カテゴリ:その他の雑貨(other)( 234 )
資生堂 オイデルミン
私は偏屈者なのかもしれませんが、ドラッグストアでレトロなパッケージを見つけると買わずにはいられません。
たとえばCorn Huskars http://www.elydrugs.com/personal_care_36.htmとか、大手のボディーローションの優等生のようなパッケージの中で、棚の一番下でわが道を行く的なパッケージが好きです。

今回日本のドラッグストアで出会った衝撃的なパッケージ。昔の装苑で資生堂のパッケージの歴史を特集した際にちらっと見たのですが、まさか遭遇するとは思いませんでした。やっと見つけたと思ったら棚の一番下で埃をかぶっていました。回転が良くないのかな、良くないのなら廃盤になっているはず・・・な不思議な存在です。100年以上売られているこの商品、とても魅力的です。


まず、落としても割れそうにない厚いガラスで、バラが中のピンクの液体を引き立てて麗しいイメージです。本当は使わずに眺めていたいのですが、どうしても使用感が気になったので蓋を開けてみました。
香りはバラではなく、昔ノエOアが出していた拭き取り化粧水と同じ香りでした。ちょっと刺激が強いのですが、眺めているだけで満足なので観賞用にします。

e0049603_11234.jpg
[PR]
by retrojunkie | 2005-04-07 11:01 | その他の雑貨(other)
ノグチイサムの記念切手
近所の郵便局は並ぶところにガラスケースがあって、その中に今発売されている記念切手があるんです。なので並んでいる間の暇つぶしにショーケースを眺めるということが少なくありません。ショーケースの中のカラフルな記念切手を眺めていたら、白黒の珍しい切手シートが。白黒が逆に新鮮に見えたのでよく近づいてみると・・・
イサム・ノグチの記念切手ではないですか!
早速1シート買ってしまいました。誰のアイデアか知りませんが、モノクロというところがイサムノグチらしいというか、かっこいいです。

e0049603_1332278.jpg

e0049603_133672.jpg
ディズニーはあまり好きなほうではないのですが、一緒に売っていたので姪っ子達や子供のいる友達向けに買ってしまいました。こうしてみるとポップでかわいいですね
[PR]
by retrojunkie | 2005-01-05 13:01 | その他の雑貨(other)
レトロなソーイングの本

e0049603_16185930.jpgシンガー社のソーイングブック。
その名も”シンガー ソーイングブック”
1949年初版、これは51年のものですが、3年で38万部ってすごい売れ行きじゃないですか?(違うかな?)
一年ほど前ネットオークションで手に入れました。
背筋を伸ばしたきちんとした身なりの婦人がミシンをかけてる絵・・・
アメリカの古きよき家庭の一コマって感じです。
簡単な裁縫の基礎からシャーリングの作り方、手で縫う場合のボタンホールの作り方、赤ちゃんのドレスからソファーの本格的なカバーの採寸から縫製まであります。

でも一番面白いのは最初の章の「ソーイングを成功させるには」。
●裁縫をするときは背筋を正し、けしてため息をついたりしながら縫わないこと。シンクにあるお皿をまず洗い終えてからの裁縫のほうがより楽しくなります。
●裁縫をするときは身なりを正しましょう。化粧をし、気に入ったお洋服を着用し、なるべく自分を魅力的に見せましょう。お気に入りの口紅、髪を整えるのです。自分の為の作品はあなたが綺麗であれば試着しても見栄えがいいからです。そして急な来客や旦那様が突然帰宅しても慌てなくて済むというものです。

・・・などなど。読んで噴き出しちゃいますが、ああ、50年代のアメリカ女性はなんて初々しいんだろう!と思います。これを読んで一生懸命家族の為に縫い物をしていたんだな、なんて。
[PR]
by retrojunkie | 2004-12-23 16:18 | その他の雑貨(other)
暮らしの手帖
2年ほど前に帰省した際、祖母の家に行って気がついたのですが、1970年代の5年分にも及ぶ暮しの手帖が置いてありました。
そこにあるということは20年近く知っていましたが手に取ることはなく。
なるほど読んでみると面白い。
些細なことで感情的になっているエッセイやお便りの数々。
「最近の若者のジーンズの履き方はなんだあれは!まことにだらしがない・・・(中略)私はジーンズにアイロンかけます」みたいなまじめに怒っちゃってる投稿も微笑ましいです。
でも70年代の日本で暮らす人の一生懸命さがちょっと覗けた気分になって楽しくなります。グラフィックもとても私好み。藤城清治さんの影絵も素晴らしい。小さい頃、彼の作り出す影絵の人物の目が怖かったため正視できなかったなんてこともいい思い出(?)です。
インテリアや洋服、暮らしのイメージソースにもなるので私にとっては嫁入り道具の一つでもあります。
重いので数冊だけこちらに持って来ましたが、いずれはあの本棚にある暮らしの手帖を全て集めたいです。
e0049603_11101414.jpg
[PR]
by retrojunkie | 2004-12-12 11:10 | その他の雑貨(other)