<   2007年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Go Green!
クリスマス前なのに、クリスマス関連の商品がすでに半額になってます。
ラッピングペーパーやら、いろいろなものに目が行き、思わず手にとって
購入しそうになってしまうのですが、
今年はなるべく身の回りのものをアイデアで乗り切ろうと提案。
エコ(こちらではグリーンという言葉が流行)な方法で祝うクリスマスもいいのではないかと。

よく遊びに行く公園には松の木が沢山あります。
松ぼっくりを子供と拾って、持ち帰りました。
シンプルにそのままディスプレイすればいいけれど、
それだけじゃあなんとなく華やかさに欠ける。
そんなわけで、シルバーのスプレーペイントでペイントしてみました。

デンマーク製のステンレスのお皿に入れて、ちょっとFestiveに。
クリスマス近くになったらプレゼントのラッピングに添えることにします。

e0049603_14391990.jpg
子供がじっと我慢できないので、クリスマス関連の商品をじっくり時間をかけて買う時間もないし、
松ぼっくりだったらゲーム感覚で一緒に探して楽しい時間が過ごせたので、一石二鳥でした。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-28 14:41 | DIY&handmade
オーナメント
サンクスギビングが明けてクリスマスムード一色です。

オフィスで働いていた時は、この時期、10月下旬から12月下旬にかけてが一番好きな時期でした。
金曜日でもないのに皆毎日機嫌がいいし、オフィスにクリスマスデコレーションがなされ、取引先からギフトバスケット(甘ったるいお菓子の詰め合わせ)が届いて、おやつが絶えずある状態。
こんな毎日で機嫌が悪くなる人なんているのでしょうか?!
仕事もゆるゆるモードで、常に誰かが休暇を取っているので「彼女が帰ってくるまでこの仕事が終わらないけど、ま、いっか」状態だし。

ただし、1月1日を過ぎたら5月のメモリアルデーまで祭日がないので、地獄のようです。
一気に酔いが覚めるように、現実に戻ります。

・・・とまあ、そんな波も味わうことがないので、オフィスワークをしない今の時期だからこそ楽しめることをしようと、クリスマスモードにどっぷり浸かってます。

e0049603_13183016.jpg

このオーナメントは真夏のフリーマーケットにて。
いつもそこにいるおばちゃんのブースは私のツボにはまる可愛いものが沢山。
確か日本製だったと思うのですが、ちょっと張ってあっただけのシールが行方不明。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-27 13:01 | Japanese Retro
ベイビーのお洋服が似合う
サンクスギビングのディナーに招待されました。
ブリブリなロココ調インテリアでドキドキ。
ベイビーのお洋服でも着ていけば雰囲気が味わえたのでしょうが、そんなお洋服を着る勇気も歳でもなく。
e0049603_91159.jpg


今年一年、感謝してもしきれないことが沢山ありました。
毎日感謝感謝です。
家具は50年ほど前のものだそうで、アンティークにはまだまだ遠いですね。
たまにはこういうインテリアもいいものです。

ほんわかした雰囲気でディナーを終えた後、
ちょっとほろ酔い気分で家路に着く間、
何故か尾崎豊の15の夜を歌いながら
寒い夜空に向かって白い息を吐いた私はすっかりイチゴになっていました。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-26 09:01 | その他の雑貨(other)
ビタミンカラー
一週間前、猛烈に喉と鼻の奥が痛くなり、『これは風邪の前兆?』とドキドキ。
レモンを大量に買い込んで、はちみつレモンをホットでガブガブ。
お蔭様ですぐに良くなったのですが、次なる問題は、この大量のレモン。

e0049603_1323206.jpg


いつ、どこで買ったかさえ忘れてしまったパイレックスのドットのボウルに入ってます。
レモン、全然減りません・・・私の作るレモネード、誰も飲んでくれないし。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-21 13:23 | その他の雑貨(other)
ステルトンのフォンデューセット
結婚式の贈り物の定番、フォンデューセット。
アメリカの新婚さんの家庭にひとつあると言い切ってしまってもいい定番中の定番。
そしてガレージセールやリサイクル屋さんにも、貰ったけど使ってない、ミント中のミントのフォンデューセットを沢山目にします。
私もそんなわけで、結婚式には他のものをいただいたのです。
フォンデューはいらないよ、と。
第一フォンデューなんてやる人、いるのかなあ。
でもある日、こんな、目を引く箱が。
こういうピクトグラムのような箱のデザイン、好きです。
e0049603_14441285.jpg手に取らずにいられなくて、手にすると、更に胸が高鳴りました。



e0049603_14352831.jpg
フォークが6本付いていて、蝋燭が未使用の状態。
ただ、箱が結構古くなってきています。
ガレージセールを何回か旅したんだなと思わせる、
いろいろな値が付いた値札がところどころにあります。
皆さん、『私、フォンデュー、やるのかなあ』と思いながら購入したんでしょう。
で、結局フォンデューやらずに、ガレージセールに。
そしてリサイクル屋さんやらを転々として。
それを思うと、もう、土砂降りの雨の中、捨て猫を抱き上げてしまったような感覚になってしまい・・・ああ、私も買ってしまいました。

エリック・マグヌッセンのデザイン。ステルトン社、デンマーク製。
私も、フォンデュー、やるのかなあ・・・(人事のようだ)
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-19 14:52 | その他の雑貨(other)
リメイク・再利用
e0049603_3134055.jpg先日紹介したチーズの瓶。
リネンに刺繍してピンクッションになりました。
ほどよい重さが使いやすいです。ぜひお試しを。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-17 03:15 | その他の雑貨(other)
Arzbergのデザート皿
e0049603_14354239.jpgArzbergのお皿。葉っぱのような柄が北欧っぽいのですが、実はドイツ製。
最初、「お皿いらないよ~」と思ったのですが、行く度に無意識に手にとってしまい、それが何回も続いたので、これは何かの腐れ縁に違いないと思って購入することに。
アンティークショップだとそんな”赤い糸”は感じないのですが、リサイクルショップだとその”腐れ縁”が”劇的な出会い”に変換され、本気になってしまうのははなぜでしょう。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-15 14:40 | その他の雑貨(other)
Bodumの電気ケトルをテストする
e0049603_1475151.jpg
3年ほど前に左の電気ケトルを購入しました。Curlって名前です。
注ぎ口の網が劣化して取れてしまったので、本社に問い合わせると、その網だけ売ることはできないと。
なので、もともと欲しかったけど、当時売り切れだった右のIbisを購入しました。

どちらも一長一短なので、どなたかの参考になれば・・・

Curlの長所
☆ケトルを持ち上げると、電極のあるベースから簡単に離れてくれる。
☆電源のスイッチが軽い
☆ベースに簡単にはまってくれる


短所
★中が掃除できない
★注がれるお湯がチョロチョロさせすことができず、ドボドボという感じ
★ボタンで口が斜め45度に開くんだけど、いずれそれが壊れてしまう

Ibisの長所
☆完全にふたが開くので中が掃除できる
☆お湯をチョロチョロとさせながら注ぎいれることが容易
☆Curlよりちょっとだけ容積が大きい

Ibisの短所
★ふとケトルをベースに戻しても、きちんと電極と接触してないことが多い。いちいち確認するのが面倒。
★スイッチのボタンがエルゴノミックでなく、指のカーブと逆
★ケトルを持ち上げると、ベースが付いてくることがあり、側に割れ物があったりするとその上に突然落ちたりするので危ない。

形はIbisの方が好きなのに、使い勝手はCurlの方が断然いいように思います。
因みに保温はできません。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-15 14:25 | 現行品
Basketville のバスケット
e0049603_13353678.jpgロンガバーガー?かと思いきや、Basketvilleという会社でした。創業1842年だそうです。
ロンガバーガーはちょっと値が張りますが、それに比べるとBasketvilleはとってもお手ごろ。
プレッシャー感じながらホームパーティーするタイプのビジネスではないので、そこもポイント(?)
重ねて使えるバスケットなので、場所を取りません。
何を入れようかな~
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-14 13:40 | その他の雑貨(other)
A little red dress
e0049603_11582047.jpgインターネットが普及する前、Windows98が日本で大騒ぎになるず~っと前に、日本に住む友達のために購入したワンピ。当時友達はアメリカの子供服の古着を売るビジネスをしていました。

結局これだけ私の手元に残ったまま今日に至ります。
別珍素材で刺繍がかわいい。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-14 12:03 | Baby&Kids