カテゴリ:Scandinavian( 139 )
::1:: 魔法瓶
e0049603_134211.jpg“好きなものカウントダウン”、今日で100個になりました。
今日のお気に入りはスウェーデンの魔法瓶です。
日本で出版の北欧の本に載っていたな~と家に帰って確認しようと思ったら、(私物)って書いてありました(がっくり)。

折角の”北欧のかわいいカフェ雑貨”なんてタイトルの本なのに、
出している雑貨にメーカーやデザイナーのクレジットがほとんどないのも困ったものだとつぶやきながら、
いろいろ検索してやっと見つけました。
Carl-Arne Bregerのデザインだそうです。
この人はあのEricofonをデザインしたことで有名です。
私も10年ほど前、どうしてもあの電話が欲しくてオークションサイトを毎日のようにチェックしていたっけ・・・

斜めにすれば勝手にお湯が出てくるステルトンと違って、これはくるくると回して外さないとお湯が出ないのが惜しい。
$1.99という値段が付いていたのですが、レジに持っていって知ったのですがどうやら半額の日らしく、税込みで$1.08でした。
「釣りはとっときな。」なんてキザなせりふが言えるほどの額ではないのですが、$1.10を置いてきました。



********

好きなものカウントダウン。
カウントダウンを始めた日が特別だったわけでもありませんでした。
かといって、今日が特別な日なのでそれに合わせたという訳でもなく。

8年前にこのブログを始めた頃は、もっと生活がゆっくりで、上の子もまだ幼く、時間に余裕のある中でのスタートでした。

もちろんヴィンテージ探しも容易にできましたし、記事に困らないほどの出会いがありました。
自分の覚書として、カタログ的に見つけたものを淡々と記録していました。
何せ雑貨のデザイナーや名称を全て覚える自信がなかったので。

そのうち子供が大きくなり、習い事が増え、週末がつぶれ、
私の生活が変化し、興味の幅や社交の機会が増え、ガレージセールもエステートセールもほとんど行けなくなりました。
私が住むエリアのガレージセール、特に年配の方のものは、毎年同じ人ばかりなので行くこともなくなりました。

たまに見つけるヴィンテージものも、すでに持っているものだったり、昔のように「見つけたら買う」というほどの勢いはありません。


ブログタイトル通りの話題を期待して訪れる方に、他の話を提供することが自分でも抵抗があったり、
というか、既に話題が逸れていることの方が多いのですが(笑)そんな自分のブログの方向性に違和感も感じていました。

例えば、TOKIOのファンブログだから楽しみにしていたのに、最近大相撲の話と庭のきゅうりの成長日記が増えてきたぞ?という違和感に似ています。
かといってレトロなものが見つかるまでブログを放置するのにも抵抗があります。

そんな訳でこの状態を打破しようといろいろ考えました。
そこで、100個分、好きなものを書き綴って、その後でも今までのような新鮮さや勢いが感じられないなら、結論を出そうというミッションを作りました。
ブログを始めた2年目あたりで、エキサイトブログの画像容量がいっぱいになったらブログを完結しようと目安にしたら、いつの間にか容量が10倍に増えていて、辞めるに辞められなくなってしまったというオチもありますが(笑)。
実際ここ2ヶ月ほど、もう10年以上前に購入したものを引っ張り出して紹介しているものが大半なので、目新しいヴィンテージの出会いがないんだと気がつきました。
探しに行っても、似たような趣味のアメリカ人に先を越されていたり、昔ほど収集は容易ではないようです。

何よりも遊びに来てくださった人と交流が持てて楽しかったので、非常に名残惜しいのですが、いちどここで完結しようかと思います。
このブログが休眠をしていても、ヴィンテージ収集はこのブログが始まる前からライフワークのようなものなので、スローペースながら続けるつもりですし、スパムコメントを退治しにログインをしつつ、皆さんのブログにはお邪魔したいと思います。
その折にはどうぞよろしくおねがいします。



今までレトロジャンキーをご愛顧いただきどうもありがとうございました。
[PR]
by retrojunkie | 2012-07-31 13:21 | Scandinavian
::14:: 食器棚も衣替え
e0049603_4394210.jpg夏も近いので、食器棚も衣替え(?)です。

Fennicaを地下の納棚から取り出して、全て食洗機にかけます。

偶然にも、Whole Living誌に「赤い食器は食欲を抑えるのでいい」というのを読んで、
『ええ~赤の食器ってあまり料理が映えないじゃない』と思ったのですが(まあ、料理が映えない=食欲が出ないのが目的なので真っ当な理屈なのですが)
「一番食欲を増進させるのは青」と書かれてあって
『それ一番うちにある食器じゃない!』と。

まあ、だからというわけではないのですが、季節ごとにセットになっている食器を衣替えしてみました。
Gabrielにはお休みしてもらいます
[PR]
by retrojunkie | 2012-06-06 04:39 | Scandinavian
::35::Dansk Penguin
e0049603_6395795.jpgダンスクのペンギン。

このダンスクの置物は、どれも日本製です。
[PR]
by retrojunkie | 2012-04-19 03:33 | Scandinavian
::36::Dansk Cat
e0049603_640579.jpg前回のキリンに続いて、今日はネコ。
[PR]
by retrojunkie | 2012-04-17 04:31 | Scandinavian
::37::Dansk Giraffe
e0049603_6384449.jpgダンスクのキリン。
やっと腰を上げてきれいにしました。
家のシルバーアクセサリーも一斉にお掃除しました。
[PR]
by retrojunkie | 2012-04-16 04:30 | Scandinavian
::40::さくらんぼ!
e0049603_1310863.jpg隣同士 あなたと あたし さくらんぼ~♪

::::もういっかい!::::
[PR]
by retrojunkie | 2012-04-13 01:26 | Scandinavian
::45:: Orrefors Votive candle
e0049603_0582135.jpgOrreforsの花瓶は持っているのですが、キャンドルホルダーははじめてかも。
気のせいかもしれませんが、もしかしたらiittalaより光の当たりがいいかもしれません。

このキャンドルホルダーは、エアープランツを入れています。
去年、植物園のエアープランツ愛好会が主催するショーの売店で購入したのですが、
つぼみのあるものを選んだのに、その後花が開かず・・・
そのまま一年が過ぎ、脇から子株が出てきました。
子株が出てくると、花が咲いた株には花はもう咲かないんです。
まさに一生に一度の晴れ舞台。

なんというか、ここ一番という時に花を咲かすことができずに子育てに追われているようで、身につまされます(笑)。

::::::more::::::
[PR]
by retrojunkie | 2012-04-08 00:58 | Scandinavian
::47::木彫りの熊
木彫りの熊といえば、でっかいどう、北海道。
どれも鮭を口に咥えてマッチョなオレをアピールしているものが多いですね。

e0049603_1361464.jpg私が見つけた熊さんは、どちらかといえば、きれいめ草食系なクマさん。
がっついたり、ましてや生き物を噛み付いて食べちゃったりするなんてしそうにない、ひかえめでおとなしそうな風情。

どちらも好きです。
こんな昨今だからこそ、逆に肉食系の熊さんも恋しかったり。
アメリカ生活長くなっちゃって、日本にいたときは気がつかなかった、北海道の木彫りの熊さんの魅力も再発見したり。
父に送ってくれないか相談してみます。
勿論手に入れた暁にはテレビの上に鎮座してもらいます。

この熊はノルウェー製。
[PR]
by retrojunkie | 2012-04-03 01:36 | Scandinavian
::51:: Candle holder
e0049603_6303314.jpgデンマーク製なのですが、会社がとてもマイナーなのか、アルファベットだけなので検索に引っかかりませんでした。
艶がない、ニスを塗っていない状態のものです。
デンマークの木製の小物ってこういうのが多いですね。

で、Rude三兄弟と並べたら、形もテクスチャーも違うので、違和感ありかな~と思いながら並べてみたら・・・

::::More::::
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-26 06:32 | Scandinavian
Googleのトップがマリメッコ
e0049603_13122660.jpgいいですね~
一番左から、言うまでもなくウニッコ、次は不明、その次はKARKUTEILLA(軽く行ってらじゃなくてカルクテイッラです)、そしてKESATORI、脇阪克二さんのBo Boo、その上に乗っているドットはRasymatto、karkulaiset・・・

二番目だけどうしても分かりません・・・
[PR]
by retrojunkie | 2012-03-20 10:58 | Scandinavian