カテゴリ:Scandinavian( 139 )
骨董コレクターのガレージセール
友達がガレージセールしているから、冷やかしに遊びに行こうとした、
そのすぐ裏にガレージセールがっ!
見るからに、骨董コレクターさんの家で、
ヴィンテージのバスケットに10ドルなんて値をつけている(しかも染みアリ)。

Zippoのコレクションやら他にもいろいろ。
ふと手に取った皿がアラビアでした。
しかも値札がない!

e0049603_785724.jpg

骨董コレクターのガレージセールって、
1)値段設定が高い
2)値切ろうとすると、「これはイー○イだといくらいくらで・・・」とうんちく垂れる
(じゃあイ○ベイで売ってくれよって言葉を飲み込んで)

とにかく面倒な相手なんですが、
ダメもとで値段を聞いてみることに。

緊張していると、
「う~ん・・・10セントでどうだ?」

へ?(脱力)
[PR]
by retrojunkie | 2007-10-19 07:10 | Scandinavian
残り物には福がArabia【その一】
涼しくなって、すっかり秋の天気が続いたり、
かと思えば、シカゴマラソンが暑さと湿気の多さで途中で中断したり。

そろそろ教会バザーも少なくなってきました。
教会も、クリスマスや感謝祭に向けてオカンアートクラフトセールにシフトしはじめています。

今年の教会セールの締めくくりは、とあるセレブなエリアの教会セール。
一年に一日だけのこのセールで日本円にして2500万円ほどの売り上げを記録するという、
聞いただけで興味をそそられます。
教会セールは大抵土曜日なので、夫も連れて行くのですが、
このセールは何故か木曜日。
それでも朝から行列ができるそうですが、私は終了の3時間ほど前に到着。
教会の前のテントをざっと見ても、もういいものは売れてしまった様子。
体育館に移動しても、人しか目に入らず・・・
予想以上ににもこのセール、大きいのです。
地下室の小部屋はリネン、バスケット、ガーデニングと
カテゴリー別に部屋が分かれてる。
そして外に更にテント、そして別棟にそれぞれおもちゃ、本、家具、食器、
工具、スポーツ用品・・・3時間で回りきれそうにないので行く場所を絞ることに。

エリアによってはもう箱詰めにして閉店準備しているところも。
食器類の小部屋は締め出している雰囲気はなし。
そこからゆっくり攻めることに。
早速かわいいゾウさんのお皿発見!
e0049603_12143759.jpg
持つと意外とずっしり。
実家で煮物が入って出てきても違和感のない形。
子供用のお皿だから、ひっくり返らないように重くしてあるのかもしれないけど、
どんな重さでも子供はひっくり返しますよ・・・
アラビアも工夫しているようで、読みが甘い(笑)

いいものはすっかり売り切れたと思ったけど、
アラビアってあまり知名度ないのかな。
でもこれだけで十分来た甲斐がありました。
[PR]
by retrojunkie | 2007-10-10 12:20 | Scandinavian
ウプサラのお皿

e0049603_13121844.jpgUpsala Ekebyのデザート皿。
ちょっと地味ですが、その控えめなところがまた好きだ。
C&Sがあったら最高なんだけどな~
RusselWrightのC&Sだらけで置き場所がないんだった・・・

ヴィンテージで購入したデンマーク製のダイニングチェアの布の張替えをすべきかどうか悩んでいます。
IKEAの家具のように、パーツをねじで締めるようになっているんですが、専門業者に聞いたら、チーク材ではあるけどお世辞にも質がいいとはいえないとか。張り替えるだけの価値があるかもう一度考えてみたら?と親切なアドバイスを貰いました。
一応布のサンプル帳を借りて一ヶ月あれこれ考えているのですが、結論がみつからず。
[PR]
by retrojunkie | 2007-06-26 13:21 | Scandinavian
Arabiaの子供用食器
この間、ちょっとした用事のついでに、サイドウォークセールをしているショッピングセンターを発見。商店街の中であらかじめ日にちを決め、店の前でセールをし、客寄せをする方法なのですが、今回はそうと知らずに掘り出し物に遭遇。150ドルほどするジーンズを30ドルで見つけてしまいました。
なんだかいい気分なので、その気分に便乗してその土地のアンティーク屋さんにもGO!
カーナビがあるので、知らない土地でも道草しても大丈夫。今更ながらなんて便利なんだろう。

e0049603_14241251.jpg
3件目のお店で見つけたアラビア。
ちょっと見たときは、全然アラビアとは気がつかず、なんだか素朴な食器だなと思って見たら、アラビアだったんです。
ちょっと高かったのですが、思い切って買うことに。
勿論、勿体無いので子供には使わせませ~ん(ごめんよ)。ライヤ・ウオシッキネンのデザイン

e0049603_14242970.jpg
素朴だけどかわいい。
[PR]
by retrojunkie | 2007-06-13 14:26 | Scandinavian
Danskのエナメル鍋
e0049603_25223100.jpg
知り合いが「ずっとあっても使わないし」と処分しようとしていた鍋。
本人はDanskなんてブランドは知らないらしく、「ただその辺に転がっていた、いつのまにか家にあった鍋」ぐらいにしか思ってないらしい。
捨てちゃうのは勿体無いので「ちょっと待った~!!!!」と私が頂戴することに。
先日、テフロンの中華なべを処分したばかりなのでこれは丁度いい。
早速リゾットを作ってみました。
普通の野菜を食べてくれないわが子は、ミックスベジタブルなら喜んで食べるので(意味不明)それを混ぜて・・・
パエリアを作る鍋らしいのですが、パエリア作るにはちょっと小さいような。

それにしても、”誰かにとってののゴミは、誰かにとっては宝”とはよく言ったものです。
[PR]
by retrojunkie | 2006-09-28 02:53 | Scandinavian
きのこのS&P 【デンマーク】
e0049603_9442016.jpgいつ買ったのか、どこで買ったのか全然記憶喪失のようになってしまって思い出せないのですが、手元にあったソルト&ペッパーシェーカー。
手元にあることだけはずっとわかっていたのですが、最近それがデンマーク製だということに気が付きました。お土産屋さんで売っていたのでしょうか、地名が手描きで入っています。茶の部分が素焼きです。白いプツプツの立体感もいい。

ぽってりしていて、眺めていると顔がにやけてきます。

スーパーマリオブラザーズに出てくるアイテムの中のキノコにも似ています。

ふたつ並べると、今にも「ちょっと!ちょっと、ちょっと!」って言いそうな雰囲気。
[PR]
by retrojunkie | 2006-08-09 09:51 | Scandinavian
ノルウェーのキャンディー皿
e0049603_10294352.jpgシャビーシック好きな友達に誘われて行ったエステートセール。
カントリー調のインテリアの彼女とはカテゴリーは似ていても、ちょっとテイストが違う。そこがまた面白い発見で楽しい。共通項はミルクガラスなので取り合いになりますが(^^)。
あまり期待していないエステートセールでしたが、ノルウェーの小鉢を発見。切子ガラスです。
緑のガラスは数少ないのでとっても新鮮ですが、とっても薄いので扱いが怖い・・・



アメリカで見つけるレトロなものって、当然アメリカのものが多いのですが、次に圧倒的に多いのは北欧のもの。なぜかフランスのものは皆無です(ネットオークションは除きますが)。
ごくたまに同じくらいの割合でドイツのものにも遭遇します。
なので、いつか必ずやこれらの国を回ってみたいです。
[PR]
by retrojunkie | 2006-07-08 00:20 | Scandinavian
スウェーデンのトレイ
e0049603_1330686.jpg今まで散々目にしてもときめかないアイテムだったのですが、今の自分にはしっくりくるというか、好きなラインを描いているななんて思って手に入れました。友達と入ったアンティークと雑貨やさんを二で割ったようなお店で、別に目的も何もなかったので、余計に嬉しい。
このトレイを手に入れたその日から、やたら北欧のステンレスものが目に付きます。キッチンアイテムが多いので、このトレイも恐らく前菜なんか盛るのに使われるべきなんでしょうけど、私はバスルームで使っています。

同じ理屈で、いつ他のページがその時の自分にしっくりくるか分からないという理由で、昔の雑誌がいつまでも処分できません。いい加減スクラップして残りを処分したいのですが・・・
[PR]
by retrojunkie | 2005-10-28 13:35 | Scandinavian
マリメッコのレトロ柄バッグ
e0049603_13533218.jpg貧乏学生だった頃、ガラクタ屋さんとかを友達とワイワイ言いながら探検するのが好きでした。
古着が大好きで、学生時代はポリエステルのド派手なシャツにジーンズなんて格好で学校へ行っていました。クラスメートからは「Groovy(死語)」なんて言われたり。
その頃大量に集めた、かちっとしたバッグ(ジャッキーOとかが持っていそうなあれです)は、もう今の私の生活スタイルには合わないと、少し前に処分してしまいました。なので、もうグルーヴィーなバッグは買わない、持たないと決めたのに・・・

見つけてしまいました。
目が釘付けになってしまいました。
手に取らずにはいられなくて、手に取ったら買わずにはいられなくて。
アメリカの家庭に一つはあるというくらい浸透している旅行カバンのメーカーのものです。家に帰って調べてみると・・・これ、マリメッコじゃないですか!
こんなに昔からダブルネーム、コラボ、やってたんですね。2重にびっくり。
更に調べたら、かなりレアらしく、心が揺れる値段がついていました。
中にも共布でポーチがついていて、ボトルが中で倒れないように工夫までしてあって、嗚呼、私は降参です。今までで最強にグルーヴィーなバッグです。
でもものすごく重いので、普段使いには向かなそうです・・・
+++
ハンドメイドのカテゴリーに引っ越し分を追加しました。
お暇だったら見てください。
[PR]
by retrojunkie | 2005-10-22 14:07 | Scandinavian