<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ルフトハンザのマグ
e0049603_48565.jpgこのコーヒーマグ、面白いなと思ったのは、ロゴが持ち手と対角線上にあるところ。
普通コーヒーマグって手に持って自分に向かってか、もしくは相手に見えるようなデザインの配置になっています。
でもこれは、「カンパーイ!」ってやったときに相手に見えるようにデザインしてある、ドイツのビールジョッキを模したものだからでしょう。そこがまたかっこいい。
しかもノベルティーでありながら、メイドインジャーマニー。彼らのこだわりと誇りを感じます。しかもこのマグを配るターゲットをシカゴに絞ったご当地マグ。そしてエアライン物ときたら、私が買わずにいられるだろうか(いや、いられない。)。

ガラクタ屋さんで購入。

後記:これってやっぱりビアジョッキなんでしょうか?ビール飲むにしては容量が少ない気がする・・・自信がないです。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-25 04:14 | その他の雑貨(other)
Pyrex mug【Terra】
パイレックスの中でも異色を放つTerraシリーズです。
1964年のみの製造なので今まで見かけることはなかったシリーズ。
マグなのに取っ手なしなのも面白い。
e0049603_561222.jpg
いつも仲良くしてもらってるアンティークショップのオーナーが、パイレックスを私のためにお取り置きしておいてくれていると連絡があり、ボウルやキャセロールだろうと高をくくって余り期待せずに見に行ったので、現物を見たときはショックで倒れそうになりました。
4つ入って箱付きで、未開封、恐る恐る値段を聞くと小躍りしそうな値段。必死のポーカーフェースで購入。

米国での飲み物の単位は現在12オンス、16オンス、20オンスが標準なのですが、このマグは13オンス。一年で廃盤にした理由が「採算が合わなかった」だそうですが、これ、1オンス分小さくすれば何とかなったんじゃないのか?なんて今更ですね・・・。

絶対これには緑茶に和菓子だと思っていたのですが、丁度大阪のみたらし団子を購入する機会(@ミ○ワ)があったので、是非!と思い、本日デビューです。

かなり厚いマグなので外まで熱くならないのが、取っ手を付けない理由なんでしょう。
Terraは最初から艶がない、マットなのがまたパイレックスらしくない。
どこを取っても異端児なんです。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-22 05:07 | Old Pyrex
Osterizerのミキサー
e0049603_4565855.jpgおととしだったか、短期の休暇先で、おとなりでやっていたガレージセールを冷やかしに行った時に見つけたものです。ずっとミキサーを探していたので、願ったり叶ったり。
アボカド色なので70年代のものかと思います。
ガレージセールをしていた仲の良い老夫婦は、最近流行りのドデカいレンガ造りの家に改築中。きっと古いものは新居には合わないと思ったのかもしれません。

私はハズシのアイテムにこういったレトロな物を手に入れたりします。パーティーの最中にゲストの前でおもむろに出して、話のきっかけを作ってみたりします。もしかすると、彼らの年少の思い出話なんか延々と聞けちゃったりします。逆に、ソニーとトヨタの国の人間が、こんなアナログなもののどこがいいのかなんて聞かれたりします。

電化製品って、壊れたら処分される運命にあるので、大事に取っておく家庭って少ない。だからこそ、現役でがんばっているのを見つけるとうれしくなるんですね。
私にとってはアメリカンレトロな電化製品は、その時代をリアルタイムで体験しなかったので新鮮ですが、リアルタイムで見てきた彼らは、きっと私が昭和レトロな花柄の2層式洗濯機を見つけたときのように胸キュン(死後)になるのでしょう。

+++
アメリカでは、日本のようにごみを焼却しないので、物を捨てるたびにいつも罪悪感が付きまといます。なので、きちんと動くもので、電圧が現在のものに対応するものであれば、新品を買う前に探してみようと思います。

それにしても、このミキサー、中目黒のインテリアショップで3万円の値が付いているのを見たときはびっくりしました。買う人いるのかな?

余談:
今日のテレビジャパンの視点・論点、山本耀司氏だったのに、すっかり忘れて見逃してしまいました。涙。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-21 05:02 | その他の雑貨(other)
ロシア製のシャツ【現行品】
地元民以外は立ち寄る場所がなさそうな、閑散とした田舎町に迷い込んだ際に面白そうなお店があったので覗くことにしました。
ロシア近辺の雑貨(お土産系)がたくさん置いてあるお店でした。
マトリョーシカや、木製の熊の木彫り(糸でつながれている錘を動かすと熊が動いたりする)があったのですが、いざ家に飾るとなると、う~む・・・場所がない。
ふと目をやると、ボーダーのシャツが。

e0049603_5223843.jpg

ロシアの海軍が実際に着ているシャツだそうです。
そんな代物がなぜここに?!しかも新品だし。
ラベルもレトロで面白い。ぜひ保存しようと思ったら・・・
一緒に洗ってしまいました(T_T)
なんとか生き残ったラベル。しわくちゃです。とほほ。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-15 05:23 | 現行品
スペーシーな雑貨【レターホルダー】
e0049603_653336.jpgスペーシーな文具コレクションをしようと決心した最初のアイテム。
Inには届いた手紙を、Outには発送準備が整った手紙を。
仕事していた時代を思い出させられます。処理しても処理してもInに入っている書類の数が減らず、冗談交じりにInの箱をゴミ箱に捨てたときもありました。
密かにあのときは「なにがなんでも仕事で使ってる文房具たちは家に置かないぞ!」と思っていたのですが、かっこいいものはかっこいい。いや、こんなInボックスは今はないです。
今ではInに手紙を入れてくれる秘書も、Outから手紙を取り出してポストまで出しに行ってくれる人もいないので、不要といえば不要なのですが・・・

じゃあ何故手に入れたかっていうと、箱の形とフォントがかっこいいな、ただそれだけだったとです。レトロです・・・レトロです・・・
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-14 06:19 | Space Age
スペーシーなお仲間【万年カレンダー】
以前、スペースエイジっぽいアイテムをやたら見かけるのに、買わなかったら、益々スペーシーなアイテムを目にするから買うことにしたという記事を書きました。
近所のエステートセールで発見したカレンダーがこれ。
e0049603_147550.jpg
雰囲気がとってもあの電気スタンドにマッチしているので購入。
このカレンダー、中々の優れもので、縦一列の数列を動かすことで毎月のカレンダーを作ることができるんです。パナソニック社のものなので、コンベンションなどの景品だったのでしょうか。
着々と私のデスク周りには黒X白のアイテムが集まりつつあります。ウキウキしてきます。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-11 01:48 | Space Age
Pyrex 2compartment casserole 【Unknown】
e0049603_121235.jpg買ったものは、どんなに古いものでも、買った場所や、値段なんかを覚えているのですが、なぜかこのキャセロールだけその記憶が頭の中からスコーンと抜けている、不思議な一品。

パイレックスのアンオフィシャル本で見たのですが、柄名は不明だそうです。
アンオフィシャルっていうから、なんだかオフィシャルでは明かさないあんなことやこんなことまで赤裸々に暴露されてるって思うじゃないですか。違うんです。写真はカラーで沢山なんですが、著者が柄名は不明だけど、知ってたら教えてくださいというスタンスなので、拍子抜けします。
でもそのくらいのいい加減さを私が愛さずに誰が愛するのだろう!

日本へ里帰りが急遽延期になってしまいました。ううう・・・4月の日本をたのしみにしていたのにい。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-06 12:08 | Old Pyrex
ブイヨンキューブの箱
e0049603_0205796.jpg暖かくなると、チューリップの芽とともにニョキニョキ出てくるのが、ガレージセールの看板です。それと共に増えるのは急ブレーキの数。皆さんもお気をつけください。
で、入ったお宅で一番最初に目に付いたのがこれ。
ブイヨンキューブの箱。
最初、何か分からなくて、触るのが怖かったのですが(何かの薬とかだったら怖いでしょ?)ブイヨンと分かり、拍子抜け。なんだか面白いなと思い、他のガラクタと共に購入。
”キューブを一つ、カップにいれ、お湯を注ぐと美味しいスープができます”と書いてあるのですが、自社製品のことを”おいしい”とか”すばらしい”と主観的にパッケージに書く企業がなくなった昨今、なんだか自信満々なこのパッケージが新鮮に見えます。
中を見たら、未使用の古い切手が2枚、使用済みのエアメールの切手が一枚、使用済みの切手が一枚、入っていました。エアメールが6セントって、いつの話???
e0049603_0292115.jpg


ちょっと雰囲気が似ているので、撮ってみました。善光寺名物の七味唐辛子のパッケージと2ショット。

e0049603_0293898.jpg

ゴールドX赤X青の組み合わせはユニバーサル?
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-05 00:31 | その他の雑貨(other)
レシピボックス
昨日紹介した、ままごと用食器棚で買ったもう一つのガラクタ(笑)
レシピボックスです。
e0049603_7163961.jpg
このレシピボックスが幾らか尋ねたら、25セントなんて返事が返ってきて、お財布、車にあるからちょっと待ってて!って言ったら、「いらないから持って行きなさい(笑)」と。25セントってとっても中途半端な値段だから困ります。きっとおばちゃんも25セントのために私を走らせるのはかわいそうだと思ったのでしょう。(車まで10メートルもなかったのですが)
なので、ついでに食器棚と、サンタの置物(庭用)を買いました。それでも25セントは要らないと言われました。多謝。
家に帰って見ると、中に未使用のインデックスカードがこれでもかってほど入っていたので、25セント以上の価値はあると思うのですが・・・
物が溢れすぎて「なんとかしてくれい!!」って感じのお宅で面白かったです。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-04 07:18 | その他の雑貨(other)
子供用の食器棚
近所で仲良くしているおばちゃんがいるのですが、その人の知り合いがガレージセールをしているから行ってみて!レトロが好きなあなたならきっとハマるわよ!!なんて言われたら行かないわけにはいかない(なぜか私がレトロ好きなことは巷で知れ渡っているらしい。嬉しいことです)。
行ってみました。もう、生ごみ以外は何も捨てられない人たちらしく、そりゃあ掻き分けないと何があるか分からない物の山が庭中にありました。
こういうのを見ると血が騒ぎます。
そこで目に入ったのが、この食器棚。おままごと用で、へこみが多少あるけれども状態はとてもよい。それで遊んだであろうおばちゃんが売ってくれました。1940年代のものだそうです。
e0049603_147586.jpg

「家に持ち帰って使い道がすぐに思いつかないものは買わない」のがレトロ収集の決まりにしている私ですが、今日ばかりは使い道が思い当たらないまま買ってしまいました。

家に帰ると、息子は蹴って遊ぶし(蹴ったときの音が気に入った模様)、夫には「これがなくちゃ生きていけないってほどでもないだろ(笑)」と言われる始末。
ちょっと重いものは乗せられないヤワな棚、使い道を試行錯誤中。使い道が決まったら後日UPします。


e0049603_1484686.jpg
写真だとフローリングの反射で黄ばんで見えますが、実際は白です。
e0049603_1494186.jpg
裏も手を抜かない装飾。なんとレシピボックスを製作している会社のものでした。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-03 02:00 | Baby&Kids