カテゴリ:Japanese Retro( 43 )
昭和な風景
e0049603_5353335.jpgおまけ・・・
私の2歳くらいの頃の写真。
ちゃんちゃんこの柄に注目。
黄色とオレンジの花がかわいいでやんす。
この昭和な風景、
コタツにみかんの山。
懐かしすぎます。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-07 05:41 | Japanese Retro
レトロな子供柄
きものがマイブームだった時、確か、渋谷のどこかのデパートで、着物のハギレをつなぎ合わせて、Tシャツのモチーフにしているのを見て、「これを作ろう!」って思ったんです。
そのままユニクロで無地Tシャツを買って、着物のハギレをさがしていたら、叔母さんや祖母、母がいろいろゆずってくれました。

今、いろいろ衣装ケースを整理しているのですが、私のお宮参りの着物も持ってきたはずなのに、見つからない!!
かなり焦っています。
でも、私のお宮参りの着物は、何となく、私のイメージした「レトロ」とは違う。
色が淡くて繊細なデザインで、まだちょっとレトロというには新しい感じというか・・・

e0049603_1463328.jpg叔母さんが「はさみを入れて、何か作っちゃって~」って譲ってくれた、このお宮参りのきもの(七五三の三歳用位の小さいサイズでした)、これが当に、私のイメージする「かわいいきもの」!

e0049603_147274.jpg手まりとか、狛犬とか、もう、これですこれです!って思わず叫んでしまった。
50年ほど前のデザインだとこういうのが見つかるわけですね。

これが、全然持ち主が分からないものだったら、ちょっと買うのを躊躇すると思うのですが、叔母さんのだからちょっと安心。
未だにハサミを入れることができないでいるのですが、額に飾って毎日眺めるのもいいな~と思ったり。
大きめのシャドーボックスを今度探します。


e0049603_1474036.jpgたとう紙もかわいい。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-04 14:09 | Japanese Retro
銘仙
e0049603_12155489.jpgやっぱりおせんで目を引くのは、鮮やかな配色の着物の数々。
銘仙には奇抜とも言えるほどの配色が施されているので、何年も経った今でも新鮮です。
模様も、幾何学模様とか、水玉とか、バラ柄とか、とてもカジュアルに感じさせてくれるパターンが多いのも特徴です。

私の持っている唯一の銘仙は、黄色地に紫のパターン。
とってもお気に入りの一枚なんですが、まだ一度も袖を通していません・・・
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-03 12:16 | Japanese Retro
矢羽柄 着物
e0049603_1094989.jpgちょっと下町、カジュアルで元気な感じ?矢羽です。
チラッと袖の中がオレンジです。
これはオークションだったような。

日本に帰った時、数軒、アンティーク着物を扱っているお店に行ったのですが、
棚にきれいに重ねられた着物を出して広げるのはとっても気が引けました。
まして、散々広げておいて何も買わないで出てくるなんてもっと気まずいよななんて考えて、広げることさえできませんでした。
着物をたたむスペースがないから、やっぱり店員さんに頼むことになりそうだし、
でもおはしょりを含めた着丈が命なので、やっぱりちゃんと丈を確認したい。
そんな不便さがアンティーク着物の買い物を難しくしているんだと思います。
逆に、骨董市とかのほうが、ハンガーにかかっていたり、ちょっとごちゃっとしているから広げやすいのですが、短い里帰りの期間にそんな時間的余裕はなく・・・。

その点、オークションは寸法や状態、シミの大きさから位置を事細かに書いてくれるので、海外の取引であったにもかかわらず、買い物がしやすかったです。
やっぱり日本人は丁寧で正直だ!と感動。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-01 10:24 | Japanese Retro
梅の花・羽織
e0049603_851166.jpg梅の花がちりばめられた羽織です。花の中心は絞りになっています。
本の受け売りで、松竹梅を合わせたコーディネート(羽織、帯、着物にそれらの柄が入っている)がしたくて、集めようと思ったんですが、どうも竹と松のいい感じの着物と帯が見つからずにギブアップ。どうも松と竹って渋すぎるのが多いんですよね。

e0049603_841525.jpg今から竹と松を探してコーディネートを完成させようかな。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-01 08:42 | Japanese Retro
七五三の髪飾り 
e0049603_4151575.jpgこれは、7歳の七五三につけたかんざし。
恐らくプラスチックだと思うのですが(子供のかんざしに鼈甲は贅沢すぎる気がするのです)、型にはめてプラスチックを流し込んだというより、手で彫ってあるような感じ。
プラスチックって手彫りできるんでしょうか。糸鋸っていう手もありますね。
[PR]
by retrojunkie | 2008-05-31 04:16 | Japanese Retro
髪飾り
e0049603_3273980.jpgおせんを観ています。
もう、着物がかわいくて。
大正ロマンな鮮やかな色使いといい、とってもとっても着物が着たくなるような気分になります。
首にはリネンを巻いたり、はて、このトラディッッショナルに嵌らないスタイリングはどこかで見たような・・・
クレジットを見て納得。
大森伃佑子さんだったのですね。
4年ほど前に彼女のアンティーク着物のスタイリング特集を装苑で見てから大好きでスクラップ、
更に着物を実家や親戚に譲り受けてこちらに持ってきたりしていたのですが、子供が産まれてから着る機会もなく・・・

久々に引っ張り出してみました。

写真は私が3歳の頃の七五三につけた髪飾り。
[PR]
by retrojunkie | 2008-05-31 03:27 | Japanese Retro
日本製マグ
e0049603_125295.jpgスタッキングマグを見つけました。
幾何学柄とか、こういう色が好きなんです。
どんな会社が作ったかわからないのですが、JAPANとだけ入っています。
星新一の本の挿絵的なレトロフューチャーっぽい雰囲気がいいですね。
flickrでも形が同じで柄の違うマグを発見。私にはラブリーすぎるか・・・。
一個10セントとかそんな値段だったのもうれしい。
[PR]
by retrojunkie | 2008-05-21 13:01 | Japanese Retro
マグ Unknown
ラスベガスなので今頃暑いだろうと思って軽装で行ったら、風がビュンビュン吹いていて寒かったです。こんな風は今までないとか。

レトロなものを探して15件ほど見て周ったのですが、あまりヒットせず。
当たりが悪いですなぁ。
それでも見つけたあんなものこんなものを紹介第一弾です。

e0049603_12265370.jpg
このマグ、お店に入って一番最初に目が行くテーブルに目玉商品(セール)としてあったもの。
どこ製か分からないのですが、キッチュでいいなあと思って。

e0049603_1228727.jpg

2回も値下げされているのに、このキッチュさが誰も理解できないなんて!っと勝手に憤慨、購入。

このお店はコレクタブルを別の部屋に移しているので、アンティーク商がつけるような値段がついているものも。
一方で本当のコレクタブルが普通のコーナーで、もってけドロボー値段がついていたり、なんだか微妙なお店・・・
[PR]
by retrojunkie | 2008-04-29 12:32 | Japanese Retro
ふくろうブーム
アンティーク屋さんでよく見かけるモチーフ:
ふくろう
プードル

てんとう虫

中でも、ふくろうに内心『??』だった私。
それは10年前の話だったっけ。

大分下火になりましたが少し前までふくろうブームでしたね。
ありとあらゆる商品はふくろうだったのは記憶に新しいです。

・・・なんて冷静に語っている私も手にしてしまったふくろう。
e0049603_11505611.jpg額に入った刺繍絵です。
ふくろうコーナーみたいなものがスリフトストアにあって、まんまとその商戦に引っかかりました。額や、その裏は雑なつくりなのですが、このすっとぼけた愛嬌のある顔に白旗です。
特に気に入っているのは、ふくろう3兄弟・・・群れるふくろう、大好きです。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-01 11:55 | Japanese Retro