やたらでかい鉛筆削り Electric Pencil Sharpener
昨日入ったガラクタ屋さんで黒くてやたらデカい物体を発見。
なんだこりゃと持ち上げると、漬物石のような重さ。
スイッチもなにもない。
でもコンセントのケーブルがある。

e0049603_9394922.jpg

鉛筆削りでした。

今回日本へ里帰りしたときに是非欲しかったものの一つが、鉛筆削り。
小さいものでもなんでもいいから、かっこいいものがいい!
伊東屋かハンズへ行くことを楽しみにしていました。
しかしこんなところで出会うとは。
それにしてもどうして鉛筆削るのにこんなに大きく、重くなければいけないのか。
軽く2キロはあります。奥行き20センチ、高さ13センチ、幅15センチもあります。
しかも、大型電化製品にある3つ足のコンセント。
冷蔵庫や洗濯機にしか付いてないあれです。鉛筆を削るのにそんなに電気を使うんですか。それともアメリカ独特のはったりですか。
早速スペーシーなデスク周りのコレクションに仲間入りしました。

古い学校にまだあるような、手動の鉛筆削りのメーカーなのですが、やはりスペースエージの流れでプラスチックの電動を作ったようです。黄色とか赤だったらもっとかっこいいんだけど。


ところで、このガラクタ屋さんのレジにいるヒスパニックのお姉さんは、いつ行っても24時間やる気がなさそうな対応なのですが、頼めば嫌がらずに電気製品を試してみてくれたり、値段のことを良く知っていたりするので、見かけによらず頼もしい人です。
きっと私と同じで低血圧なんでしょう(勝手に予想)。
朝にコーヒーを一杯飲むといいんだけどな(勝手にアドバイス)。
[PR]
by retrojunkie | 2006-06-30 09:46 | その他の雑貨(other)
<< Ashtray 灰皿コレクション 扇風機 >>