<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ガラスが好き
刺すか刺されるかのガラクタ屋さんに再び行きました。
今度は、広い店内のどの山を崩せばいいか密かに計画を立てていました。
すると、キラキラしたものが目に入るので、上にある箱をどけてみると、ガラスの置物?がゴロゴロと入っていました。
e0049603_141360.jpg
これはキャンドルホルダー?


それとも・・・
e0049603_13531957.jpgペーパーウェイト?



実は、これを買おうとしたときに、店主のおばあちゃんにこれは何かを尋ねようとしたのですが、逆に「何に使うの?」と聞かれてしまいました。
とっさに上記のような使い道を説明したのですが、本当はこれ、洗面台やバスタブの蛇口だったそうです。ああ、そういえばそんな形だ。50年代に流行ったんだそうです。
e0049603_1412194.jpg
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-30 14:02 | Glass Collectible
プリンティング・ブロック【サンタ】
e0049603_15263072.jpg

鉄でできたプリンティングブロックを見つけました。サンタさんです。


週一でしか開店しない、気まぐれな(そしてやる気のない)アンティークショップで発見。最近売り手にとっても買い手にとっても便利なモール形式のアンティークショップが多いので、売り手のお話が直接聞けないことが多いです。
でもこのお店、実際に買い付けている人がお店にいるので話も聞きやすい。全くその道では初心者の私の3歳児のような質問(「これはなに?」「あれはなに?」)にも快く答えてくれます。
そんな店主の人柄のせいなのか、いつもお店の前にはおじいさんの集団がたむろしています。・・・べつにうOこ座りでタバコを吸っているとか、そういうんじゃないのですが。アンティーク話に花を咲かせています。

早速クリスマスカードを書き始めました。
夏の終わりにふらっと立ち寄った、おしゃれな便箋屋さんのワゴンセールで買ったカードの見本。よくみると、私のスタンプとそっくり・・・

e0049603_1534405.jpgというか、全く同じ?

そしてこのスタンプ、とても押し辛いのが難点です。
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-28 15:40 | その他の雑貨(other)
灯台下暗し
今まで人様の家や店まで行って、ジャンクやアンティークを探していましたが、そういえば我が家にもあったんです。お宝がありそうな屋根裏部屋が。
4年近く住んでいて、怖くてまじまじと見たことはなかったんですが、思い切って開けてみることにしました。

e0049603_8213079.gif我が家の二階は屋根裏を普通の部屋として使っているので、実際の「屋根裏」は図の中のピンクの部分になります。そこに小さなドアがあるのですが、懐中電灯片手に開けると・・・中はひんやりしていて、埃の臭いがして、そしてやはり怖いです。

夫に「20ドルあげるから中に入って見てきて」と言っても「どんなに金を積まれても、これだけはイヤダ。」といわれました。そして「あ、おじさんに見てもらおう」と。
おじさんとは、うちの改装・修理に来てくれるおじさんのことです。
早速おじさんに屋根裏に入る仕事を押し付けてしまいました。

屋根裏のど真ん中に妖しいロッカーがあるのですが、こちらを向いていないんです。しかも横向きで、かなり錆びている。もしかして人がポリ袋に入っていたら・・・とか恐ろしい想像をしてみたり(サスペンス小説の読みすぎ)。そうでなくても、見てはいけないものを見てしまったりしないだろうかとか変な心配をしてみました。
で、見つけたのがこれ。

e0049603_829668.jpgなんと、ヤマハのドラムとサンタさんが!!サンタさんは、後ろから電球を入れられるようになっていて、69年製と書いてあります。とてもレトロな顔をしています。ドラムは新品同様。使用された痕はほとんどなし。

e0049603_8311670.jpgそしてガーフィールドのタンブラーセット。アンカーホッキング社製。でも大きなジャグが入っていませんでした。

e0049603_8333616.jpgそして、何か妖しげな箱が・・・おじさんは「コーヒーの詰め合わせか何かじゃないか?」なんて言ってましたが、四方をグルーガンでしっかり封がされている。益々あやしい。
四方を密封しなくてはいけない理由は?きっといけないものが入っているに違いない!!!カビだらけのコーヒー?
e0049603_8345076.jpgジャーン。
なんとベースボールカードの山でした。これは調べてみると、ただ売ればいいってもんじゃないらしい。きちんとしたところで鑑定され、ケースに入れられたもののみが価値のあるカードになるようです。

常日頃、ベースボールカードの世界は、アキバの世界と相似しているなと感じていたのですが、なるほど、やっぱり良く分からない専門用語やら、有名選手のレアものとか、そのレア物も素材が違うとか限定だとか色々あるみたいです。
・・・以上、お宝画像でした。皆様、楽しい感謝祭を!

おまけの画像は、屋根裏の中。
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-24 08:46
また行ってきました、ジャンク屋さん
ジャンクといっても、古い教会や建物が取り壊された際に綺麗に外された装飾品や梁、ドアなどが売っているお店に行きました。
先週行ったジャンク屋さんとは違い、もっと大きなものが沢山あります。食器や置物などのこまごましたものは一切なく、ギリシャ風の支柱や、教会の長椅子、教会のろうそく立てなどがあちらこちらに。
建物も、ザ・クロウの悪党が住処にしているような、だだっ広いレンガ造りの建物。かっこいい。
e0049603_627922.jpgこんな大きなアルファベットの文字がごろごろ。ちゃんとしたスチール製です。


e0049603_6281438.jpg1920年代後半のジェイド(翡翠)の便器と洗面所。もっと後にでてきたアボカド色とは違い、本当に淡くきれいな翡翠色でした。一瞬FKが作った?!なんて思ったほど。


e0049603_6304274.jpg個性的なドアが沢山。こんなドアを探していたんですよ!H○me Dep○tさん!!

e0049603_6322161.jpg印刷工場で使われたと思われるスチール棚とか、なんともかっこいい。

このお店がクロウを思わせて、他の映画を連想させないのは、きっと教会関係のものが多かったからなのかもしれません。
あ、そうそう、大きな解剖台が並んでいたのもびっくり。心臓がバクバクいいました。誰がどうやって使うんだろう。
隣に沢山の琺瑯のバットがあったのですが、手に取る気になれず・・・
戦利品はまた後日・・・
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-22 06:39
Little Benny Wanted A Pony 【ビンテージの本】
e0049603_15391148.jpg古い絵本を買っても子供用でなく、自分用であることが多いです。床に投げつけられ、ペンで書きなぐられ、ビリビリと破かれるのに5分もかからないからです。子供に与えるのはもう少し待とうと思います。
そんなわけで、自分が好きで買った古い絵本は、家でゆっくり開くと、50年代から60年代に出版されたものばかり・・・自分が生まれるほんの少し前の時代の絵。キャンドルとかアロマオイルなんてない我が家ですが、自分のどこかで癒しを求めているんでしょうか。
この本も1950年初版。ベニー君がポニーを探していたのにペニー(1セント硬貨)を手に入れてしまい、そのペニーでしかめっ面を買おうと町のお店やお役所を訪ねるという、真面目な人にはちょっと酔っ払った時でないと物語の内容を素直に把握できないような(笑)話になっています。しかし韻の踏み方が何ともすばらしい。
この本に出会ったのは、とあるご近所さんのガレージセール。
やっぱり主催者はおばあちゃんとおじいちゃんでした。
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-19 15:53 | Baby&Kids
Georges Briardのボウル
e0049603_1174885.jpg先週末は、倉庫街にあるジャンク屋さんへ行きました。どの都市にもある倉庫街のイメージに漏れず、そのお店の周辺も刺すか刺されるか(いや私は刺しませんが)、そんな緊張感が走る廃墟のような場所で、自分が小心なのも手伝って、道を一本渡るだけでもビクビクしてました。
そのお店は、私の手帳に切抜きを納めたまま3年ほど行く機会のなかった場所で、今回思い切って行って見て良かったです。
もう、「こんなの捨てちゃえ!」って言いたくなるようなボロボロジャンクから、うわあと声が出てしまうような、レトロなお宝まで所狭しと積み上げられ、外の雰囲気と逆に、中にはちょっとアーティスト肌のおにいちゃんや、審美眼が鍛えられた老夫婦などがお買い物をしていました。
通路というものはなく、床から天井まであるスペースに全部詰め込んだジャンクの数々。埃もゴミもお構いなしに”積まれている”(陳列、ではない)のが私のジャンキー魂を刺激しました。一つ物を見るのにも、上に積み上げられたものを退かしながら見る、こちらも遠慮なく掘り起こすように買い物をする、季節の終わりのセールのワゴンを掘り起こすのは好きではないのですが、ジャンクだったら喜んで掘り起こします。
閉店近かったので、ぐるっと店内を見て帰ってきたのですが、今度は忘れずに写真に収めます。

このボウルは少し前に買ったGeorges Briardのもの。
金の幾何学柄が特徴のこの人のデザインは、長い間目には留まれども気にすらしなかったのですが(多分”金”がダメだったんだと思います)、最近いいなと思うようになりました。これは金の光沢があまりよくないのですが、ギラギラしてないから逆にいいかな。反り返った形が気に入りました。
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-15 11:50 | Glass Collectible
アラビア ストロベリーのリフ?
e0049603_1231468.jpgリフなのか正式名称は良く分かりませんが、保存容器です。
チーズの容器だとする人もいれば、シュガーポットだと言う人も・・・
私はリフだと思い込むことにします(^_^)。60年代の柄。たまにはラブリーなのもいいかな?
冷蔵庫などで実際に使うと、私の場合、蓋を落として割ってしまうのが必至なので、別の用途に使います。



小さな子供がいるので、裸のままのピンクッションを持ち歩くのが怖いです。
もし気が付かないで針が落ちていたら大変なので、適当に見つけたハギレでピンクッションを作り、糸も針も皆この中へ。ミシンをかけている間も、ちょっとやそっとじゃ動かないのがいい。
e0049603_12344422.jpg
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-11 12:36 | その他の雑貨(other)
Old Pyrex Dot bowl
e0049603_1193795.jpgミニどんぶりに最適なボウル。シリアルを入れたり、サルサを入れたり、中々重宝しています。
洗面器のような大きさに見えますが、ネスティングの中で一番小さいサイズだったと思います。
ネスティングのセットだと全部が状態のいいものがなかったり、手の届かない値段だったりするので地道に一つずつ集めることにします・・・

More
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-08 11:31 | Old Pyrex
スワンキーグラス
e0049603_12192743.jpgスワンキーグラスってかわいいなぁと思っていたのですが、アンティークモールへ行くと高い!
まあ、ガブガブ飲む人ばかりの我が家では、あまり必要なかったのですが、最近濃厚なジュースを少量飲むことが増え、欲しくなったんです。
やっと見つけたスワンキー。手前の★がスワンキーで、奥は同じサイズの厚底コップなのですが、スワンキーの方が軽くて頼りなさそう・・・

e0049603_16305334.jpg
こちらは厚底チビコップのアップ。(続きをクリック)

続き
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-03 12:38 | Glass Collectible
ヴィンテージの木馬
e0049603_595788.jpgヴィンテージでなくてもいいのですが、木馬を探していました。四方をバネで吊った”ヴィンテージ風”のレプリカはなんとなくバネが切れそうで怖いので、定番のものを。
新品だととても高いし、余計な塗装がしてあるし、IKEAのヘラジカ(もしくはトナカイ)は「木馬」ではないし・・・などと考えていました。

ちょっと古い建物が立ち並ぶ住宅地の中にあったガレージセールで見つけた木馬は、売っている女性の弟が子供の頃遊んでいたもので、それを彼女の子供達も遊んで育ったそうです。なので30年前の物だろうなんて話してくれました。大人が乗ってもしっかりしているし(乗るな・・・笑)、ビスが緩くなっている訳でもない。
家に帰って、庭のホースで亀の子束子でゴシゴシ・・・毛羽立っている箇所もないのでそのまま乾かしたらいい感じに。

子供の遊具はアンティークストアなどで買うには躊躇してしまうのですが、持ち主の顔が分かるとなんとなく不安が薄れるのは私だけなのかな。

More
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-02 05:10 | Baby&Kids