振袖
おせんを一気に観たあの日から一週間ほど経とうとしています。
大分興奮は収まりました(笑)。
新しいのがでたらどうなるか分かりませんが・・・。

e0049603_13451040.jpg着物シリーズの最後の締めは、振袖です。
私自身、成人式を祝わなかったので、振袖はないのですが、叔母さんからいただいた彼女の成人式の振袖、そして、オークションで手に入れた振袖があります。
叔母さんのものは、淡くてやさしいピンクと朱色って感じですが、オークションの振袖の方が花の色がビビッドです。金糸で縁取りされている花も。手作業だったんでしょう。こちらの方が古いように思います。

今回帯は紹介しなかったのですが、参考になれば・・・

:帯をネットで買う時の注意:
帯は、どんなに細かく売り手の人が状態を明記しても、実際締めるまで状態がわからないというのが本音です。
私もオークションで良心的なショップから買いましたが、なにせ古いものだったので、締めた途端に布が裂けたことがありました。芯地は大丈夫だったのですが・・・
あと、写真では締めやすい帯とそうでない帯の区別がつきにくいこと。
実際自分で色々な帯を締めたことのある人だったら写真だけでも分かるのでしょうけど、そうでないなら本当に賭けです。

おせんで、昔の着物熱が再発した私にお付き合いいただきありがとうございました。
次回からは通常のレトロ物を紹介します。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-09 14:22 | Japanese Retro
<< アラビア Blue ribbon かんざし >>