カレンダー、再び
先週末は、シカゴ市内でアンティーク屋さんを物色。
お店が小さい上に、寒い外を歩かなくちゃいけないので、冬の市内の買い物は苦手です。こんなんだったら郊外のモールでヌクヌクと買い物したいよぉ~なんて。
素敵なお店を数件発見。どちらかというと、アンティークショップというよりも中目黒にありそうな、状態のいいものをセレクトしたセレクトアンティークショップと言う感じ。
手にとっても手が汚くなることを心配しなくてもいいお店はなかなかないです。
見た感じきれいでも、家に帰って手を洗うと、泡が真っ黒なんてことも・・・
なので、この数件のお店は滅茶苦茶高くても、また覗く価値はあるのでメモ。
結局何も買わずに帰ってきました。
そのまま家にいても悶々としている私を察したのか、夫が近場のアンティーク屋に行こうと提案。行ってもしょうがないよとクサる私をひきずってお店へ。
真鍮のカレンダーを見つけてしまいました。
e0049603_14345576.jpgしかも、このおばあちゃんのブース、全然アンティーク価格じゃないの。どれもその3倍はしてもいいんじゃないかという値段の付け方で、お気に入りのディーラーだったんですが、去年のいつからか、突然お店が無くなり、また最近復活した模様。
足を伸ばした時に限って何も欲しい物が無く、がっかりして近所のお店を覗くと意外におもしろいものに出会えたりします。
[PR]
by retrojunkie | 2006-02-21 14:36 | その他の雑貨(other)
<< フィッシャープライスのおもちゃ発見 私の年少時代の象徴 >>