アテンション・プリーズ
私のPCのある机の上です。
赤い縁取りのトレーはUnited Airlinesのもの、グレーのものはLufthansaのもの。
e0049603_326563.jpg
機内食のコンパートメントの一部だったのでしょう、
効率よく収納できるようにスタッキングができます。
淵を作ると、それが数ミリであっても乗客の数が数百人もあれば
狭いキャビンがもっと狭くなるでしょう。
そこを考えて、淵を作らず、揺れても崩れない。
たかが機内食、されど機内食。

日本の航空会社が高騰する燃料費を少しでも節約しようと、カトラリーをリデザインしたそうです。
それでもほんの数キロしか軽くならないのに涙ぐましい努力です。
・・・っていうか、カトラリーの軽量化を図るより、席からはみ出す乗客をなんとかしろあ1じょrskdjぁせう%ぽ

これぞ機能美のなせる業。しかもスタッキングしても美しい。
私の友達の父親はプロダクトデザイナーですが、デザインするときは、
お店は勿論、倉庫に積み上げられた時の見た目も計算に入れると言っていました。
アノニマスデザインでも、そこまで気を配られたデザインを目の当たりにすると、
賞賛したくなります。

デスクの上のクリップとか名刺とか入れるのにもいいですし、
寝室にあるアクセサリーを収納するのにもいいかもしれません。
忙しくて空の旅ができない人は、おうち機内食も。
旅客機ファンはもちろん、そうでない方にもオススメです。
[PR]
by retrojunkie | 2008-02-23 03:36 | その他の雑貨(other)
<< AntheorのC&S シャドーボックスのリメイク >>