<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
起き上がりこぼし
e0049603_1582725.jpg・・・です。推定製造年は・・・というか、確定なんですが、おおよそ30年ほどではないかと(笑)

そうです、私と弟が使っていたおきあがりこぼしでございます。
エアブラシで吹き付けたような絵があるピンクの起き上がりこぼしはシール付きです。
母が「シールつきの方が価値が上がるから」と考えたなんて絶対ありえませんが、JISマークまで堂々と付いてます。絵もとってもぁゃιぃ絵で、ゾウが人民帽らしきものを着用。
黄色い方はエアブラシでなくプリントっぽいですね。
e0049603_15132429.jpg大きすぎる目が滑稽というか、かわいいというか・・・今もこんなの売ってるのかなぁ。昭和レトロなのでしょうか。風化させたくないデザインです。
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-30 15:17 | Baby&Kids
NorthWestern鉄道のメモ帳
e0049603_13302072.jpg
NorthWestern鉄道のメモ帳です。
そうです、retrojunkieは実は鉄道マニアだったのです・・・というのは冗談ですが、飛行機よりも歴史が長いので、鉄道関係のレトロなものが手に入りやすいのかもしれません。今もこの会社は健在で、貨物列車として活躍しています。こちらの貨物列車は異様に長いので、10分待たされることもしばしば。
そして、100両編成以上のものもザラにあるので、回り道をしても、ここもあそこも踏切が閉まってるなんてことも。さらに、どうしてなのか、その100両編成の貨物列車が踏み切りの上を渡ったまま動かないことなんかも平気であります。そんな時は温厚(?!)な私も発狂します(オークションで負けそうになるといつも発狂してるジャン)。


e0049603_13303584.jpg
最近、男性向けの雑誌が好きで読んでいます。Titleの4月号はエアライン特集。今はなきエアラインの華麗なる歴史から従業員の制服、現在の空港の建築、機内食からタグデザインまで網羅しつくしています。薄いのにこんなに濃い雑誌は見たことない!!
永久保存版です。
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-28 13:40 | その他の雑貨(other)
Pyrex Cynderella Space Saver キャセロール
e0049603_14483997.jpg郊外も滅多に出かけない場所に知人と遊びに行きました。
なぜか手前の出口で高速を降りてしまった模様。
周りはコンビ二やガソリンスタンドはあれど、スーパーや家庭雑貨の大きな店がない。
高速に戻るにもどこから戻ったらいいか分からないくらい方向音痴になり、ひたすら目的地に向かって走るのみ。
その途中で見つけたガラクタ屋さん数件。一つは、古い建造物から出てきた古いノブや、暖炉などの大きなものを扱うお店。もう一つは家庭でいらなくなった物を集めましたという感じのガラクタ屋。
店番のおじさんも、私には挨拶しない。他の人には「なにかお探しのものでも?」と声をかけるのに、私にはナシ。電話ばかりしていて、犬を飼おうと思っているんだけれど、なかなかいいブリーダーがみつからないだとか、そんなことを大きな声でずーっと話している。逆にそのくらいのいい加減さが、こっちにとっては気が楽でいいや(笑)。
FKのカスタードカップを5つ購入。そして写真のPyrexも。
四角いキャセロールなんですが、もうこれ以上いらないです(涙)。こういうときに限って、とてもきれいなものだったりするので諦められないんです。

家に帰ってPyrexの本を見ると、下にティーキャンドルが入るようになっている蓋付きのもので59年製造のものらしいです。このキャセロールを乗せる台はなかったのですが、いつかどこかでお目にかかれるその日まで根気強く待ちます。
っていうか、ダッチオーブンを買ってから、キャセロール使わなくなっちゃったんですけど!(^^;)
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-27 15:21 | Old Pyrex
どこから来たの?数字の678。
e0049603_6313797.jpgジャンク屋さんに友達と行ったのですが、今回はあまり目新しいものがなくって。
そんな中でも数字の678を購入。4センチもない真鍮の文字。スクリューになっているので、何かの引き出しに付いていたりしたのでしょうか。今はプリンターズボックスに鎮座しています。

このジャンク屋さん、改築したいけど廃棄物をこれ以上増やしたくないエコな人が買いに来るんだそうで、取り壊された建物の梁や石段など大きなものが売られています。どれもいい状態とはお世辞にもいえないので、オブジェぐらいにしかならないと思っていました。
私もエコな気持ちを忘れずに、デパートに行き、新品を調達するならジャンク屋さんやフリーマーケットを利用してレトロなものを探すことにします・・・私の場合、エコなのかどうか分からないのですが(^^;)

今度の里帰りに、祖母の家からお皿を貰って来ようかと思います。戦後(中
)お米の配給にいくと貰えた?お皿がまだあるということなので。
[PR]
by retrojunkIE | 2006-03-23 06:42 | その他の雑貨(other)
ココっといいですか?
ル・クルーゼが巷をにぎわしています。
私の中で、世間があるものをあまり持てはやしすぎると、逆に避けてしまうことが多いです。最近は”ベストセラー””人気商品”という言葉はあまり信用しなくなりました。ええ、私も蛇にピ○スとか、バ○の壁とかで学んだので。
・・・限定と言う言葉を聞けば、今やっていることを全て中止して買いに行くくらいのおバカなんですけどね。

なーに、鍋が鉄なだけでお料理が変わるわけないジャン!って思ってたんですが、違ったんですよ、奥さん!自分がいかに間違えていたのかを!!
これはルクルーゼと同郷で作られたストウブというお鍋なんですが、ローストする料理や煮物にとても便利です。熱伝導が早いので、気の短いわたしにぴったりです。
お陰で普通の鍋で作ったら1時間はかかる料理などに挑戦することが増え、レパートリーがぐっと広がったので、購入以来夫婦円満です。(なんだか”幸せになる不思議なブレスレット”の広告のようなうたい文句になってきたぞ)

ルクルーゼの丸いフォルムに対し、このごっついフォルムも私好み。Coq au vinという名前が付いていて、チキンのローストに使うためのお鍋なんです。有名なシェフ数人のレシピが付いているのですが、手に入らないような材料があって断念。
めちゃくちゃ重いのですが、おばあちゃんになって、リウマチで持てなくなるまで使い込むつもりです。
なんと取っ手がニワトリです。ココットであるが故に「ココっと」ですか・・・オヤジギャグも程々にしてください。
e0049603_8253985.jpg
[PR]
by retrojunkIE | 2006-03-21 08:28 | 現行品
これな~んだ
さあ、これはなんでしょう。
e0049603_6403122.jpg
メトロノームに見えなくもないけどそうじゃない。
トイレの消臭剤?でもない。

お店で手にとって見ると・・・
e0049603_641948.jpgうむ・・・

e0049603_6412975.jpgおお!なんとも!!ライトスタンドではないですか!

e0049603_6421035.jpgしかも、閉じた状態でも使える明かりがまたニクい。

実は、少し前からスペースエイジのアイテムをよく見かけるようになって、気になっていたのですが、あのプラスチックの質感がどうも独身貴族のお部屋のような気がして、ためらっていたんです。
すんごくスペーシーな文房具を見つけたのですが、同じ理由で却下。
それでも忘れられなくて後日見に行ったらもうない。
そしたらオークションで色違いを発見。
私が見た50倍の値段で落札されているじゃないですか!(笑)
売るつもりは全くなかったのですが、『もし家の中でこれだけが浮いていたらどうしよう』という不安から買えずにいた自分。もっと自分の直感を信じようと思いました。
かっこいいと思ったら買う。
そうすると自然となぜかスペーシーな仲間が増えてくるからおもしろい。
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-18 06:49 | Space Age
オトナの本
去年のクリスマス商戦が始まった頃から、どこの本屋も飛び出す絵本がイチ押しという雰囲気がありました。あまりアメリカっぽくないマーケティングですね。
日本だったら”○○フェア”というコーナーがしょっちゅう企画されますが、アメリカだとそういったものには淡白な感じ。
ふと手に取ると、今までの単純な飛び出す絵本から抜け出した、カッコいい絵本が沢山。
シンデレラのような、もともと色が派手で、繊細に描かれている絵は、飛び出す絵本にしてしまうとやたらうるさい印象になっていました。
その中で見つけた"One Red Dot"。
e0049603_6561219.jpg

手にとってビックリ。こんなにシンプルでモダーンな絵本があるとは!
作りが複雑なゆえ、ページを畳むとうまく畳めないので、それなりの年齢にならないと読めない本かと思いますが、これこそオトナ向けの絵本!ワインを飲みながらずっと眺めていたいです(暗い?!)コンセプトは、各ページのオブジェの中から赤い点を探すという単純なもの。e0049603_6564675.jpg


この絵本、子供が欲しがるので、秘蔵扱いになっています。そう、アダルトな本なのです(笑)

切り絵もその流れのせいなのかどうか分かりませんが、老舗デパートのMarshallField'sのストアディスプレイをはじめ、様々なショウウィンドウに使われていました。
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-15 07:00 | 現行品
Pyrex Hostess server 【yellow】
e0049603_131309.jpgいつかは、欲しい、でもなかなか見つからない、私の憧れの存在になっていたアイテムを見つけました。
ホステスサーバーです。蓋が薄い上に、安定が悪いので、大事に抱えていたのをお店の人はあやしいと思ったに違いありません。これでラメキンが四つ揃えばセットが完成だぁ!
私、このホステスサーバーのお陰で、パイレックス発掘、今までにないくらい白熱しています。気をつけろ!(←誰に言ってるのさ!)
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-14 13:12 | Old Pyrex
Kinderのタマゴ型チョコ
Kinderというチョコをご存知でしょうか。アメリカでは普通のスーパーよりもヨーロッパの食材を扱うお店に置いてあったりします。
この間のロシアのチョコの第二弾です。
これ、懐かしくないでしょうか。タマゴチョコですよ。中にカプセルが入っていて、その中にさらにおまけが入ってます。昔日本にありましたよね。
で、買ってしまいました。子供用でなく、もちろんわ・た・し用です。
パッケージはこんな感じ
e0049603_7527.jpg

そして、パカッと割ると、予想通りのカプセルが!
e0049603_761966.jpg

そして中の部品を組み立てると・・・?
e0049603_765695.jpg

うひゃあ。王様だ!
e0049603_772544.jpg

王女様と2ショット。目がイッちゃってます。
+++
昔、アメリカでもネスレが作っていたそうなんですが、このカプセルを誤飲する事故があったため発売中止になったとか。
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-11 07:11 | 現行品
Pyrex Pie dish【Flamingo】
e0049603_2233731.jpgだいぶ前に、パスタがきれいに盛り付けられる、程よい深さのお皿を探していました。
でも中々見つからないものです。レストラン仕様のものは、淵が太すぎたり、これだという大きさがない。
去年、郊外の田舎町にあるアンティークショップを開拓していたときに、パイレックスとファイヤーキングのパイ皿を見つけたのですが、状態がかなり悪い(欠けはなかったものの)のに、20ドル近くしていて、諦めたことがありました。そしたら近所のアンティーク屋さんでひとつ発見。それが写真の下のお皿。一つしかないので仕舞い込んでいました。最低もう一つ見つかるまでは。
そして、ほぼ一年経って見つけたのが写真上のパイ皿。
ひとつは9インチで、もうひとつは8インチと書いてあるんですが、重ねるとぴったり重なる。かなり表記がいい加減ってことですね。色も微妙に違うし、上のお皿は淵がちょっと鋭かったりします。下のお皿の方が持っていて手にしっくりくる感じ。上のパイ皿は、淵に焦げ付きがみられるのですが、亀の子たわしでごしごししても、爪でこすっても落ちない!漂白剤を使ってもいいものか迷ってます。

早速パスタに使ってみましたが、いい!!やっぱり盛り付けるのに最適な量のパスタが盛り付けられ、しかも食べている最中にお皿から逃げない。オススメです。
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-09 02:32 | Old Pyrex