矢羽柄 着物
e0049603_1094989.jpgちょっと下町、カジュアルで元気な感じ?矢羽です。
チラッと袖の中がオレンジです。
これはオークションだったような。

日本に帰った時、数軒、アンティーク着物を扱っているお店に行ったのですが、
棚にきれいに重ねられた着物を出して広げるのはとっても気が引けました。
まして、散々広げておいて何も買わないで出てくるなんてもっと気まずいよななんて考えて、広げることさえできませんでした。
着物をたたむスペースがないから、やっぱり店員さんに頼むことになりそうだし、
でもおはしょりを含めた着丈が命なので、やっぱりちゃんと丈を確認したい。
そんな不便さがアンティーク着物の買い物を難しくしているんだと思います。
逆に、骨董市とかのほうが、ハンガーにかかっていたり、ちょっとごちゃっとしているから広げやすいのですが、短い里帰りの期間にそんな時間的余裕はなく・・・。

その点、オークションは寸法や状態、シミの大きさから位置を事細かに書いてくれるので、海外の取引であったにもかかわらず、買い物がしやすかったです。
やっぱり日本人は丁寧で正直だ!と感動。
[PR]
by retrojunkie | 2008-06-01 10:24 | Japanese Retro
<< 銘仙 梅の花・羽織 >>