Osterizerのミキサー
e0049603_4565855.jpgおととしだったか、短期の休暇先で、おとなりでやっていたガレージセールを冷やかしに行った時に見つけたものです。ずっとミキサーを探していたので、願ったり叶ったり。
アボカド色なので70年代のものかと思います。
ガレージセールをしていた仲の良い老夫婦は、最近流行りのドデカいレンガ造りの家に改築中。きっと古いものは新居には合わないと思ったのかもしれません。

私はハズシのアイテムにこういったレトロな物を手に入れたりします。パーティーの最中にゲストの前でおもむろに出して、話のきっかけを作ってみたりします。もしかすると、彼らの年少の思い出話なんか延々と聞けちゃったりします。逆に、ソニーとトヨタの国の人間が、こんなアナログなもののどこがいいのかなんて聞かれたりします。

電化製品って、壊れたら処分される運命にあるので、大事に取っておく家庭って少ない。だからこそ、現役でがんばっているのを見つけるとうれしくなるんですね。
私にとってはアメリカンレトロな電化製品は、その時代をリアルタイムで体験しなかったので新鮮ですが、リアルタイムで見てきた彼らは、きっと私が昭和レトロな花柄の2層式洗濯機を見つけたときのように胸キュン(死後)になるのでしょう。

+++
アメリカでは、日本のようにごみを焼却しないので、物を捨てるたびにいつも罪悪感が付きまといます。なので、きちんと動くもので、電圧が現在のものに対応するものであれば、新品を買う前に探してみようと思います。

それにしても、このミキサー、中目黒のインテリアショップで3万円の値が付いているのを見たときはびっくりしました。買う人いるのかな?

余談:
今日のテレビジャパンの視点・論点、山本耀司氏だったのに、すっかり忘れて見逃してしまいました。涙。
[PR]
by retrojunkie | 2006-04-21 05:02 | その他の雑貨(other)
<< Pyrex mug【Terra】 ロシア製のシャツ【現行品】 >>