Marimekko Fabric Pirkko Lantinen <Hanoi> 1968
ものすごく昔の話題なのですが、北京オリンピックの開会式がとても楽しみだったんです。
ピーコさんのファッションチェック、いや、ジョーン リバーズ並みに目を光らせていました。
特にフィンランドとスウェーデンがどう出るか楽しみだったのです。
まずフィンランドに狙い撃ちされました。
e0049603_16173288.jpgか~わええやないの~
北欧テキスタイルの期待を裏切らないデザインです。
調べたらやっぱりマリメッコでした。
テキスタイル界の王様やぁ~

オリンピックにその国を代表するデザイナーが手がけるって素敵です。
「自分の国大好き」を思い切りアピールする”アメリカ以外”の国を見るのがとても嬉しいです。

でもスウェーデンのチャイナ服にはちょっとがっかり。


オリンピックの興奮冷めやらぬまま、いつもの日常に戻ったんですが。

先日、背の高いノリのいい中年おじさん二人組みのセール。
e0049603_16503123.jpgちょっと気になるファブリック発見。ビビッドなテキスタイルが気に入りました。
柄が好きだったので、値段以外に元の場所に戻す要素は全くなかったのですが、
内心『マリメッコだったら嬉しいかも♪』と思いながら耳をみたら・・・マリメッコでした。
Pirkko Lantinenの1968年のデザインHanoiです。
テーブルクロスとして使われていたようで、端ミシンがありえないくらいの狭い幅で丁寧にかけられていました。耳を処理せずに残してくれたのは、意図的だったのか、そうでないのか・・・

3メートルほどあるので、壁にかけると床ギリギリ。
子供に触られるのは困るけど、柄が縦に入っているので横にして飾ることはできないし、ましてハサミを入れるなんて論外です。
一メートル置きに135センチ幅の一輪の花がドッカーンと入った大胆な柄。
2、3箇所に小さなしみがあっただけで、ほぼ新品同様だったので、心の準備をしながらおじさんに聞くと「1ドル♪」。
思わず説教しそうになりましたが、そこはポーカーフェイスで。
[PR]
by retrojunkie | 2008-09-07 17:00 | Textile
<< Maija Isola <... Dansk Kobenstyl... >>