<   2008年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
Lufthansaのフォーク
イチゴの苗を去年植え、それが再び今年も二株ほど生えてきました。
今年も二株追加・・・
なのに、結局採れたイチゴはたったの4つ。
ミニトマトはもっと収穫できそうなんですが、イチゴ、4株で4粒とは悲しすぎです。

ボンヌママンばかり食べていたせいで、他のイチゴジャムが家族には不評。
しかもボンヌママンは去年から値段が上がり続け・・・
タイミング良くスーパーでイチゴがとってもとっても安かったので8パックほど購入しました。
e0049603_9192938.jpg半分はヘタを取り冷凍、もう半分はジャムにしました。
ペクチンが入っていないので、市販のようにトロトロしていませんが、満足な出来です。
家族も家中がイチゴの香りで大騒ぎ。好評でした。
早速ワッフルに乗せてみました。


e0049603_9213828.jpgLufthansaのフォークは、先割れスプーンが頑張ってフォークになろうとしている途中みたいな形が面白い。Heppというドイツの会社が70年代から80年代にルフトハンザ用に作っていたもの。

シンプルなカトラリーを探していたら、ワンセット6ピース50ドルとか、ウェディングレジストリーでもなければ購入しそうにないものばかり。
探して探して行き着いたのはエアラインアイテムだったとは偶然というか、運命というか・・・。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-29 09:26 | その他の雑貨(other)
Tangle by Richard X. Zawitz
子供がいるので、我が家のリビングはよく言えばシンプル、悪く言えば寂しいです。
子供が怪我をしないように安全対策をする代わりに、ケガのものになる物をなるべく排除した結果です(コンセントの穴は安全対策していますが)。

コーヒーテーブルの上に、何か欲しい。
でも、雑誌やテレビにあるような、雑誌や写真集、画集をセンス良く積み上げると、遊ばれて破かれたりします。
なのでコーヒーテーブルの上は何もなし。
床がフローリングなので割れるものもだめ、植物もだめ、何を置けばいいのか。

e0049603_0223191.jpg何も分からずに手に入れた、この変テコなもの。
Tangleって言います。
Richard X. Zawitzって人が82年に考案したそうです。
惹き付けられる様な不思議な感覚。
家に帰って調べると、この人、保守的なペンシルベニアの田舎町出身で、ハワイ大学でファインアートを専攻、副専攻でアジア哲学とアジア絵画史を勉強し、その後京都に住んで日本の伝統的な木彫と石彫を習得、更なる修行?を求めてネパールを訪れたとある。
この作品も、元はチベットのinfinite knotからインスパイアされたものだそう。


なるほどっ!
これで私の中の「放っておけない何か」が分かりました。


さて、このTangleですが、現行品で大きいサイズでは、レインボーとクロームしかないようです。
レインボー、確かにおもちゃ屋さんで見たことがある。
サイズが大きいと、スカルプチュアみたいで楽しい。
そして、子供がいじっても大丈夫、大人が見ても楽しめる、落としても割れない、冒頭の問題を一度に解決してくれた傑作です。
e0049603_0235965.jpg触っちゃだめ!でなく、ゲストも子供もいじって、他の人が作った”その場の偶然”を鑑賞する。
アメリカではconversation pieceという、「話題になるきっかけになる何か」と意図的に置くことがあるのですが、これもそれにぴったり。
MoMAストアでクロームのミニチュアサイズが購入可能です。
透明があったらいいのになと個人的に思います。

テレフォンショッピングみたいな記事になってしまいました。
七福神財布もポケットカメラも付いてきません。アフィリもやってません。

彼のサイト、プロフィールの詳細はこちら
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-28 00:27 | Space Age
桑の実
e0049603_5195193.jpg家には桑の木があります。
誰かが植えていったのか、勝手に生えてきたのか、毎年沢山の実をつけます。
ここ数年実を摘むのが習慣になってきました。
今年は上の子が去年のことを覚えていたらしく、実がなる前から毎日木を見上げていました。



e0049603_5202832.jpg毎日ボウル一杯に桑の実が採れるのですが、おやつ代わりに食べられてしまい、ジャムになる出番がなさそうです。

お隣さんにも枝がはみ出ていて、そこにも沢山の実をつけているので、早速報告しに行きました。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-27 05:20
I want to read by Aliki
e0049603_0252610.jpgかわいい絵本発見!
1965年の初版。
もう一ページ一ページが大好きです。
このAlikiさんが描いた本、全部欲しい!って位好きになりました。

e0049603_0342512.jpg
字が読めるようになると、もっと色いろな事が分かって楽しいよ!って本です。
子供が楽しめるのは勿論ですが、大人も読んで楽しめないと、読み聞かせの意味がない。

多分この本は絶版だと思うのですが、オンラインショップで画集並みの値段がついていました。
これは、エステートセールのすぐ側でやっていたガレージセールで購入。なので一ドル。
エステートセールの日に合わせたのか、偶然だったのか分かりませんが、
このガレージセールの主、中々商売上手です。
肝心なエステートセールですが、ハズレでした。でもこれが手に入ったから十分満足です。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-26 00:39 | Baby&Kids
おいしくなあれ、おいしくなあれ♪
先月、青梅を買いました。
ビー球より小さいのですが、梅酒を作ってみようと思って。

3瓶ほど漬けたのですが、気になって気になって、一年どころか一ヶ月も待てない~!
ようやくその存在が気にならなくなって・・・そうか、あれから一ヶ月か。もう味見してもいい頃かな♪

e0049603_525098.jpgトロトロに甘い梅酒ができていました。
母は「一年寝かすともっとまろやかになるよ」っていうけど、寝かす必要があるのだろうか?って位、私にはokな味なんだな(ただの飲兵衛なのかもしれません)。

梅は小さすぎてチョーヤのようにおいしくならなかったですが、お酒自体は、チョーヤに負けませんっ(自画自賛)。

氷を入れてチビチビやってます。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-24 05:00 | DIY&handmade
Charles Eames Stamps
この日をどんなに待ちわびていたか。
去年の冬、このニュースを聞いてからワクワクしていました。
ついに今月発売のチャールズ・イームズ 生誕100年記念切手です。

e0049603_333853.jpgイサム・ノグチ切手以来の興奮ぶりでございます。
ファンの方は郵便局にダッシュ・・・今日は日曜日でした。
オンラインでも注文できます。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-23 03:33 | 現行品
ソーイングボックス<2>
natsutynさんのブログで日本製のソーイングバスケットをみてからときめいてしまったのだけど、こういうのって「どこに売ってたの~?買いに行く~!」って手に入るようなものではないのがヴィンテージの醍醐味でもあったり、フラストレーションでもあったりするのです。

e0049603_23204819.jpgしかし私にもその日がやってきました。
ちょっと日焼けで色が褪せている箇所があるけど、ほどけていたりしていないのでOK。
ピンクX紫なんて女の子カラー炸裂でちょっと戸惑うのですが、作業場は私の好きなものが雑多にあるのでインテリアとか配色は気にしません。
12歳の女の子が大事に持っている感じ?誰もが12歳に戻れる感じ?(笑)
蓋の裏一面がピンクッションになっています。
これを持ってどこかに行きたい気分。
日本製。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-20 23:31 | Japanese Retro
マイレトロな裁縫箱
私が初めて手にした裁縫箱は小学校5年生。
2年生でピアニカ、3年生でそろばん、4年生で縦笛(3年生だったかな?)5年生で裁縫箱、6年生でアルトリコーダーだったような気がします。
新しいものを手にするたびに、大人になったような気がしました。
私の裁縫箱は、手まりか和凧柄の二つから選べるようになっていたのですが、
はっきりいって「ダサすぎて選べらんないよっ!(怒)」って思っていました。
苦し紛れに手まりを選んだんです。
2年後、弟が家庭科で裁縫箱を持つようになって、
彼の裁縫箱が「うちのタマ知りませんか?」柄だったのに非常に憤慨したのを今でも鮮明に覚えています。ベースの色はジェダイでした。やりどころのない怒りでした(やることがとってもお子様です。子供だったんだけど)。

e0049603_10533476.jpg5年2組って書いてあります。父親の直筆です。
中のお針箱は、当時爆発的に流行ったサントリーのCMにも使われたペンギンのなんちゃってバージョン。

e0049603_105359100.jpg聖子ちゃんのSweetMemoryがバックに流れるコマーシャルを今でも覚えてます。

うちのタマも大好きだったけど、今持つならこれがレトロっぽくてジャパーン!って感じでいいのかも。
母親が20年もののアイロン(スチームなし)を使っているのを見て「もっと軽いスチームアイロンに買い替えなよ~」なんて物持ちのよさをからかっていた高校時代の私でしたが、そろそろ人のことを笑えないようになってきました。
皆さんの裁縫箱はどんな柄でしたか?
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-19 10:56 | Japanese Retro
Stavanger 子供用プレート
e0049603_3355081.jpg絵柄が楽しい子供用プレート。
Figgjoに買収されてしまったStavanger社のものです。
一つ一つの絵が見てて楽しいフィンランド製。

直径20センチを少し超える大きめのお皿なので、なにを乗せようか考えたのですが、マカロニチーズしか思いつかず。
Kraftを代表するマカロニチーズ、アメリカに来たばかりの頃、全然美味しくないと思ってました。
チビッ子のお気に入りメニューと聞いて、びっくりした記憶が。
それとマヨネーズ!
キューピーで育った私には、アメリカのどのマヨネーズも美味しく感じることができず・・・
今では、何がそんなに不味いと感じたのかさえ覚えていません。よってマカロニチーズも「まあ、いいんじゃん」というレベルにまで。完全に麻痺してますね(笑)。

相変わらず食べられないのは、缶入りのラビオリです。
ルートビアーもDr.PepperもTwizzlerも苦手なカテゴリーに入ります。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-18 03:37 | Scandinavian
Juncus ”Yellow Line” Corkscrew
e0049603_9185344.jpgちょっと前にChicago Botanical Gardenの盆栽市で売っていた豆盆栽のひとつ。
葉っぱが面白いなあと思って、しかも値段も3ドルとプチプライスで、人気でした。みんなの手元を見ると、必ずこれが握り締められていたのがおかしかったです。
コルクスクリュー・ラッシュともいうそうで、水辺に生える植物なので、常に土が湿っていないといけないそうです。盆栽向きではない?

写真は2週間ほど前のものですが、今はもっと成長しています。
岡本太郎の絵を連想させられます。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-16 09:32 | 現行品