AntheorのC&S
初めて行ってみたアンティークショップ。
ひとつは、シャビーシックなお店で、オーナーが女性。
お店の奥からやすりの音が絶え間なく聞こえてきて、目の保養になる家具ばかり。
次はありとあらゆる人形が売られているお店。
復刻版のアメリカンブライスも見せてくれました。

最後に入ったお店、オーナーが中年男性で、なんだか愛想が悪い・・・
いや、意地悪とかじゃなくて、いろいろ話しかけずにそうっとしておいてくれる人なんだろうと勝手に判断。
冬の木漏れ日が燦燦と注がれる明るい店内には、オペラが。
アンティーク屋なのにオペラってあまりないです。
アンティーク屋の90%位は確実にオールディーズがかかっているので、これはちょっと新鮮。
そのオーナーはアンティークの、引き出しが沢山付いた机に肘を突いてぼんやりしています。

店内を見ると、もっとしてもいいアイテムが意外にもお手ごろ価格だったり、
お手ごろだろうと思ってみると意外にも高かったり。
でもかなりのものが良心的な値段設定。
アンティーク屋の埃っぽさとか、カビ臭さとかなくて、清潔感のあるお店でした。
オーナーに聞くと、期間限定で開けたお店だそうで、今月いっぱい開店しているとのこと。

そこで見つけたのがこのC&S。Antheor、アンソワ?アンテオール?って読むんでしょうか。
e0049603_12203622.jpg
ヨーロッパのメーカーでも、その国で作られているのってかなり少なくなってきています。
これは15年くらいの歴史の会社で、南フランスで作っているよう。
びっくりのスリフト価格だったので、そこにあったC&S2組と同じパターンのスープボウル2ついただくことに。
それでも更にまけてくれ、消費税はいいやと言ってくれたので、なんだか申し訳ない気分に。
閉店までにもう一度行ってみようかと思います。

このカップ、たっぷりコーヒーが入るので、目下お気に入りです。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-23 12:21 | その他の雑貨(other)
<< ふくろう繁殖中・・・ アテンション・プリーズ >>