壁掛け時計
ガラクタ屋さんが好きなのは、陳列している棚の奥とか、もしくは棚の一番下とかに紛れてお宝が隠れていたりするからなのですが、サイバーの世界でもそんなことってあるんですね。

この時計、マメにアンティークショップを周ってもみつからない、インターネットでは既に高い値段がついちゃってるんですが、サイバーの隅っこに誰の目にも止まらずにポツンと鎮座していた壁掛け時計。
e0049603_1358391.jpg


いらないんですが、おそろいの壁掛けキャンドルホルダーまで2本付いちゃってました。そして、着いてびっくり、かなりデカイ。そして恐ろしく重い。
針がユルユルだったので、近所の時計屋さんで修理。
おばさんがおもむろに出した箱の中には、任期を終えたであろう時計から外された針が沢山。
そのなかからこの時計にマッチする針を三本選んでくれました。
たったの5ドルでした。グッジョブ。

*******
うわ、なんじゃこりゃ。ってエキブロの人しか分からないかもしれないけど、投稿画面のアイコンやらが変わっててビックリしました。
[PR]
by retrojunkie | 2007-02-08 14:04 | その他の雑貨(other)
<< ちょっと弾ける。 リネン類 >>