カテゴリ:Baby&Kids( 54 )
Charlie Brown 'Cyclopedia
小学生の頃、スヌーピーが好きでした。
サンリオキャラクターの文房具を集めるのが流行っていて、友達はキキララやキティーちゃんを、私はスヌーピーを高学年の頃集めてました。
フェリックスと共にちょっと大人な雰囲気(そして値段もほんのり高め)だったのを記憶しています。

それまでははんぎょどんやゴロピカドンも集めたな・・・気の多い私。そしていちご新聞は必ず購読していましたよ。保存しておけばよかったなあ。初恋の男の子は、あひるのペックルグッズをおねえさんのおさがりか、持っていました。

で、今回はアメリカ人がやっている合同ガレージセールに。
これは開店前から行列ができるので有名なガレージセールで、開店前に入場整理券まで発行されるのですが、私たちは閉店30分前に到着(遅すぎ!)。
もういいものは売れちゃっただろうと思ったのですが、なななななんと!スヌーピーの百科事典セットが新品同様で売られていました。一冊50セントです。閉店するので箱に片付け始める係りの人を避けるように(というかはっきりいって私たち邪魔?)、全巻大人買い。集金係の人も「こんなかわいいのがこんなに安くあったのねー」なんて。多分一番乗りしていたら、大量にある出品物の中からこれを見つけることは不可能だったと思います。余りものには福がある!!

写真はその一部。
e0049603_3502273.jpg


世界の文化、地理、哺乳類、爬虫類、宇宙などなど分類わけされていてスヌーピーと仲間たちがふんだんに登場する楽しい本です。私も知らなかったことまで書いてあって、お勉強になります。カラーコピーしてラッピングに使うのもいいかも。
e0049603_3504537.jpg

これは物理の巻。1980年出版(・・・だと思う)。


こちらに来て、地元の日曜の新聞はSunTimesよりTribuneをとっています。何故か?スヌーピーの漫画が読めるからです(・・・まじめに言うとSunTimesより全体的に内容が濃い気がします。87歳の義祖父は”競馬情報はSunTimesだ”と言い張りますが。私はスポーツ欄は読み飛ばすので。)
[PR]
by retrojunkie | 2007-04-16 03:54 | Baby&Kids
ひつじのプランター
e0049603_14421933.jpg
ラブリーなものってあまり集めないのですが、自分の仕事場に限って、インテリアのルールやらを無視した、自分の好きなものを飾っています。

名刺立てから道具入れまで、それはテイストの違うものがごったがえしています。
これもそのひとつなのですが、何を入れようか考え中。



某インテリア雑誌では、ベビー用のお部屋のオムツ代えテーブルにこんな感じのラブリーなプランターがあって、中には綿棒が入っていました。
[PR]
by retrojunkie | 2007-04-03 13:35 | Baby&Kids
クリニックの待合室
いつも行く小児科の待合室。
こんな椅子が置いてあります。
かっこいいから置いているというより、
”大昔からそこにあったのが時が経ってかっこいいものになっていた”という感じ。

e0049603_7153927.jpg


私の行く産婦人科の待合室もそんな感じで、この椅子が置いてあります。子供用の椅子はなぜか数あるのですが、それでも欲しい!
[PR]
by retrojunkie | 2007-03-28 07:15 | Baby&Kids
お食い初めセット
○○年製のどこそこが作ったレアなレトロものもいいのですが、
自分と共に年を重ねたマイレトロなものも大切にします。
といってもこれは自分もその存在を知らないうちに一緒に年を重ねていた、というものですが。
e0049603_12184611.jpg


お食い初めのセット。手のひらサイズ。ハンドペイント。
ほんの3年ほど前に母がはるばる持参してくれたもの。

今、私と弟の赤ちゃん時代のもの何か一つと対面できるとしたら、ピンク色のメリーにもう一度お目にかかりたいです。
[PR]
by retrojunkie | 2007-01-31 12:25 | Baby&Kids
子供用の食器棚
近所で仲良くしているおばちゃんがいるのですが、その人の知り合いがガレージセールをしているから行ってみて!レトロが好きなあなたならきっとハマるわよ!!なんて言われたら行かないわけにはいかない(なぜか私がレトロ好きなことは巷で知れ渡っているらしい。嬉しいことです)。
行ってみました。もう、生ごみ以外は何も捨てられない人たちらしく、そりゃあ掻き分けないと何があるか分からない物の山が庭中にありました。
こういうのを見ると血が騒ぎます。
そこで目に入ったのが、この食器棚。おままごと用で、へこみが多少あるけれども状態はとてもよい。それで遊んだであろうおばちゃんが売ってくれました。1940年代のものだそうです。
e0049603_147586.jpg

「家に持ち帰って使い道がすぐに思いつかないものは買わない」のがレトロ収集の決まりにしている私ですが、今日ばかりは使い道が思い当たらないまま買ってしまいました。

家に帰ると、息子は蹴って遊ぶし(蹴ったときの音が気に入った模様)、夫には「これがなくちゃ生きていけないってほどでもないだろ(笑)」と言われる始末。
ちょっと重いものは乗せられないヤワな棚、使い道を試行錯誤中。使い道が決まったら後日UPします。


e0049603_1484686.jpg
写真だとフローリングの反射で黄ばんで見えますが、実際は白です。
e0049603_1494186.jpg
裏も手を抜かない装飾。なんとレシピボックスを製作している会社のものでした。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-03 02:00 | Baby&Kids
起き上がりこぼし
e0049603_1582725.jpg・・・です。推定製造年は・・・というか、確定なんですが、おおよそ30年ほどではないかと(笑)

そうです、私と弟が使っていたおきあがりこぼしでございます。
エアブラシで吹き付けたような絵があるピンクの起き上がりこぼしはシール付きです。
母が「シールつきの方が価値が上がるから」と考えたなんて絶対ありえませんが、JISマークまで堂々と付いてます。絵もとってもぁゃιぃ絵で、ゾウが人民帽らしきものを着用。
黄色い方はエアブラシでなくプリントっぽいですね。
e0049603_15132429.jpg大きすぎる目が滑稽というか、かわいいというか・・・今もこんなの売ってるのかなぁ。昭和レトロなのでしょうか。風化させたくないデザインです。
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-30 15:17 | Baby&Kids
フィッシャープライスのおもちゃ発見
週に一回が理想ですが教会に通うように努めています。・・・とはいっても私はクリスチャンじゃないんですが、こう、アメリカに住んでいると癒しの場というのがますます必要じゃないですか、テレビは嫌なニュースばかり、外へ出ればイライラさせられることばかり。信者の人にとって私はけしからん人間なのかもしれませんが、なんとなく教会はそういった世界から隔離された場所なので落ち着けるのかもしれません。
建物も、ローマ系のゴージャスな装飾とは反対にシンプル。ゴージャスも好きなんですが。
教会にはちょっと離れに子供が遊べるお部屋があるのですが、その部屋でもミサを中継で見ることができます。その部屋のおもちゃがもう!!!レトロなんです。
最近復刻版が出たフィッシャープライスのおもちゃ。でもこちらは元祖です。
e0049603_118546.jpg女王バチちゃん。引っ張ると翅がパタパタと。小さい王冠がかわいい!!


e0049603_1195850.jpgトラクターを運転するお兄ちゃん。引っ張ると能天気なお兄ちゃんの顔が左右に回ります。

e0049603_1223121.jpgカメ。引っ張ると足をバタバタさせます。


当時のおもちゃは全てMade In USA。今国内で生産しているおもちゃってほとんどないのではないでしょうか。本体は木で、部分部分でプラスチックが使われているのも、当時はプラスチックの方が貴重だったからでしょう。全て60年代後半のものでした。

写メールなのでとっても画像が悪いです。そうなんです、アメリカの写メールはこんなもんなんです・・・
[PR]
by retrojunkie | 2006-02-24 01:27 | Baby&Kids
Bugs Bunnyのビックリ箱
e0049603_4163655.jpgもうしばらくこんなに晴れる日は来ないだろうと思わせるような、10月の快晴の日曜日に、いつも遊びに行く公園の通り道にあるおばあちゃんのお宅でのガレージセールで発見。キャラクター物は集めない方なのですが、レトロでミントなので買ってしまいました。

1976年製のマッテル社。バービーを作っている会社でもあります。
音は音楽でなくコロコロと心地よい音で、ポン!とBugs Bunnyが飛び出します。耳が折れているのは長い間箱の中に押し込められていたからでしょう。
[PR]
by retrojunkie | 2005-12-15 04:26 | Baby&Kids
Little Benny Wanted A Pony 【ビンテージの本】
e0049603_15391148.jpg古い絵本を買っても子供用でなく、自分用であることが多いです。床に投げつけられ、ペンで書きなぐられ、ビリビリと破かれるのに5分もかからないからです。子供に与えるのはもう少し待とうと思います。
そんなわけで、自分が好きで買った古い絵本は、家でゆっくり開くと、50年代から60年代に出版されたものばかり・・・自分が生まれるほんの少し前の時代の絵。キャンドルとかアロマオイルなんてない我が家ですが、自分のどこかで癒しを求めているんでしょうか。
この本も1950年初版。ベニー君がポニーを探していたのにペニー(1セント硬貨)を手に入れてしまい、そのペニーでしかめっ面を買おうと町のお店やお役所を訪ねるという、真面目な人にはちょっと酔っ払った時でないと物語の内容を素直に把握できないような(笑)話になっています。しかし韻の踏み方が何ともすばらしい。
この本に出会ったのは、とあるご近所さんのガレージセール。
やっぱり主催者はおばあちゃんとおじいちゃんでした。
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-19 15:53 | Baby&Kids
ヴィンテージの木馬
e0049603_595788.jpgヴィンテージでなくてもいいのですが、木馬を探していました。四方をバネで吊った”ヴィンテージ風”のレプリカはなんとなくバネが切れそうで怖いので、定番のものを。
新品だととても高いし、余計な塗装がしてあるし、IKEAのヘラジカ(もしくはトナカイ)は「木馬」ではないし・・・などと考えていました。

ちょっと古い建物が立ち並ぶ住宅地の中にあったガレージセールで見つけた木馬は、売っている女性の弟が子供の頃遊んでいたもので、それを彼女の子供達も遊んで育ったそうです。なので30年前の物だろうなんて話してくれました。大人が乗ってもしっかりしているし(乗るな・・・笑)、ビスが緩くなっている訳でもない。
家に帰って、庭のホースで亀の子束子でゴシゴシ・・・毛羽立っている箇所もないのでそのまま乾かしたらいい感じに。

子供の遊具はアンティークストアなどで買うには躊躇してしまうのですが、持ち主の顔が分かるとなんとなく不安が薄れるのは私だけなのかな。

More
[PR]
by retrojunkie | 2005-11-02 05:10 | Baby&Kids