<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Vintage Jigsaw Puzzle 2
今までの記事数を見たら、300を超えていました。
ってことはそれだけのレトロなものが家にあるってことなんですね。
自分でも驚きです。でもレトロ収集の勢いは衰えることはなさそうです。

昨日の続きのパート2です。
同じお宅で購入したパズル。
このお部屋、男の子のお部屋なんですが、男の子じゃない私でも羨ましくなるほど素敵だったんです。
壁紙が当時のレトロな乗り物柄でした。
珍しくこのエステートセールでは各部屋に一人はスタッフがいるので、カメラを向けることもできず・・・

これはイギリス製のパズル。
アリスのティーパーティーです。
e0049603_14343732.jpg
ルイス・キャロルの挿絵のようなパズルだったら多分手に取らなかったでしょう。
これはもう見て「うきゃ~♪」って言うしかなかったです。
アリスなんてアメリカンバービーのようなグラマーさだし。
逆毛にカチューシャなんかしてなかったでしょっ。
どちらかというと動物に目がいってしまいます。

そういえば小学生の頃、図書館で借りる本といえば、ビジュアル的に目を引く表紙の本でした。
長新太のおしゃべりなたまごやきを代表とするおおさまシリーズとかしか読まなかったです・・・というか、読めませんでした。

ところでこのパズル、Alan Macdonaldていう人のデザインだそうですが、インターネットで調べても出てきません。
イーベイにもない。
非常に残念です。
イギリス人で絵本を出している人がいますが、画風が全然違うので同姓同名だと思います。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-27 14:39 | Baby&Kids
Vintage Puzzle 1
ちょっと興奮冷めやらぬ出会いがあったので、ほとぼりが冷めるまでこちらを紹介。
ジグソーパズルシリーズです。
多分60年代ごろに作られたんじゃないかと思うのですが、オランダ製。
レトロでモダンなデザインがもうたまりません。
その時代にアメリカにいなかったのに(っていうか60年代に生まれてなかったな)、
こういう絵を見ると、懐かしくなります。
勝手に想像する当時のアメリカの色彩と、自分が過ごしてきた昭和の子供時代のレトロな色彩がマッチしているんだと思います。


3種類の絵柄のパズルが入っていて、一箱で三度おいしい仕組みに。
とってもはめやすく、丈夫なパーツで、今も状態がいいのは納得。
e0049603_15382820.jpg

エステートセールでしたが、とっても安くゲット。
パズルって全てのピースが揃っているか確認できないので誰も買う人がいないんですよね。
でも、このお宅はきちんとしている人なのか、全てのパーツが揃っていました。
意外といい加減そうに見えて、結構子供の玩具をしっかり全ピース保存しているアメリカ人が多くて感心します。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-26 15:38 | Baby&Kids
ふくろう繁殖中・・・
リアルすぎるふくろうはちょっと・・・なんですが、かわいいふくろうだったら最近好きになりました。
e0049603_12573046.jpg
かわいいなと思って去年の春ごろ買ったのは写真の左の絵。
誰かのサインと番号が入っているんですが、誰のものか判別できず。
この絵が全ての始まりだったのかもしれません。
今でも誰の絵なのか気になります。教会バザーだったのでコイン一つで買いました。
そして最近手に入れたのは右のオルゴール。
ふくろうってもっと怖い目じゃないですか?
子犬のような目をしちゃイケマセン。
家に帰ってよく見たら、81年の日本製。
OTAGIRIって書いてあります。
そんなに最近まで日本で作っていたんですね。

ふくろうグッズ繁殖中です。ふくろうって繁殖力が強いんでしょうか。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-25 12:54 | その他の雑貨(other)
AntheorのC&S
初めて行ってみたアンティークショップ。
ひとつは、シャビーシックなお店で、オーナーが女性。
お店の奥からやすりの音が絶え間なく聞こえてきて、目の保養になる家具ばかり。
次はありとあらゆる人形が売られているお店。
復刻版のアメリカンブライスも見せてくれました。

最後に入ったお店、オーナーが中年男性で、なんだか愛想が悪い・・・
いや、意地悪とかじゃなくて、いろいろ話しかけずにそうっとしておいてくれる人なんだろうと勝手に判断。
冬の木漏れ日が燦燦と注がれる明るい店内には、オペラが。
アンティーク屋なのにオペラってあまりないです。
アンティーク屋の90%位は確実にオールディーズがかかっているので、これはちょっと新鮮。
そのオーナーはアンティークの、引き出しが沢山付いた机に肘を突いてぼんやりしています。

店内を見ると、もっとしてもいいアイテムが意外にもお手ごろ価格だったり、
お手ごろだろうと思ってみると意外にも高かったり。
でもかなりのものが良心的な値段設定。
アンティーク屋の埃っぽさとか、カビ臭さとかなくて、清潔感のあるお店でした。
オーナーに聞くと、期間限定で開けたお店だそうで、今月いっぱい開店しているとのこと。

そこで見つけたのがこのC&S。Antheor、アンソワ?アンテオール?って読むんでしょうか。
e0049603_12203622.jpg
ヨーロッパのメーカーでも、その国で作られているのってかなり少なくなってきています。
これは15年くらいの歴史の会社で、南フランスで作っているよう。
びっくりのスリフト価格だったので、そこにあったC&S2組と同じパターンのスープボウル2ついただくことに。
それでも更にまけてくれ、消費税はいいやと言ってくれたので、なんだか申し訳ない気分に。
閉店までにもう一度行ってみようかと思います。

このカップ、たっぷりコーヒーが入るので、目下お気に入りです。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-23 12:21 | その他の雑貨(other)
アテンション・プリーズ
私のPCのある机の上です。
赤い縁取りのトレーはUnited Airlinesのもの、グレーのものはLufthansaのもの。
e0049603_326563.jpg
機内食のコンパートメントの一部だったのでしょう、
効率よく収納できるようにスタッキングができます。
淵を作ると、それが数ミリであっても乗客の数が数百人もあれば
狭いキャビンがもっと狭くなるでしょう。
そこを考えて、淵を作らず、揺れても崩れない。
たかが機内食、されど機内食。

日本の航空会社が高騰する燃料費を少しでも節約しようと、カトラリーをリデザインしたそうです。
それでもほんの数キロしか軽くならないのに涙ぐましい努力です。
・・・っていうか、カトラリーの軽量化を図るより、席からはみ出す乗客をなんとかしろあ1じょrskdjぁせう%ぽ

これぞ機能美のなせる業。しかもスタッキングしても美しい。
私の友達の父親はプロダクトデザイナーですが、デザインするときは、
お店は勿論、倉庫に積み上げられた時の見た目も計算に入れると言っていました。
アノニマスデザインでも、そこまで気を配られたデザインを目の当たりにすると、
賞賛したくなります。

デスクの上のクリップとか名刺とか入れるのにもいいですし、
寝室にあるアクセサリーを収納するのにもいいかもしれません。
忙しくて空の旅ができない人は、おうち機内食も。
旅客機ファンはもちろん、そうでない方にもオススメです。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-23 03:36 | その他の雑貨(other)
シャドーボックスのリメイク
細々とした動物やらをディスプレイしたいなと考えていたら、見つけたこんなアイデア。プリンターズトレイを利用したアイデアです。
いいな~と思っていたら、丁度タイムリーに見つけたシャドーボックス。
e0049603_1355754.jpgもともとコレクションを飾る棚だし、プリンターズトレイより小さいので、収納できるおもちゃは少ないけれど、この寒い時期、屋内でリメイクするにはいいかなと購入。
このままでも十分いいのですが、子供部屋用にもう少し明るくしようとペイントすることにしました。スプレーのプライマー、次にスプレーの艶ありを塗ります。

e0049603_1358543.jpg色のテーマを変えることができるように、バックの模様はスクラップブック用のカードストックを利用。
スクラップブック用の両面テープを使用。同じブルー系なのでなんだかサイトのディスプレイに似ちゃいましたが。
私が行ったら、一枚60セントするカードストックが16セントに値下げされていたので、グリーン、ピンク、オレンジ系のカードストックも大量買い。気分に合わせて背景を変えようかと思っています。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-20 14:07 | DIY&handmade
スリフトに行ッタラ
・・・なんていうオヤジギャグさえ怖くない今日の私ですこんにちは。
用事の多い場所の近くにスリフトがあるので、いつも無視して通り過ぎることができないんです。
先日もそのスリフトに行ったら、iittalaがっ!
しかも49セントでした。
キャンドルホルダー=49セントみたいな単純な価格設定、大好きです。
e0049603_2382010.jpg他の北欧ガラスと群がっています。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-19 02:38 | Scandinavian
どこかで見たようなアヒル
どこかで見たことあるこのアヒル達・・・
e0049603_6431736.jpg
日本の雑貨屋さんでした。
プラスチックでできている計量カップで、入れ子になるのですが、これはなりませんでした。
80年代のAvonです。これは陶器製。テーブルスプーンから1/2ティースプーンまで計れます。
このラックもアヒルと一緒。
養鶏場のようにも見えます。
様々な種類の薬味をそれぞれのアヒルに乗せて整列させてテーブルに出すのもいいですね。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-14 06:48 | その他の雑貨(other)
懐古
私、今までリサイクルやジャンクに開眼したのはアメリカに来てからだと思い込んでいました。
まあ、時間的には大差はないのですが、高校を卒業して上京した年に開眼したんです。
東京都は言えど、23区外ののんびりした町で、天気のいい日は窓から富士山が見える場所でした。
家具などは駅前のお店でカラーボックスやパイプベッドを購入しましたが、なんだか味気ない。

そのうちCDなど保管する棚が欲しくて、市のリサイクルセンターを電話帳で見つけました。
その小ぶりのその本棚は、ちょっと角が摺れていて、今だったら放っておくのに、当時はペイントしなおすつもりで購入。500円でした。
今考えると、日本のリサイクルセンターのほうが、アメリカのスリフトショップより安いですね。
早速ハンズでステインを購入、適当にペイント。
小さなプレートが付いてあって、どこかの学校の理科室の備品だと分かりました。
それが私の最初のジャンクとの出会い。

椅子が欲しくなって、その後リサイクルセンターに行くと、色が褪せた籐の椅子が。
それも500円だったので、自転車に乗せて手で押しながら運びました。
今考えるとかなり無謀です(笑)。
エメラルドグリーンのスプレーペイントで、椅子がぎりぎり入るベランダでペイントしたのを思い出します。

東京を去る日、後ろ髪を引かれる思いでその本棚と椅子をゴミ置き場に置きました。
3時間もしないうちにもうなくなっていました。
これから新たな地で自分の居場所を確保することに不安と希望が入り混じった私より、
さっさと自分の居場所を見つけた籐の椅子と理科室の棚。ちょっと寂しいようなくやしいような。

写真があったら載せたいのですが見つからず。
あの本棚にもう一度会いたいなあ。いい味出してました。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-13 16:08 | その他の雑貨(other)
バレンタインカード
今週はバレンタインデーがありますね。
クリスマスよりは数が減りますが、
窓辺をバレンタインの電飾で飾り付けているお家を見かけます。
ハート型にした豆電球の電飾とか、唇の形した電飾を見ると、
バレンタインというより、いかがわしいお店を連想してしまいます。
女でも、この時期ヴィクトリアズ・シークレットの前を通るとちょっと照れくさくなります。

レトロなバレンタインな箱。
ホールマークです。
e0049603_6382321.jpg箱にときめいている場合じゃないです。
中には・・・


e0049603_6392086.jpgこんなのとか


e0049603_6401239.jpgこんなのとか

e0049603_6403915.jpgこんなのとか。歯がゆくなるような、まさに甘い台詞のオンパレード。箱には沢山小さなカードが入っていました。
私は自分で使うつもりでいつもレトロなものを買うのですが、紙関係はなかなか使う勇気が出ません。

何はともあれ皆さんも是非世界の中心でラブラブ愛を叫んでください。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-12 06:44 | その他の雑貨(other)