ネスレのC&S
ウィスコンシン。
屋内プール完備のホテルを奮発して予約したので、雨が降ったのですが楽しく遊べました。
絶叫滑り台などもあり、子供のように感嘆の声を上げるうちの夫に何回か滑ってくるように促す。家族サービス、家族サービス(笑)。

ウィスコンシンのこの町も、他の観光地のように、お土産やさんが軒を連ねている場所がありました。サンディエゴのオールドタウンのようであり、LAのメルローズ通りのようであり、浅草の仲見世通りのようであり。要するに、観光客向けに陳列されたお土産やさんがどれも似たり寄ったりの品揃えなんですが、そんな中に身を置くのもバケーションの醍醐味でしょうか。
ファッジのお店が、日本の温泉街にある温泉饅頭屋さんのようにやたら多いのですが、私はアメリカ的なスイーツは苦手なので、夫に主導権を渡しました。

そんな通りを歩きながら、ふと一本道を外れると、そこには3軒もアンティークショップが!
間口が狭いので、そんなに大きなお店ではないと思ったのですが、地下あり、2階ありで、かなり速いペースでまわったのに、2時間かけても3軒もまわれませんでした。

e0049603_558325.jpg


そこで見つけたネスレのC&S。ネスレは世界的企業なのにこのフォントといい、色合いがなんだか素朴で、買わずにいられませんでした。
最近、お気に入りのマイカップを割ってしまったので、このC&Sが活躍中です。
[PR]
by retrojunkie | 2007-06-08 05:59 | その他の雑貨(other)
<< 日本のクラフト万歳! HarrisBankのHubert君 >>