Melitta コーヒードリッパー
Chemexのコーヒーメーカーも、Pyrexのコーヒーメーカーもありますが、どうも一杯だけコーヒーを煎れるのには向いていない(ケメックスのフィルターは高い!)。
これというドリッパーに出会うまでは、自分用のコーヒーはインスタントで我慢。
夏の間はミルク&インスタントが美味しいのですが、ホットではブラックでないとダメな秋が近づいて、そろそろ焦ってきました。
あまり必死に探すと、人との出会いと一緒で、逆に出会いを遠ざけてしまう気が。
彼氏募集と周りに謳っている間、出会いがないのに似ています。

黄色の陶器のドリッパーを見つけましたが、何となく違う。
黄色は好きな色ですが、ドリッパーの形に合わない。
でも、陶器のものには出会えないかもと考えるとちょっと気に入らなくても買いたくなる衝動が。
衝動を抑えてその場を去ると、数週間後にアンティークショップで同じ黄色のドリッパーが
かわいらしいポットとセットで売られていました。
ポットはいらないんだよなぁ。
しかもポットの淵が欠けてるのにちょっと高いし。
プラスチックで妥協したくない。でもないと困る。

e0049603_7351263.jpgやっと巡り合えた、陶器のドリッパー。
Melittaのものです。
今の陶器の現行品は、1つ穴だそうですが、これは3つ穴。
ちょっといい感じの重さ、病院の壁のような清潔感のある白。
まさに私が探していたドリッパーはこれです。
発見したのはご近所のエステートセールで。
『何にもないなあ』とキッチンを通り過ぎようとすると、床に近いキャビネットの扉が開いていて、
そこからこの白が覗いていました。
ポットがないのごめんなさいねというので、タダも同然の値段で。
ポットがないから逆にいいんです。
[PR]
by retrojunkie | 2007-09-26 07:46 | その他の雑貨(other)
<< 7upの木箱 ブリキのジョウロ >>