまったに違いない。
サラ金会社のCMのチワワではないですが、なんだか可哀想になってきて・・・
しかも、血眼で押すな押すなの教会バザーとは裏腹に、この教会はレジのボランティアのおばあちゃんが暇そうだったので、少しでも教会の助けになればと思い、しかもS&Pセットで一ドルだったので購入。

これが茨の長い道の入り口になるとは知らずに・・・

家に帰って、これをどうやって剥がそうかと考え、ナイフだと傷をつけそうだし、GooGone(揮発性の剥離剤)だと表面を傷めそうだし、どうしたらいいものやらと考えました。

まずクレジットカードのようなカードで削り、ビタミンが入っているプラスチックのシート(押し出して服用するあれですね)で押し出し、数時間で剥がす事に成功。
今度は粘着部分をどう取るか。
まず粘着質を取り戻さないと落とすことが近道なのではと思い、お湯に漬けたりしました。
値札をはがすにはオリーブオイルがいいということを思い出し、オリーブオイルに漬けること半日。
ペーパータオルで根気良くこすること更に数時間。木の部分はXactoナイフで紙の部分を持ち上げるように除去。
TVを観ている時も、待っている時間も暇さえ見つければペーパータオルで擦っていました。
で、写真はまだ完全な状態ではないですが、ここまで取れたということで。
はっきりいって疲れました。

こういうものを救済する機会が今後あったらするかと聞かれたら・・・
当分はごめんなさいです。

せめて粘着力の弱いマスキングテープにして欲しかった。
これは木の部分を油に漬けてしまったので、ディスプレイにします。

::::::
子供の学校が始まってから、やっとまとまった時間ができたので、壁を修理したり、ペンキを塗ったり、忙しいです。作業場で気がつくと朝の4時だったなんてことも。
新しいことを始めようと太極拳も習い始めました。
アジア人は私だけなので、おじいちゃん先生(アメリカ人)に異様に気に入られています。
パンチが様にならないボクササイズよりも、立ちくらみが激しくて断念したヨガよりも体に合っているような気がします。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-24 10:48 | Scandinavian
ミースの家が浸水
今月、雨でシカゴ近郊はかなりのエリアが浸水しましたが、ミース・ファン・デル・ローエデザインの家も浸水したそうです。
Planoにあるファーンズワース邸は宙に浮いているようなデザインですが、それでも家の中に水が入り込み、家の様子を見にボートを使って行ったそうです。
今はもう水は退いたようですが、ダメージがかなりのものらしいそう。
異常気象の一言で片付けられないところまできているような気がします。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-23 12:51
レトロなパターン
最近、ヴィンテージの服を見かけないなあって思っていたんです。
私をヴィンテージ服の世界に誘ったお店も、閉店、もしくは路線変更ばかり。
そりゃあ10年も前だもの、当時のヴィンテージ服から更に生き残っている服は数少ないでしょう。
リサイクル屋さんでも、『お?』と思うと、現行品だったり。リバイバルですものね。
e0049603_127815.jpg自分で作るしかないんだろうなと思って、ちょっと前に手に入れたパターン。
パッケージの女の子がもうかわいくてかわいくて。
バービーの服みたいですが、実際に人間が着用できるパターンです。
どこに着て行くのか分からないけどこういうパターンは今でも見つからないので、とりあえず持っておこうと。10セントとかそんな感じでした。

e0049603_1292777.jpg先日ちょっと時間が出来たので、どんなものか作ってみることにしました。左側のピンクの服です。
スモックのようになっていて、首周りはリボンで締めるタイプ・・・だったような。
昔のパターンは小さめだし、しかもこれらのパターンは全てジュニア用。
少し余裕を持たせて作ったら・・・
こんな風にツイッギーやブリジット・バルドーみたいなイメージでなく、私が着ると、「画家」みたいに見えます。ベレー帽に片手はパレット、もう片手は筆を持っている、あんな感じです。
白無地で作ったらクリスマスの聖歌隊になれそうです。

写真と全然違うじゃん!(怒)


:::::

巷はハロウィーンムードですが、先日ハロウィーンのコーナーを見たら、懐かしいヴィンテージの服が何点か。そうか、普通の人が見たらもうこれはハロウィーンのコスチュームなんだ。
知らずにコスプレしてました。今のうちにヴィンテージの服を観賞しておきます。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-23 12:18 | その他の雑貨(other)
marimekko PÄÄRYNÄ風のキャ二スター
e0049603_12344250.jpgこれを見たとき、マリメッコのPÄÄRYNÄ を連想したのですが、どこを見てもマーキングが見当たらない。シールだったんでしょうか。
別にマリメッコでなくても十分かわいいので、購入。
梨を入れたら5個は軽く入るほどの大きさでした。
5ドルでした。アルミニウム製なので軽いです。
マリメッコだったらいいのにな~そうだったらいいのにな~♪


e0049603_12412529.gif←これが本家本元PÄÄRYNÄちゃん。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-20 12:48 | Scandinavian
Three Little Kittens
e0049603_14475193.jpgいつ、どこで購入したかすっかり覚えていない・・・多分教会のバザーだったような。
ぬいぐるみがかわいいなと思って、(ちょっとなめ猫みたい)購入。
Natsutyさんのブログで凸版印刷のものであると知って、見てみると、これも凸版印刷でした。
韻を踏むリズムが軽快な昔からのお話です。

e0049603_14515142.jpg
小物とか、表情豊かな人形とか、もうかわいくて。
3匹の子猫が手袋をなくしてしまうお話なのです。
・・・が、子供に読み聞かせをしていてページをめくると・・・

e0049603_14524181.jpgケーキを食べて手袋を汚してしまう子猫がおしおきされています。
"What! Soiled your mittens? You naughty kittens"
Then they began to say "Meow, meow, meow "(「何?手袋を汚したって?なんて悪い子なの」 子猫たちは「ニャーニャーニャー」と鳴きました)

幼児虐待とか騒がれる前の時代とは分かっていても、ドキッとします。
手袋をはめたままケーキを食べさせたママ猫が悪いと心の中で突っ込みつつ、話はハッピーエンドに。

昔の絵本は好きなのですが、タバコや葉巻が出てきたり、今じゃ差別と言われてしまうような言葉が普通に使われていたり。
今は自分のために印をつけて思わず読まないようにしていますが、子供が一人で読めるようになったら・・・隠したほうがいいのか、見せつつ「いけない言葉(事)なのよ」と教えるか(と言われたところで使いたくなってしまうのが子供なのだけど)、それが問題だ。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-17 15:03 | Japanese Retro
Finelの片手鍋
e0049603_2353868.jpg茶色のFinelの片手鍋発見。
持ち手の部分が妙に新しいのと、白木なのを見ると、修理された持ち手なのでしょう。
でも持ち手がオリジナルでも、ボロボロで使いようがないものよりはいいかと思い、鍋自体はエナメルの剥げがないので購入に至りました。
こうやってどんどん食洗機にかけられないものが増えていきます。困ったものです。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-15 02:36 | Scandinavian
雨が多く降ってるな~なんてのんびりしていたら、やってきたハンディーマンのおじさんに「おお、ここは泳げるね」なんて言うから、『んな大げさな』と思って裏庭を見たら、
e0049603_1584623.jpg大きな池が。
確かに『池に金魚とか水草があったらいいなぁ』なんて思ってはいましたが、これはひどい。

e0049603_1522337.jpg
しかも、家庭菜園も水に浸かってしまってます。来年広げる家庭菜園の建設予定地(って大げさなものじゃないですが)も、浸水。
コンポストがそこにあったのに~
5年無農薬で頑張ったのに~

歩いていったら膝まで浸かりました。

いよいよ水が家の10m側まで迫ってきたので、市の災害対策課に電話しました。
すると「係りの者に言付けます」と。
月曜日の9時に出勤する係りの人に伝えられても遅すぎるんですがと言うと、
「いえ、今週末は24時間体制で勤務しております」と。
「失礼なことを言うつもりは全くないんですが・・・」と私。
「いいえ、どうぞ」と係りのおじさん。
「こんなに何軒もの家の庭に水が溜まっているのに、その人達は今、24時間体制でどこで何をしているんですか?」と。
「それはごもっともな意見で(笑)」とおじさん。

何とかしてもらえないかと、市のご意見番のお役人にも相談。
電話に出た途端、電話口でいきなり怒鳴られるから怒鳴らないでくれてありがとうと感謝されました。(今日だけで40人の市民に怒鳴られたそうです。)
すると不思議なことに、1時間もしないうちに水があれよあれよと引いていく・・・
お役人パワー、恐るべし。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-14 15:24