<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ようこそ、廃墟へ。
雨がシトシト。
夫がアンティーク屋に行きたいと言うけど、子供がいるとヒヤヒヤするので、廃材屋さんに行こうと提案。
この廃材屋さん、以前も何回か紹介しましたが、ちょっと不気味。
冗談抜きに、どこから仕入れたか聞かないほうが身のため、みたいなものが置いてあったりする。
でもここに来るのをやめられないのは、たまに北欧家具や、ミッドセンチュリーの家具が埃をかぶって転がっていることがあるから。

今回も、本当にボロボロの治療台の椅子(何の治療?)、フラスコやビーカー、眼科医の診察室にあるような、あごをのせて検査?する機械とか、教会関係のものなど沢山。うちの子も、「怖いよ~」とわざと怖がってみる(モンスターがマイブームで、何でもモンスターにしてしまう)。でも、大人の私でもちょっと怖い。
流石に治療台にカメラを向けることはできませんでしたが、「時計仕掛けのオレンジ」を連想してしまいます。
e0049603_13305925.jpg引き出しのたくさんある棚。赤がワンポイント。な、なにが入っていたのだろう。


e0049603_13315894.jpg
サビサビのベンチに放り投げられた時計。


e0049603_13331855.jpg
何に使われていたのか分からないんですが、このでっかい瓶、PYREXって書いてありました。となりの普通サイズの椅子と比べてみると、そのデカさが分かります。

錆びたり、ちょっと古ぼけた感じのものが好きでも、シャビーシックとは違うしシャビーシックほどカントリーでラブリーが好みではないし・・・という違和感が。

エルデコ日本版を見て発見。”ラスティック”って言葉が普通に日本語の中に取り入れられていました。なるほど納得。
最近は日本のメディアでそのまま日本語に混ぜて使っても通じる英語を知るようになりました。
昔はわざわざ日本語に訳さないと通じない言葉も、最近はそのまま使っても通じるってことなの・・・かな。多分普通に話したら「ルー(大柴)?」って言われちゃうんだろうな。
[PR]
by retrojunkie | 2007-05-28 13:44
レトロなラッピングペーパーその2
ビビッときたビビッドなお誕生日ラッピング。
胸がいっぱいで言葉がないです。
e0049603_2295391.jpg


でもこれは・・・ズバリメガネのない丸尾君?ベレー帽のないシュール君?
[PR]
by retrojunkie | 2007-05-26 02:32
ラッピング
なんだか家のもの、ごみでも何でも、とりあえず古いものは持ってきたという、例のおじさんのブースで見つけたラッピングペーパー。
箱に入っていたので聞くと、これも一ドル。

まず箱がかわいい。
e0049603_13395331.jpg


実際にプレゼントを包んでしまいたいけれど、アメリカ人のあのビリビリとラッピングを破くのに使うのはもったいないと思って、ハンドメードのカード用にチビチビと使うことにします。


e0049603_13402683.jpgけっこんしよう~ぼく~と~ぼく~とぉぉ♪    と口ずさみたくなるようなラッピング。

中に入っていたラッピングペーパーの種類が多いので、小出しにして紹介します。ネタ切れではありませんってば。
[PR]
by retrojunkie | 2007-05-22 13:43 | Baby&Kids
フリーマーケットのとりこ
フリーマーケットに行くと、ちょうど店をたたんでいる人から店を開いている人まで様々。
そんな途中でも私は構わず物色します。お行儀が悪いですね。
おじさんはお店を開く荷降ろしに一生懸命だと、値段のつけ方も適当ですし、店じまいしている人も同じく持ってけドロボー状態の値段が交渉せずにつけられることも。「これまたトラックに乗せるの面倒だから○○ドルでどうだ!」ってな感じです。

さあ一日のはじまりだとえっちらおっちら荷降ろししてるおじさんの置いた箱の中に目を引くテキスタイルが・・・

e0049603_5451028.jpg


便箋が封筒になるレターセット。私は特に右下の鳥のモチーフが大好きです。お行儀の悪さを反省して、全部いただくことにしました。
[PR]
by retrojunkie | 2007-05-16 05:47 | その他の雑貨(other)
フリーマーケットの楽しみ
フリーマーケットで、ものすごくかっこいいゴミ・・・もといジャンク(フォローになってない)を売っているおじさんがいました。
このフリーマーケット、新品の生活用品売ってる人あり、果物ややさいを売っている人、そしてジャンクを売っている人と、コレクター向けの商品を厳選して売っているアンティーク商まで。
変に色々な知識を持っているアンティーク商は、うんちくを垂れられて値切ってくれないので苦手であります(笑)。
代わりに「うちにこんなのもこんなのも溜まっているから売りに来た」みたいな人は大好きです。

e0049603_811039.jpgこれ。中にカードが入っているのですが、このカード、切り離すとパーティーハットに早変わり。
かわいすぎて切り離せない・・・
中には、冠、インディアンの酋長の髪飾りなどなど、バラエティー豊かなものが。
e0049603_8164778.jpg
箱入りで一ドル。最初は他のカード同様、カード一枚の値段かと思いきや、箱ひとつでその値段。信じられない!他にラブリー☆なカードが沢山あったのですが、売っているおじさんのキャラクターにギャップがあって、顔には出さなかったですがちょっと和みました。
[PR]
by retrojunkie | 2007-05-14 08:18 | Baby&Kids
トランプ
e0049603_851344.jpgガレージセールと、フリーマーケットに行きまくってます。冬の間、ウズウズしていたのか、ガレージセールする人が必ず通りに一件はあるだろうってぐらい沢山ありました。
危うくジムに行く途中だったことすら忘れてしまいそうに・・・。

おじいさんのガレージセールで、こんな面白いノースウエストオリエント航空のトランプを発見。

英語、中国語、日本語と韓国語で、旅に必須な言葉が書いてある。

e0049603_8562731.jpg支配人がでぶっちょさんでかわいい。

e0049603_8573797.jpg
ちょっとせっかち。っていうか、こんなこと言う人今いませんよね。


そう、何を隠そう、これは一ドルが300円だった時代のトランプなんです。
証拠にこんなものまで。
e0049603_859430.jpg

未だに1ドルを百円計算している私には驚きです。
こうやってプリントしてしまうってことは、通貨が変動しなかった時代のものなんですね。
[PR]
by retrojunkie | 2007-05-13 10:55 | その他の雑貨(other)
普段用のコーヒー
フランスに住んでいる知り合いは、3-4カ月おきにアメリカにやってくる。
アメリカでいう普段使いのFolgerみたいなコーヒーを何種類かおみやげで持ってきてくれたのがはじまりで。
毎回こちらに来るたびに、頼んでいなくてもおみやげを持ってきてくれます。ありがたいです。
でもでも・・・
普通サイズのコーヒーお徳用4パックセットは、飲み終えるのがちょっときついっす(笑)。
何ヶ月かかるんだろう。

e0049603_6462350.jpg


その土地の最高級なものを追求するのはインターネットが普及した今、クレジットカードさえあれば誰でも可能。でも、本当に手に入らないのはその土地に住む、その土地の人が普通に毎日使っているものだったりするんだよなぁ。
[PR]
by retrojunkie | 2007-05-08 06:48
こんな使い方
以前Blueprintっていう、マーサ・スチュアートが発行する、ちょっと若い層向けの雑誌のサイトなんですが、雑誌に載らなかった裏話などがサイトにあったりします。
今回紹介されたアーティストの洋裁部屋、なんとパイレックスのリフが!
パイレックスのリフも、こんな風に使うといい感じ。発想の転換ですね。
もっと増やしたくなりました。
[PR]
by retrojunkie | 2007-05-01 10:06 | Old Pyrex