ロシアの塩
e0049603_771647.jpg日本でアメリカンな雑貨やパッケージがカッコいいと思われても、こちらで生活するとなんでもないことがあります。日本で英字の空き缶をしゃもじ・おたま立てにしてもおしゃれに見えるのに、こちらでやると「お玉立て買うお金もないの?」って言われちゃうとか。
多分、自分の馴染みのない文字がカッコよく見えるんだと思います。
私の家の近所にはメキシコ、ギリシャ、ドイツ、イタリア、ポーランド、ロシアの移民が多いせいか、それらの国の製品を集めたスーパーがあります。何が書いてあるか分からないのに、スリルを求めてパッケージ買いしてみたりします。この塩はロシアのもの。ロシア語とトリコロールカラーの組み合わせがまた面白い。こちらで買う欧州の食品って、普通のスーパーで買うより安かったりします。一応輸入品なのに。
gr1-sさんのフランスの古いメモ帳を見たら思い出しました。
パッケージデザイナーなんて雇うお金がないから自分達で描いちゃえ、で、海外に輸出するくらいに会社は成長したけど、別にデザイン変えなくてもいいや、と言ったかどうか分かりませんが、その位肩の力が抜けているプリミティブなこのデザインが好きです。





Q1 自分を色に例えると
   ◆青。好きな色でもある。

Q2 自分を動物に例えると
   ◆きりん。何を考えているのか分からない。

Q3 自分を好きなキャラに例えると
   ◆プリプリはかせ。例えるというより、ああいう生活の知恵を備えた人(人なのか?)になりたい。

Q4 自分を食べ物に例えると
   ◆ざくろ。どう扱ったらいいか分からないと周りを混乱させる。

Q5 次回に回す3人を色に例えると
   ①From Green Country USAのALI_Sさん
    ⇒オレンジ。ビビッドな色で明るい感じ。

   ②napのgr1-sさん
    ⇒セピア。ちょっと懐かしく、ほんわかした感じ。

   ③アンティーク・雑貨・アート・・・大好きのmomoさん
    ⇒グレイ。黒ではない墨色のようなグレイ。凛とした感じ。  
なんだかブログのイメージで印象を語ってしまいました。バトン受け取ってくれたらうれしいな。
[PR]
by retrojunkie | 2006-01-23 07:22 | 現行品
<< Pyrex Plate 【Blue】 今年のカレンダー >>