ボタン
行かなくても分かるダメダメなガレージセールの条件っていうのが書かれた面白いブログを以前紹介しました。
彼らのようにトランクがいっぱいになるほどのお宝をゲットしたことは残念ながら一度もありませんが、ああいうブログを見るのは楽しいです。
Hugeって書いてあるガレージセールや、Antiqueって書いてあるガレージセールは私は信用しないのです。
Hugeと書いてあるから、ものすごい量の大小のガラクタを期待していると、
芝刈り機とタンスとマットレスだけだったとか(確かに一品あたりの大きさはHUGEかもしれないケド)、
Antiqueって書いてあるけど、あなたこれせいぜい5年前のじゃん、みたいなものとか。

なので、最近はガレージセールのサインがあっても行かないものが多いです。
夫が「寄ってみようよ」なんて言葉をかけてくれちゃうものだから、行ったアンティークガレージセール
同じ人がまたガレージセールをしていたのです。
ジャンクなブリキのじょうろや琺瑯の鍋や洗面桶に20ドル以上のとんでもない値段をつけていた人だったのですが、
今回ガレージセールをしているということは、前回売れ残ってその反省から値段を下げてくれたのかな
・・・なんて淡い期待をして行ってみました。

もうね、段ボール箱がそこらじゅうにあるのに中に入ったままで陳列しないの。
お昼過ぎだったから、きっとこれからも陳列するつもりもないらしい。
やる気ゼロ。
来た人が箱の中をガサゴソするものだから、割れたり壊れたりしているのもある。
でも前回見かけなかったもので今回見つけたのがこれ。
e0049603_13483038.jpgブルーのお花が可憐なボタンです。ピン留めにつけてもいいし、指輪にしてもかわいいかも。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-05 14:19 | その他の雑貨(other)
<< 木製ハンガー ガラスのノブ >>