<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
WilsonJones黒いハードカバーのノート
e0049603_10142626.jpg楽しいイベントが目白押しの10月から12月ですが、1月1日を過ぎたら一気に現実に引き戻されます。
アメリカでは4月に確定申告の締め切りがあります。1月の下旬には会社から前の年の給料の詳細が書かれた紙やら、銀行や証券会社からその年の収入の明細がやってくる。今から心の準備。
ただでさえ目茶目茶面倒な簿記、なのに簿記用のノートはどれも緑でつまらない。
大抵、簿記のノートの表紙には会社の名前、ノートの名称、サイズ、紙の枚数など、いろいろな情報がゴチャゴチャとかいてあるのですが、これは一見何のノートか分からない。
数字の2が右端に書いてあるだけ。モレスキンのような風格。中は、簿記ノートらしからぬ白い紙なのもいい。
数字は欄の数を表し、2、3、4、6、8、12などいろいろあります。ほぼA4サイズ(8X11インチ)。

e0049603_10425019.jpg背表紙も数字の2のみ。かっこいい。俄然やる気がでて・・・きた?
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-28 10:48 | 現行品
ミルクガラスのホブネイルランプシェード
e0049603_1356165.jpgミルクガラスを手放したおばあさんの家で譲ってもらったもの、パート2です。
ミルクガラスのランプシェード。ホブネイルです。ホブネイルのボコボコした感じがいいです。
早速廊下に二箇所、つけました。引っ越してから初めてのおおがかりなペンキ塗り替えで、もともとあったランプシェードが70年代のプラスチックの、電球に直接挟むランプシェードで、なんともチープだったんです。だったら裸電球のほうがよっぽどましと思い、裸電球で過ごしたのですが、それもなんともわびしい。やっとまともになったかな。
今、60年代のレトロな吊るタイプの球形のランプシェードが欲しいです。


e0049603_1454381.jpg
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-22 14:03 | Glass Collectible
公衆電話の看板
e0049603_1054484.jpg
そろそろ秋風が感じられる頃、フリーマーケットで購入。
フリーマーケットといっても、アンティークからあやしい海賊品やら、どっかからかっぱらってきたような物まで売っています。
これも、現行品で、まだ公衆電話のあるところで見かけるので、定かでないのですが、恐らく、多分、かなりの確立で、かっぱらったものでしょう(笑)。
ブルーが好きな私は、このブルーのビビッドな色を放っておけるわけがない。しばらくぐるぐると、売り手のおじさんのブースを遠巻きに回っていたのですが、決心しました。ちょっと怪しい人だと思われたかもしれません。
家では勿論、電話のそばに置いてあります。
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-20 10:56 | その他の雑貨(other)
プレゼントのタグ
e0049603_14481479.jpgプレゼントにつけるタグです。
似たようなラッピングなので、それが誰宛てのものか分かるように、名前を書いたタグやシールが市販されているのですが、何かいいアイデアはないかと考えました。
長靴の中には小さな紙に、相手の名前が書いてあります。
去年は周りをブランケットステッチにしたのですが、あまりに大変な作業なので今年はミシンで縫いました。代わりに刺繍を手縫いにしたのですが・・・時間的にはあまり変わらないかな。
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-18 14:54 | DIY&handmade
Bugs Bunnyのビックリ箱
e0049603_4163655.jpgもうしばらくこんなに晴れる日は来ないだろうと思わせるような、10月の快晴の日曜日に、いつも遊びに行く公園の通り道にあるおばあちゃんのお宅でのガレージセールで発見。キャラクター物は集めない方なのですが、レトロでミントなので買ってしまいました。

1976年製のマッテル社。バービーを作っている会社でもあります。
音は音楽でなくコロコロと心地よい音で、ポン!とBugs Bunnyが飛び出します。耳が折れているのは長い間箱の中に押し込められていたからでしょう。
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-15 04:26 | Baby&Kids
ミルクガラスのサーバー
e0049603_640435.jpg

ミルクガラスのコレクターがコレクションを手放すという話を聞いて、遊びに行きました。
すごい!コレクターというより、知らず知らずのうちに集まってしまったという、物持ちの良さそうな、物が捨てられないおばあちゃんのお宅でした。
ランプシェードからキャンディーディッシュまで100点以上ありました。パイレックスもあったのですが、最近キャセロールは買わないと心に決めているので、ぐっと我慢。
この頃、家でホットプレートでパンケーキやら、ダッチオーブンでロースト料理するのでソースを入れるサーバーがあったら・・・と思っていたところだったので、サーバーを譲ってもらいました。今まで、パイレックスのどんぶりボウルに入れていたので、これで少しは食卓が華やぐ?

e0049603_6485448.jpg
ディプレッションガラスなのに細かいです。
お店では素敵に見えたのに、意外と家に帰って「なあんだ」とがっかりする物が多いのですが、これは家に帰ってから本当の美しさが再確認できた気がします。
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-13 06:50 | Glass Collectible
一輪挿し(推定50-60年代)Viking社
e0049603_1554135.jpg
花屋の店先に並んだいろんな花を見ていた・・・
なんて歌にもありますが、アメリカの花屋は味気ないです。
ぶらりと立ち寄って、「これとこれとこれちょうだい」なんてことはできません。
店の奥に注文されたブーケを作る場所があって、そこに花が保管されています。店内には鉢植えや、こまごまとしたキャンドル、ギフト用の文房具類が置いてあったりします。ばら売りの花はなく、せいぜいあってもバラのばら売り程度(駄洒落じゃないョ)。
外は雪景色なので、テーブルに花があったらいいな。ブーケでなく、一輪の花。
丁度家にあったレトロな一輪挿しを使うことに。実はこの花瓶、意外と使いにくい。
バラは刺さらないし、チューリップはバランスが悪い。
お店の人に頼むといろいろと出してくれました。オブジェのような花がいいなんて難題を吹っかけたのですが、流石です。アンスリウムを持ってきてくれました。

今日の写真はやたらに長細いですね(笑)
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-12 15:51 | Glass Collectible
Groovy なアイス皿?
e0049603_3233240.jpg

オレンジとデイジーがとてもグルーヴィーな小ぶりのお皿。
学生時代に救世軍のお店で見つけたのですが、どうやって使ったらいいものやら分からず、そのままに。
シカゴにあるギャラリーのアクセサリーのディスプレイが、ジャスミン米に指輪を埋めたものだったので、それにヒントを得ました。
丁度トレイに乗ったリングが雑多に見えるなと思っていたので、早速家に帰って真似してみました。あまりおいしくないお米だったので、捨てようか困っていたのですが、再利用です。
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-11 03:29 | その他の雑貨(other)
クッション製作
作る目的がなくても『いつかこれで何かを・・・』という理由(言い訳)で布を買ったりします。でも何か作ろう!と目的があると、途端にその日のスケジュールに布屋さんへのお買い物を計画してしまい、結局以前から買い溜めていた布は、更に待機させられる・・・悪循環です。


グレイの椅子だから、ビビッドな布・・・と思い、出かける準備までしたのですが、ストックを見たら、今年日暮里で買いまくった布が大量に残っているのを思い出しました。ビビッドではないのですが、幾何学柄の布があったので早速作ってみることにしました。
e0049603_12164655.jpg同じグレイなのにトーンが違うと、冷たさが和らいだ感じ。
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-06 12:18 | DIY&handmade
その戦利品は・・・
e0049603_1227574.jpg
いわずと知れた椅子です。この間のスクラップ屋さんで購入。
開店時間なのに誰もいなくて、お店の前にはおばちゃん3人(姉妹か?)が入り口でイライラしながらタバコをふかしていました。
ちょっと暇つぶしに話しかけると
「そうよ、私達、隣の州から来たのよ!もうっ!」なんてふてくされてる。
「ほら、アンティーク屋さんって気まぐれだから、開きたいときに開くのよ」って言うと、
「そうよね。分かってはいるんだけどね。」

そういえば、行きつけの画材屋さんの営業時間も日曜は
If you are lucky(あなたがラッキーだったら開いている)だっけ。かなりいい加減。

我々も、周りに時間を潰せるようなコーヒー屋さんもないし、ちょっと人通りの激しい普通のアンティーク屋さんに行こうということに。
これと同じ椅子で、ただのグラスファイバーのものが(足がエッフェルではあったけれど)なんと600ドル。グラスファイバーは損傷が激しいし・・・眺めるだけでおしまい。
またもとのスクラップ屋さんに行くと、開いていました。
スクラップしかないと思ったら、家具も売っていました。そこに残っていた2つのうちの一つを買いました。
もっと明るい色が欲しかったのですが、状態がとてもいいので放っておけず。
レザーの糸もほつれがなく、満足。開店時間がいい加減な割にはとても親切な店員さんでした。
これに合うクッションを製作中です。
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-05 11:01 | その他の雑貨(other)