ロシアのチョコレート
e0049603_413966.jpgロシア人の知り合いに教えてもらったスーパー。多国籍なのですが、ロシアからの加工製品が多いお店で、パッケージを見ても何の商品なのか分からないスリルがあります。とにかくここでのパケ買いが楽しい。ロシア語は、フランスやイタリア語と違って、文字が英語に似ているものがほとんどないので、発音も想像がつかない、何が入っているのか分からない、そんなドキドキが体験できます。
こういうものに出会うと、初めてアメリカに来たときの初心に戻った気持ちがします(それでも英語だったら大体こんな感じ?と想像はつきましたが)。
そこで見つけたもの第一弾。ロシアの板チョコ。この二つの何がどう違うのか分からないのですが、とりあえず買ってみることにしました。
女の子はかわいいのに、なぜ男の子はこんなにブサ(ブサかわいい?)いのでしょうか。
早速パッケージをスクラップしておきます。

そういえば、先日、アメリカで何でもコレクションするのが好きなおじさんがテレビに出ていました。部屋の中を電車が走るのですが(といってもジオラママニアでもない)、その電車には日本のビールの空き缶が・・・限定品でもなんでもない缶で、”キリン一番絞り”なんて書いてあるのですが、彼にはツボにはまったグラフィックなのかもしれません。
それと同じで、私がこんなチョコレートのパッケージを大事にスクラップするのをロシア人に見られたら笑われてしまうのでしょうか(笑)。
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-07 04:12 | 現行品
<< Pyrex Pie dish【... 幾何学柄【ブラウン】 >>