ブリキのジョウロ

e0049603_8302555.jpgおしゃれさんや、生粋のアンティークコレクターが集まるフリーマーケットだと、
誰かの庭で忘れ去られたようなブリキのジョウロは今でもいい値段します。
それは底に穴が開いていても、10ドルとかそんな感じで、
ブリキのジョウロを見つける度に値段を聞くのさえ面倒になりそうです。

近所をドライブしていたら、ガレージセールをしていたので、冷やかしに入ってみました。
特にこれといった物はなかったのですが、庭の隅っこ、
ガレージセールのテーブルの向こうにこのジョウロが佇んでいました。
ダメもとで、東南・東アジア系にも見えるし、サモアにも見えるけど、
白人って言われても驚かない人種不明のおじいちゃんに
「これは売り物?」と聞くと、ちょっとびっくりして、
「・・・売ってもいいけど、こんなのが欲しいのかい?」と。
ええ、ほんとうにほんとうにほしいんですぜひともくださいと言うと、
「2ドル・・・じゃどうかな?」

即決です。
最後の最後まで「そんなのがいいのかい?そんなのでいいのかい?」と申し訳なさそうでした。
[PR]
by retrojunkie | 2007-09-25 08:32 | その他の雑貨(other)
<< Melitta コーヒードリッパー 実用的でないバッグ >>