タダほど高いものはない
数週間前の地元の新聞の日曜版で、道に捨てられている服を拾って
ブログに記録しているロースクールを卒業した女性の記事を読みました。

タダでなにかを拾うってどんな感じなんだろう?
私、お宝を拾ったことがありません。そう、先週までは。
大通りを運転していると、目を引くカントリー調の椅子がずらっと並べられた傍にあったこの椅子。

あ”~!こっこれはもしかしてもしかする?
と思わせるフォルム。
e0049603_14403977.jpgYじゃなくてVなところが、NikeじゃなくてNiceみたいな感じですが、
バチもんでもこれだけ美しかったら上等だと思い、家族一員を乗せているにも関わらず、Uターン。
普通、道路脇に出ているものであれば、断らずに持っていってもOKなのですが、
なんとなく、こう、ごみを漁るとお行儀がわるいような、
家主が見てなくても、近所の人が見てるかもしれないし、
「そこまで堕ちてないぞ」っていう、プライドが変に邪魔をしまして、
突然その家主とお話をしようと決めたんです。

ガレージが開いていたので、「こんにちはぁ」と声をかけました。
中から中年のおじさんが登場。
してもしなくてもいい会話、スモールトークみたいなのをして、
この椅子がもともとどこにあったか*探ってみたり、
本当に持って行っていい?と承諾を得ました。

家に帰って、ぞうきんで拭くと、拭けば拭くほどベタベタしてくる。
しかも、ペンキの黒でなく、茶色い汚れが拭ききれない。
黒いペイントなのでどれだけ汚れているか確認できない。
乾くとベタベタしなくなるのですが、拭くとまたベタベタ。
『なにこれ?!はっ!あのオッサン!!』
・・・私も道路脇に出すことに決定。
出して2時間後、どこかのおばさんが持って行ってくれました。
『はっ!これはもしかして!』とは思わなかったと思いますが、
今頃きっとベタベタと格闘していると思います。

教訓:タダのものにはワケがある。


*8月のストームで停電になったエリアは、
地下室が浸水している可能性が大きいので、洗えない家具は特に注意です。
[PR]
by retrojunkie | 2007-11-01 15:01 | その他の雑貨(other)
<< ガラスのノブ 灯篭 >>