カテゴリ:Space Age( 23 )
::11::万年カレンダー
e0049603_730338.jpgまた万年カレンダーです。
始めは珍しがって毎日変えるも3日になると忘れてしまうというのに。

某デザイナーのものに似ていますが、こちらはイギリス製?
ラジオ部分はサンヨーのものでした。
懐かしいラジオで、AMのあのピーガガーーという雑音の中からかすかに宇宙人の声が聞こえる程度です。
なのでラジオ自体は使い物にはなりません。
[PR]
by retrojunkie | 2012-06-14 07:30 | Space Age
Casalino Chair
小児科などの待合室でたまに遭遇できるこの椅子
カッコいいから置いたというより、そこにずっとあるからそのままにしている風な、この椅子。
欲しいなと思っていたのですが、オークションで探しても、いつも争奪戦のようになって、脱力。
しばらく遠ざかっていました。

先週、突然この椅子のことを思い出して、探したら、地元で一脚だけ売っている人発見だ!
メールしたけど、次の日になってもメールこないし・・・
半ば諦めたら、午後に2通もメールが来ていました。
2通目は1通目から6時間後に「で、見に来るの、来ないの?」
急かすなよ。15分で家出るからそこで待っててちょうだいよ。

e0049603_9531151.jpgで、ゲットです。
子供の椅子なので、擦り傷などが随所にありますが、それだけ子供に愛されて40年の歳月が流れたってものでしょう。椅子冥利に尽きます。
早速子供がブルドーザーごっこしたりするので目が離せませんが、すでに傷があるのでそんなに神経質にもなりません。


e0049603_103474.jpgパントンの椅子に似ていますが、Casalinoという椅子で、Alexander Beggeデザイン。彼は唯一Casalaのラインしかデザインしなかったそう。
西ドイツ製。

ネットオークションの落札戦争を目撃して、ヒップでメトロセクシュアルが沢山いるナウなレトロモダンな家具ばかり集めたアンティーク屋ですんごい値段が付いているのに目を光らせたのかどうか分かりませんが、2007年にCasalaがオリジナルの型で復刻させています。でも私の10ドルには勝てまい!(笑)
[PR]
by retrojunkie | 2009-10-17 10:05 | Space Age
Salad Bowls--Anna Castelli for Kartell
e0049603_1045124.jpgいい感じのサラダボウルセット発見です。
カルテルが作ったもので、デザインはアンナ・カステッリ。
小さなボウルは使用感がほとんどないのですが、大きなボウルは底にスクラッチが少々。イタリア製。

アンナさんといえば、去年発見したComponibiliが一番先に思い浮かびます。
暫くスペーシーなアイテムはご無沙汰だったので、嬉しい。
アンナさん、アルファロメオのオフィスもデザインしたんですね。赤い糸を感じます。

e0049603_10555135.jpg
[PR]
by retrojunkie | 2009-08-20 10:56 | Space Age
Heller Jar/Canister
e0049603_1383452.jpgHellerの食器は持っているのですが、ずっとキャ二スターが欲しくて・・・
青を見かけたのですが、プラスチックの蓋が擦られてささくれていて、断念。
しばらくしたら、見つけました。白です。食器はMassimo Vignelliデザインですが、これもそうなのか不明。
継ぎ目の極力ないデザインが好きなので、これが見つかってよかった。
売っていたのは、ヒスパニックのおばちゃん。
Hellerとか全然興味なさそうで、それも25セントという値段から伺えます。
Gracias!
[PR]
by retrojunkie | 2009-06-26 13:09 | Space Age
Multiplar by Rino Pirovano 
e0049603_1462281.jpgとってもお手ごろ価格だったので。
イタリアRexite社のMultiplarです。
白がやっぱり好きだなあ。あまり真っ白なものは見かけないのですが。
現行品でも買えるのですが、プチプライスに越したことはないですよね。
デスクに仲間入りです。
少し前までシャープなラインのB&Oの電話を置いていたのですが、いかにもでキザっぽいので、はずしアイテムとしてクチビル電話に変えてみました。ウケ狙いなんだけど、お客さんが通らない場所なので、ウケない。
新品同様にキレイなので、現行品なんだと思います。実は結構気に入っています。


こういう古いプラスチック製品のクリーニング方法に頭を悩ませていたのですが、カルテルのプラスチック専用クリーナーを見つけたのでMultiplarを掃除してみます。
[PR]
by retrojunkie | 2009-03-21 08:44 | Space Age
Kartell trash can by Gino Colombini
e0049603_13562252.jpg何の変哲もない、ただのプラスチックの黒いゴミ箱です。
何故これに目が行ったのかさえ不思議なんですが、ひっくり返したらカルテルのゴミ箱だったんです。

最近私は、何かを見たらとりあえずひっくり返すのが習慣になっているみたいです。お行儀悪いですね~。星一徹のようです。因みに一徹がちゃぶ台をひっくり返したのはたったの一回だけだったというトリビア(@トリビアの泉)を思い出しました。エンディングだったかオープニングで毎回放送するのでそういうイメージが付いてしまったんだとか。星一徹もいい迷惑ですね。

閑話休題。
このゴミ箱、よく見ると、別にデザイナーでなくても普通にデザインでき@!*WOjl!
・・・すみません。きっと、この高さと開口部の大きさが、間違えてプリントアウトしてしまった書類のロングパスシュートを可能にする設計なんだろうと思います。
Gino Colombiniのデザイン。
底にまだ$9.99と色あせた値札が付いています。
今、現行品で買うと60ドルはするので、相当古そうです。
気になるお値段は、いちご新聞一冊分くらい。
[PR]
by retrojunkie | 2009-03-13 13:56 | Space Age
万年カレンダー
e0049603_12265229.jpgいくつ万年カレンダーを持てば気が済むんだろうって感じですね。
私も呆れ気味です。
白X黒のスペーシーが丁度私が集めているものにリンクしているので放っておけなかったんですよ。

おじいちゃんが、何十年も何も考えずに購入したものが、ごちゃまぜになっているセールで。書斎なんでしょうか、デスクの上の棚にありました。
上のボタンをポチッと押すと、パタパタの日付が変わります。
下のダイヤルは手動でクルクルと回して月を設定。
香港製ってことは80年代のものなのかな。
[PR]
by retrojunkie | 2008-10-21 12:28 | Space Age
Tangle by Richard X. Zawitz
子供がいるので、我が家のリビングはよく言えばシンプル、悪く言えば寂しいです。
子供が怪我をしないように安全対策をする代わりに、ケガのものになる物をなるべく排除した結果です(コンセントの穴は安全対策していますが)。

コーヒーテーブルの上に、何か欲しい。
でも、雑誌やテレビにあるような、雑誌や写真集、画集をセンス良く積み上げると、遊ばれて破かれたりします。
なのでコーヒーテーブルの上は何もなし。
床がフローリングなので割れるものもだめ、植物もだめ、何を置けばいいのか。

e0049603_0223191.jpg何も分からずに手に入れた、この変テコなもの。
Tangleって言います。
Richard X. Zawitzって人が82年に考案したそうです。
惹き付けられる様な不思議な感覚。
家に帰って調べると、この人、保守的なペンシルベニアの田舎町出身で、ハワイ大学でファインアートを専攻、副専攻でアジア哲学とアジア絵画史を勉強し、その後京都に住んで日本の伝統的な木彫と石彫を習得、更なる修行?を求めてネパールを訪れたとある。
この作品も、元はチベットのinfinite knotからインスパイアされたものだそう。


なるほどっ!
これで私の中の「放っておけない何か」が分かりました。


さて、このTangleですが、現行品で大きいサイズでは、レインボーとクロームしかないようです。
レインボー、確かにおもちゃ屋さんで見たことがある。
サイズが大きいと、スカルプチュアみたいで楽しい。
そして、子供がいじっても大丈夫、大人が見ても楽しめる、落としても割れない、冒頭の問題を一度に解決してくれた傑作です。
e0049603_0235965.jpg触っちゃだめ!でなく、ゲストも子供もいじって、他の人が作った”その場の偶然”を鑑賞する。
アメリカではconversation pieceという、「話題になるきっかけになる何か」と意図的に置くことがあるのですが、これもそれにぴったり。
MoMAストアでクロームのミニチュアサイズが購入可能です。
透明があったらいいのになと個人的に思います。

テレフォンショッピングみたいな記事になってしまいました。
七福神財布もポケットカメラも付いてきません。アフィリもやってません。

彼のサイト、プロフィールの詳細はこちら
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-28 00:27 | Space Age
Heller Turquoise bowl&plate
e0049603_450335.jpgHellerのボウルとプレートです。
プラスチックの食器類って、原色が多いのでピクニックでもない限り普段使いできないなあと思っていましたが、ターコイズを見つけてしまったのでこの色ならいいかもと思い購入。現行品では白しか見たことがなかったので、うれしい。
朝とおやつの時間に出番の多い、芸能レポーターのような存在ですが、しっかり仕事してくれます。
重ねた姿も美しい。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-14 04:59 | Space Age
Kartell Componibili
e0049603_1129014.jpgStoppinoさんを始めとするスペーシーな小物が集まってきたので、ちょっと大きなものをと思い、KartellのComponibiliをポチろうかどうしようかものすごく迷っていました。

これを見つけたとき、息が止まりました。
いや、なんちゃってコピーだろうと思って見ると、本物。
上に物が置いてあるので「ごめんなさいね。これ、売り物じゃないのよ」なんてオチがあるかと思ったら売り物でした。
しかも3ドル。この10倍してもお買い得なのにっ!
売り主いわく、邪魔なんですって。
邪魔ですか。
邪魔・・・

私にとっては願ったり叶ったり。
メガミリオンは絶対に叶いませんが、このくらいだったらいいのかな。サンキュー!

この時代の白いプラスチック製品によくある、日焼けがありますが、これといった解決法はないので、そのままにしておきます。
[PR]
by retrojunkie | 2008-05-26 11:44 | Space Age