カテゴリ:その他の雑貨(other)( 234 )
長靴
ビーサンで庭の芝刈りをすると、つま先が緑になってしまいます。
スニーカーも汚したくないものばかりだし、家庭菜園に入ると泥だらけになります。
これは絶対長靴が欲しいと思っていたんですが、ホームセンターの無難で一番安いので15ドルとか、もうちょっといい中敷だったりすると20ドル超え(しかも爺臭い・・・いや、爺さんに敵意はないんです)。
ターゲットだと小洒落ていて、泥だらけにも緑色まみれにもできなさそうな長靴ばかり。
リサイクル屋さんでもいろいろ見ていたんですが、自分のサイズにめぐり合わなかったり、使用感ありまくりだったり。

e0049603_6132078.jpgで、ついに見つけました。土砂降りの嵐の日に!!
見つけて、う~ん・・・(笑)
ぱっと見はミハエル ネグリンの世界ですが、もっと良く見ると、バラに天使とかセミヌードなヴィーナスらしき絵が。中世のハーレム、美輪サマの世界でございます。
花柄っていうのは余程のことでない限り身に着けない(=似合わない)のですが、この妖しいムードに秘密の楽園のドアでもなんでも開いてやる!ってな気にさせられます。
リバティー@ターゲットの長靴でさえラブリーすぎて躊躇していたのに、私ったらどうしたことでしょう。

まあ、これだけ大人向けな長靴ですから、私の裏庭の秘密の楽園の草刈とか家庭菜園の泥限定で履きます。しかも、前の持ち主も微妙だと思ったのか、着用感全くなし、ブランドは分からないのですが、ターゲットで見た事があったような・・・

何よりも、私にぴったりサイズで3ドルというのがもう、運命を感じますわ・・・

早速つま先が緑になっていますが、見逃してくださいませ。
[PR]
by retrojunkie | 2010-06-05 06:13 | その他の雑貨(other)
KUNSTLERSCHUTZ WAGNERのネコ
チャリティーバザーに行ったのですが、毎年皆さんどんだけのものを抱えているんだって位大規模の場所なので、軽く3時間とかかかりました。
洋服のコーナーは全然見ていません。なので、あれも見たら何時間かかるんだろう。

おもちゃのコーナーもこれまたデカい。
テーブルの下にある細々したおもちゃが入った箱があったのですが、マクドナルドの景品とか、$1ショップで売られているようなおもちゃとか、ミニカーとか・・・
でもその中に只者ではないオーラを放つネコがいました。

e0049603_914211.jpgKunstlerschutz Wagnerのフロックドトイです。西ドイツ製。
日本のネットショップで7000円とか8000円とかしているので、新たな世界を見た気分です。
このネコさんは10セントでした。チロルチョコ並みのお値段です。

アザラシとライオンもかわいい・・・
[PR]
by retrojunkie | 2010-05-31 09:14 | その他の雑貨(other)
Howard Miller clock 2
e0049603_7491085.jpg今までずっとお世話になっていたケーブル会社が高すぎるので、サテライトに変えました。
そしたらTVジャパンが入らなくて悲しいです。
しかもボックスにあったデジタルの時計がないので、リビングの時計を探していました。
そしたら!丁度いいタイミングでHowardMillerの壁掛け時計を発見。
前回、動かなかったなんて事件があったので、家に帰って確認するまでドキドキだったのですが、
電池を入れると・・・動いた!!
でもなんか違う。

二秒ごとに秒針が動いているんですけど~。
全然意味ないし。
また例の修理屋さんに行くと、あのときのおばちゃんは時計を見て
「死にかけている」だって。
彼女の目にはこの時計は生き物のようなものなんでしょう。
ムーブメントの総入れ替えに50ドルするとか言われて、これは自分でできるんじゃないかと思ってそのまま帰宅。
模様替えのために使っていない壁掛け時計のムーブメントを外し、付け替えてみると・・・ちゃんと嵌るではないですか。
問題は、秒針がはまらない。
壁掛け時計キットを購入してみようか検討中ですが、当面は秒針なしで使うことにします。

オレンジの針がモノトーンの時計に映えていい感じです。
[PR]
by retrojunkie | 2010-02-02 07:49 | その他の雑貨(other)
ガレット デ ロワのフェーヴ
e0049603_4253712.jpg1月6日はキリストの誕生から12日目ということで、フランスではガレット デ ロワというケーキ(パイ)を食すそうです。
アメリカでもフランス領だったルイジアナ州ニューオーリンズではキングケーキと呼ばれて振舞われるそうです。
他にも、キリスト教徒の多い国では何かしら焼き菓子を食べるそう。
そのケーキの中に入っているのが、このフェーヴ。詳しくはwikiで。

写真は大昔に旅行したフランスで購入したパイの中に入っていました。
一人旅だったし、フランス語が話せなかったので、どこも人垣ができているパイ屋さんが不思議だったんです。
見かけはアップルパイと似たようなものなのに、なんであんなに大盛況なんでしょうと。
一切れ単位で売っているお店があったので、いただくことにしました。
中の人を見て、『お、おまけだ、ラッキー☆』くらいしか思っていなかったんです。

アメリカに帰り、引っ越したりして、中の人の行方が分からなくなってしまいました。
それから数年経って、ひょっこり出てきたので夫に見せると、「イエスキリストだね」と。
いや、ジョセフとか、他の人物とかじゃないの?と言うと、「いや違う。イエスキリストだ」ときっぱり。

ああ、ごめんなさい。
きょとんとした顔をしているので、イエス様とは露知らず、ポケットに入れたり、小銭入れに突っ込んだりしちゃってました。
随分長い間行方が分からなかったんだと夫に言うと、「イエスキリストが君を探してくれたんだよ」と。
いや、私が見つけたんだけど、キリスト教徒の感覚から言うと、そういう解釈になるのでしょうか?
そういえば、なんとなく道が開けた気が・・・(笑)

:::::
今年は、久しぶりに英語と日本語以外の言語を話す国、もしくは右も左も分からない土地に遊びに行ってみたいです。
感覚だけを頼りに、面白い発見があるような気がします。
[PR]
by retrojunkie | 2010-01-07 04:26 | その他の雑貨(other)
SQ Tag
e0049603_23295549.jpg特にレトロでもコレクタブルの類でもないんですが・・・
ギターケースについていたコワレモノのタグです。
9・11以前にギターを日本から持ってきたのですが、LAXで空港の従業員に「よう、中に機関銃でも入っているのかい?ハハハ」とジョークを飛ばされたのが懐かしいです。
丁度アントニオ・バンデラス主演のデスペラードという映画が公開された頃でした。
この映画、アントニオがギターケースの中に機関銃を忍ばせて、ケースを持ったまま射撃するウェスタンっぽい映画だったと記憶しているのですが・・・(予告で観ただけなのでそんな印象)
あの頃はとても平和でしたね。


e0049603_23302237.jpgここ数ヶ月、またベースを弾き始めました。
でも、随分ご無沙汰だったので、チューニングした瞬間に音が狂う。
ギターで有名な某GCに持っていったら、「これは、ネックの中の軸が折れているから、このギターと同じ年式の同じモデルのネックが手に入らない限り、修理できない」と言われました。
そんな10年以上も前のモデルで、全く同じ仕様のベースなんて見つかりませんよ。

藁にもすがる思いで、SamAshに持っていくと、「まかせとけ、2日後には戻って来い」なんて頼もしい返事が返ってきた。
眉唾もので戻ると、あっさり修理されているではないですか。腰が抜けました。
GCは新しいベースを買わせたかったんじゃないの?なんて言われて帰ってきました。
修理のおじさんによると、たまには触ってあげないと、音が狂うみたいです。

もうちょっと上手になったら、「バンドやろうぜ!」でメンバー募集して、イカ天目指します。
[PR]
by retrojunkie | 2009-10-19 23:31 | その他の雑貨(other)
ヴィンテージメダイ マリア様のチャーム
e0049603_12562840.jpg古いものが好きだと知ってもらえると、いろいろいただくことがあります。
この間も、信仰心深いアメリカ人の人に「古いのが好きなんだって?」と渡されて。
中にペンダントヘッドのようなものが沢山。
イタリア製が多いのですが、表だけでなく、裏にもメッセージが入っていたりします。
でも、この大半はとても軽い(アルミ?)ので、自分で購入するというより、教会が何かの機会(コミュニオンとか?)配っているもののような・・・本人に会ったら訊いてみます。

日本だったら、単体より、レースと革素材を合わせたアクセサリーにこのチャームが組み合わされていますね。これがチャームとして付いているブックマークを作るのもいいかも。
[PR]
by retrojunkie | 2009-09-12 12:57 | その他の雑貨(other)
a picture of good health
e0049603_13234179.jpgラッピングペーパーとして売られていた紙ですが、折ってしまうのは勿体無いので、ポスターにしてみました。
解剖図は解剖図でも、目を背けてしまうようなリアルなものでなく、ゆるい感覚がクスっって見た人を笑わせてくれたら・・・なんて思っているのですが、どうなんだろう。

一見、人間の脳の各部の役割が書かれているのですが、よ~く見ると当てずっぽうで明らかに違うのが素人でも分かる。
インターネットで探したら、この絵は1901年にE. J. Stanleyって人によって書かれた(でもこの人が画家なのか、医者なのかは分からず)ものだそう。脳の役割が判明していなかった時のものなのか・・・でもこれより詳細に書かれた人体の他の臓器の解剖図がそれ以前に出ているので、これが一般に信じられていた解剖図なのかな・・・ますます分からなくなってきた。


先日、フリマで中国の毛沢東をはじめとするヴィンテージのプロパガンダポスターを大量に発見しました。
カラフルな配色で、やたらと国民の顔が希望に満ち溢れている様子が描かれていて、それがまた胡散臭くて、そのギャップが非常に当時の中国を象徴しているようで、非常に欲しかったのですが、日本人である私が、これを買うのはどうなんだろうと自問。共産主義を支持しているわけではないし、「超→カッコよくない?」「やばぃよね~」って短絡的な考えで手に入れてしまうのはいかがなものかと。

後で知ったのですが、これ、グラフィックアートではかなり評価の高いものらしいですね。絵によっては価値のあるものもあるそうです。買っておくんだったと後悔先に立たず。もうそのおじさんを見かけることはなかったのでした。
[PR]
by retrojunkie | 2009-08-24 13:45 | その他の雑貨(other)
Tubular Chair by Marcel Breuer
e0049603_1420289.jpgお店に入って目に飛び込んだ元気なオレンジ。
Thonetの椅子です。最近トーネット、全然見かけないので感動!
マルセル・ブロイヤーデザインの椅子です。
彼は20年代に世界で始めてスチールパイプで椅子を作った建築家です。
この椅子は、チェスカチェアがベースで、ウールのファブリックカバーがついているもの。
オフィスにあっただけあって、ペットの毛とか、ポテトチップのかすとか、ケチャップの染みとかない(それはうちだ)、いい状態でした。


e0049603_14205089.jpg以前、イームズの2ドル椅子の話をした折に、「手に入れることができなかった椅子」に触れました。
それはノール社のブロイヤーのこの椅子だったんです。
チャリティーフリマで見つけて、4脚だったか6脚あったんですが、値段がなくて、スタッフに聞こうと思ったんです。
でも他のお客さんとおしゃべりに夢中で話が終わりそうにない。
もうダイニングの椅子があるからいいやと諦めて帰ってきたんです。
でも、この椅子、夏、涼しそうじゃないですか。
夏限定で使ってもよかったのに~と自分を責め・・・後悔先に立たず。

良く考えたら、子供が乗ったりして籐の編んである座面が破けたりしたらおしまいだし、これも縁なんだろうと無理やりこじつけて忘れることにしました。

このオレンジは2脚しかなかったけど、いやあ、うれしいなあ。

早速、夫がこれを見て「でもさ、夏に使っても涼しくないジャン」・・・( ゚д゚)ハッ!
いいんですよ。現にあなただって楽しそうにピョンピョン揺れてるじゃない。

この椅子、横から見るとキョンシーみたいなのも面白い。(今の20代より若い世代ってキョンシー知っているんだろうか)

今度はワシリーチェアとかスワンチェアとかどこかに転がってるといいんだけどなあ。
[PR]
by retrojunkie | 2009-07-30 11:24 | その他の雑貨(other)
wall clock Kienzle
e0049603_11314575.jpgこのキエンツレの壁掛け時計はプラスチック製で、シンプルな文字盤にオレンジの秒針がいい感じ。
ブラウン社の時計も秒針がワンポイントだったような。さすがドイツ製。目の付け所がシャープだね(それは違う会社だ)。
万年カレンダーも付いている!と喜んで家に帰ったら、これ、自分で毎日ずらさなくちゃいけないタイプのものでした。壁掛け時計を毎日外してらんないって。同じ理由で前の持ち主も手放したんでしょうか。
単三電池が入っていたので、「動かないや」って手放したのかもしれません。本当は単2電池なのに。
[PR]
by retrojunkie | 2009-07-27 07:32 | その他の雑貨(other)
Russel Wright American Modern
e0049603_4411686.jpg久しぶりのラッセルライトです。
コーラルのベジタブルボウルとクリーマーを70セントで発見。
シュガーポットもあったのですが、蓋がない。
何かないかな~と探していたら、見知らぬおじさんが、
「あっちにC&Sがいっぱいあるよ」と教えてくれました。
ありがとう。でもうちにはコーラルとグレーのC&Sが山ほどあるので、もういらないんですよとお礼を言いました。
親切なおじさんだったなあ。業者さんなんだろうか。

業者さんといえば、インパクトあるカリスマな業者さんに良く出会います。
行動範囲が似ているようで、色々なお店で出くわします。
彼女の手元にはいつもカッコいいものがあるので、レーダーが違うんだろうなあ。
私は彼女のように見つけることができません。
[PR]
by retrojunkie | 2009-07-24 06:44 | その他の雑貨(other)