幾何学柄【ブラウン】
服飾の勉強をしていた頃、どういうルートから流れてきたのか分からないのですが、教室に、大人が二人は入れるほど大きな黒いポリ袋が7つほどあって、その中に莫大な量の布が入っていました。
希望者は勝手に持って行っていいというので見たのですが、ほとんどがポリエステルのニット(70年代に流行った素材・・・ボトムスにすると静電気が起き、トップスにすると脇の下だけ汗をかくという難点が・・・)だったのですが、おおお!となったのがこの生地。
e0049603_16102116.jpg
幾何学柄の布です。キャンバス地なのですが、2ヤードほどしかなく、未だにはさみを入れる事ができず・・・

何人かのクラスメートが羨ましがっていたのでちょっと得意げ。ちょっとおすそわけしてあげた。
幾何学柄はもともと好きだったのですが、プッチ柄が爆発的なブームになり、プッチでないブランドまでが幾何学柄を真似、それが量産店からディスカウントショップまで氾濫するようになった今、なんだか食傷気味だったのですが、落ち着いたトーンだったらまだいいかな、と思いながらマイブーム再発?
余談ですが、教室にいた生徒がいっせいに袋を破り、冬の処分セール並に布を引っ掻き回したので、くしゃみが止まりませんでした。ヴィンテージはどんな状態で保管されていたか分からないので、そ~っと、そ~っとが基本です。
[PR]
by retrojunkie | 2006-03-05 15:30 | Textile
<< ロシアのチョコレート ヴィンテージの布【子供と動物】 >>