<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
フィッシャープライスのおもちゃ発見
週に一回が理想ですが教会に通うように努めています。・・・とはいっても私はクリスチャンじゃないんですが、こう、アメリカに住んでいると癒しの場というのがますます必要じゃないですか、テレビは嫌なニュースばかり、外へ出ればイライラさせられることばかり。信者の人にとって私はけしからん人間なのかもしれませんが、なんとなく教会はそういった世界から隔離された場所なので落ち着けるのかもしれません。
建物も、ローマ系のゴージャスな装飾とは反対にシンプル。ゴージャスも好きなんですが。
教会にはちょっと離れに子供が遊べるお部屋があるのですが、その部屋でもミサを中継で見ることができます。その部屋のおもちゃがもう!!!レトロなんです。
最近復刻版が出たフィッシャープライスのおもちゃ。でもこちらは元祖です。
e0049603_118546.jpg女王バチちゃん。引っ張ると翅がパタパタと。小さい王冠がかわいい!!


e0049603_1195850.jpgトラクターを運転するお兄ちゃん。引っ張ると能天気なお兄ちゃんの顔が左右に回ります。

e0049603_1223121.jpgカメ。引っ張ると足をバタバタさせます。


当時のおもちゃは全てMade In USA。今国内で生産しているおもちゃってほとんどないのではないでしょうか。本体は木で、部分部分でプラスチックが使われているのも、当時はプラスチックの方が貴重だったからでしょう。全て60年代後半のものでした。

写メールなのでとっても画像が悪いです。そうなんです、アメリカの写メールはこんなもんなんです・・・
[PR]
by retrojunkie | 2006-02-24 01:27 | Baby&Kids
カレンダー、再び
先週末は、シカゴ市内でアンティーク屋さんを物色。
お店が小さい上に、寒い外を歩かなくちゃいけないので、冬の市内の買い物は苦手です。こんなんだったら郊外のモールでヌクヌクと買い物したいよぉ~なんて。
素敵なお店を数件発見。どちらかというと、アンティークショップというよりも中目黒にありそうな、状態のいいものをセレクトしたセレクトアンティークショップと言う感じ。
手にとっても手が汚くなることを心配しなくてもいいお店はなかなかないです。
見た感じきれいでも、家に帰って手を洗うと、泡が真っ黒なんてことも・・・
なので、この数件のお店は滅茶苦茶高くても、また覗く価値はあるのでメモ。
結局何も買わずに帰ってきました。
そのまま家にいても悶々としている私を察したのか、夫が近場のアンティーク屋に行こうと提案。行ってもしょうがないよとクサる私をひきずってお店へ。
真鍮のカレンダーを見つけてしまいました。
e0049603_14345576.jpgしかも、このおばあちゃんのブース、全然アンティーク価格じゃないの。どれもその3倍はしてもいいんじゃないかという値段の付け方で、お気に入りのディーラーだったんですが、去年のいつからか、突然お店が無くなり、また最近復活した模様。
足を伸ばした時に限って何も欲しい物が無く、がっかりして近所のお店を覗くと意外におもしろいものに出会えたりします。
[PR]
by retrojunkie | 2006-02-21 14:36 | その他の雑貨(other)
私の年少時代の象徴
ちょっとほろ酔いのretrojunkieですこんにちわ。
泣き上戸でもなく、説教魔でもなく、少ない量で気持ちよくヘロヘロに酔える体質なので、今日も楽しくお付き合いください。
今までアメリカでかーなーりの数のレトロなものを見てきました。
ツボにはまっても、衝動買いしても良さそうなものをぐっとこらえたり、本当に欲しくても値段の高さで手が出なかったり、ぐっと我慢して、それでも想い焦がれて「買おう!」と覚悟を決めてお店に戻ったら既に無かったり、レトロなものにまつわる話にはいろいろあります。
特に日本のものだと見つけたとたんに、どんな経緯でここはるばるアメリカ合衆国までやってきたのか気になります。
想像力を働かせ、その海を渡った歴史を考えてみたりします。
だがしかし、これだけはどんな人がどうやってこれを手放すことになったのかさっぱり分かりません。
e0049603_10514448.jpg福X恵規と松X伊代ですわ。それぞれ10㌣。
個人的には、城之内早苗の「あじさい橋」と新田恵利の「冬のオペラグラス」が欲しかったです。


7年経つ未だ、これらのレコードを聴いたことがありません。
今度はレコードプレーヤーを格安でゲットする旅に出ることになりそうです。
[PR]
by retrojunkie | 2006-02-16 10:57 | その他の雑貨(other)
アメリカ製のクリーマー
e0049603_9502188.jpgメイドインジャパンのクリーマーです。恐らく70年代のものかと思うのですが。この会社のほかのシリーズは全然興味が無いのに、このシリーズは何故か手にとってしまいます。
お店で見た瞬間に<花瓶にしよう>と思いました。オリーブ色がいい感じ。
ガーベラが好きなので早速挿してみました。

e0049603_9532274.jpg
クリーマーにしてはちょっと大きめ、でも花瓶にはパーフェクトな大きさ。シュガーポットがどんな形をしているか気になります。
[PR]
by retrojunkie | 2006-02-07 09:54 | その他の雑貨(other)
Pyrex Percorator

e0049603_2534476.jpg今まで2年ほどケメックスを愛用していました。そばにいてお湯を継ぎ足さないといけないことや、わざわざ専用の高いフィルターを買わなくてはいけないことを除けば、なかなかの働き者でした。
一ヶ月ほど前、フィルターが終わりそうだったのでいつもの雑貨屋に買いに行くといつもの場所には無い。店員さんに聞くと「ケメックス?・・・って何?」。ここにいつも置いてあったと言うと、そんなのは知らないと。この棚にいつもあったんですが、もしかして奥にあるのではと言うと、ここになければないと。じゃあ次に入荷するのはいつなんだと聞くと、知らないと。この店は売り切れたものを補充しないのかと聞くと、トラックが運んできたものを棚に乗せるだけだからうちは知らないと。そんなに受身な店があるか!(苦笑)埒が明かないと思った私は「マネージャーいますか?」と聞くと、「私がそうですが、何か?(開き直り)」。近所にある支店に電話して在庫があるか確認してくれないか聞くと「いちいちそんなことできませんよ」だって。お客さんがほとんどいないのに、とてもやる気が無いお店です。

ゼイゼイ・・・本当に疲れます(T_T)

自分で電話すると親切なお兄ちゃんが他の支店にいました。でももうコスXプラスでは扱わないらしいと。アマゾンじゃ送料かかって高いし、途方にくれていました。

見つけてしまいました。Flamewareシリーズの9カップ。使用した後はちょっとあるけど、欠けもなにもない。お店で買い物をしていたおばあちゃん2人に、パーコレーターの使い方をみっちり伝授してもらい(私、実は煎れ方を知らなかった)、家路に急ぎました。
ケメックスには申し訳ないけれど、これからはこのパーコレーターに朝のコーヒーを作ってもらうことにします。
フィルターいらずだし、お湯が循環しながらじっくり煎れるので、どちらかというとケメックスよりこちらのコーヒーの方が私は好きになりました。ただ、めちゃくちゃ重いのが・・・
[PR]
by retrojunkie | 2006-02-04 02:57 | Old Pyrex
トリコロールな計算機
e0049603_14344274.jpg今年からきちんと帳簿を付けることを誓ったので、まずは形から。帳簿はちょっと前に黒のシンプルなものを紹介しました。でも電卓が揃わないと帳簿を付けられなぁ~いとダダをこねました(いいかげんにしろと鼻で笑われたけど)。
これは70年代のものです。当時の計算機の定番なのか、赤い数字表示が多いですね。そのあと、液晶が取って代わって主流になってしまいましたが。
電卓なんておっさんくさいアイテムなはずなのに、これ、トリコロールカラーじゃない!
電池もボタン電池じゃなくてごっつい四角い電池じゃない?(最近四角い電池を使う機会がほとんどないというのに)

救世軍で本当にどうでも良い感じで売られていました。

e0049603_144295.jpg買ってから気がついたのですが、私、乱視なので、赤い電光文字が見えなかったのでした。
[PR]
by retrojunkie | 2006-02-01 14:43 | その他の雑貨(other)