かんざし
e0049603_633230.jpgかんざしって、物凄く難しい漢字なんですね。→簪
ブラウザーだと、特大文字にしないとどういう造りなのかさえ分かりません。

これも私が7歳の時につけたかんざし。
着物は水色っぽい青でした。
親戚がみんな「演歌歌手みたいだ。ピンク(赤)にしなさい」って言ったのを覚えています。
そして、前歯は一本永久歯に変わる途中だったので、笑いたくないのに笑えと言われて複雑な年頃だったのも覚えています。
今も当時の写真を見ると、切なくなります。
私の永久歯、せめて七五三が終わるまで待てなかったのかっ!(笑)

このかんざし、花の部分が揺れるのですが、プラスチックの鎖で串の部分と繋がっているんです。
この鎖がまた小さい!輪同士を繋げる時に折れなかったんだろうかとか、余計な疑問ばかり頭をよぎります。

::先日、母に私のお宮参りの着物が見つからない件で話をしました。
もともとそっちに持って行かなかったじゃないとのこと。な~んだ。( ゚д゚)
最近、物忘れが激しい私です。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-07 06:13 | Japanese Retro
<< 振袖 昭和な風景 >>